鳥取県|鳥取県西部地域(琴浦町、大山町、米子市)水産業再生委員会

米子市漁業協同組合

取組概要 「赤碕活〆サワラ」のPR、道の駅直売センターでの直売強化、名物となる加工品の開発
キーワード ブランド化
直売所
企業と連携した陸上養殖
販路 域外流通
取組タイプ 異業種連携(企業・商工団体)
魚種 アワビ
サザエ
ハマチ
サワラ
アカモク

浜プランの取組内容

1)水産物の鮮度向上、加工品開発及び販路価開拓による所得の向上
〇高鮮度出荷の取組
・赤碕町漁協、鳥取県漁協淀江支所(以下「淀江支所」という。)が、活〆サワラの技術普及を進め、既に評価を得ているブランド化の一層の推進を行う。
・鳥取県漁協中山支所(以下「中山支所」という。)が、キジハタ及びウマヅラハギの活魚出荷を行う。
・赤碕町漁協、中山支所、鳥取県漁協御来屋支所(以下「御来屋支所」という。)が技術的に連携し、アワビの出荷方法を見直すことでより高鮮度なアワビの出荷と輸送経費の軽減を図る。
・赤碕町漁協が、夏場の主要魚種であるケンサキイカの神経締めによる鮮度向上を図る。
〇加工品・メニュー開発と販路開拓
・赤碕町漁協、中山支所が1期プランで開発したアカモク加工品の販路開拓を行う。
・御来屋支所が定置網に多く入網するサワラの小型魚(以下「サゴシ」という。)の高鮮度加工品開発を行う。
・赤碕町漁協が、直営の食堂で未利用であったアカモクと、地元で陸上養殖を行っているギンザケの新規メニュー開発を行う。
〇地元水産物の魅力の発掘と発信
・御来屋支所が、サワラの高鮮度を証明するラベルを添付し、価格の向上を図る。
・中山支所、御来屋支所、大山町が協力し、地元で水揚げされたアワビの大山ブランド化を図る。
・米子市漁協が、企業と連携し、陸上養殖したヒラメ、サバ等のブランド化を図る。
・米子市漁協がイベント等でバイ飯の販売を行い、地元特産物の魅力を発信する。
・赤碕町漁協、中山支所、御来屋支所、淀江支所が地元水産物のふるさと納税返礼品への利用について推進し、魅力を発信する。
〇直販の推進による収益の向上
・淀江支所が、定置網の漁獲物をイベント(朝市)で直売し、浜の賑わいと収益の向上を図る。
・赤碕町漁協が地元のギンザケ陸上養殖企業と連携し、直売所でのギンザケ販売を行い、琴浦町はギンザケの地域ブランド化を図る。
2)水産資源の管理及び未利用資源の有効活用による生産性の向上
〇未利用資源・低利用資源の開拓
・御来屋支所と栽培漁業センターが定置網に入網したウマヅラハギとマアジの港内短期養殖について試験を行う。
・中山支所と栽培漁業センターがウマヅラハギの漁場・漁法の開拓と活魚出荷の取組について調査を行う。
〇藻場の維持回復及び有用海藻の増殖
・赤碕町漁協、中山支所、御来屋支所、淀江支所が海藻の移植による藻場造成、食害生物の駆除等を行うことにより、アワビ・サザエの餌や稚魚の育成場となる藻場の維持を図る。
・御来屋支所、淀江支所、栽培漁業センターが共同で、温暖化対策として高水温に対応した藻場造成技術の開発を行う。
・中山支所と栽培漁業センターが連携して関西圏で珍重され、市場価値の高いホンダワラの藻場(海の畑)の造成に取り組む。
〇漁場の維持回復
・赤碕町漁協、中山支所、御来屋支所、淀江支所は整備されたイワガキ魚礁の維持管理を図る。それに対し、栽培漁業センターは技術的支援を行い、県水産課は岩盤清掃の実証事業について支援を行う。
・淀江支所、米子市漁協は、バイの産卵器を設置し、産卵を促進することでバイ資源の維持回復を図るとともに、全漁業者は、漁獲についても自主規制を遵守する。
〇種苗放流及び資源管理による資源造成
・全漁協が、キジハタの放流事業を継続するとともに、漁獲サイズの自主規制を遵守し、資源の増大を図る。
・赤碕町漁協、中山支所、御来屋支所、淀江支所は、アワビ・サザエの放流を継続するとともに、栽培漁業ビジネスプランに基づいた活動(自主規制等)を実施する。
・淀江支所、米子市漁協は、美保湾にヒラメを放流し、漁獲サイズの自主規制を遵守する。
・淀江支所は、アワビ資源について高度管理型漁場を作り、より効率的なアワビ栽培漁業モデルを作成する。
〇企業と連携した陸上養殖振興による地元水産物の提供
・米子市漁協が、企業と連携し新規魚種であるマサバの養殖に取り組む。
・米子市漁協が、企業と連携し、現在養殖しているヒラメのブランド化を進める。
3) 新規就業者の受け入れ、研修の実施による継続的な漁業の構築
〇新規就業者研修の受け入れ促進
・全地区で新規就業者の受け入れを行い、漁業研修を実施する(全地区合計で各年1 名)。県水産課は研修に対して支援を行う。(1 人目)
・中山支所は、シニア世代の漁業者の受け入れを行う(1 人目)


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1)6次産業化の推進と販路開拓による、魚価の向上
①高鮮度出荷によるブランド化への取組
☆ 鳥取県西部地域水産業再生委員会において、関西・関東圏でも知名度のある「大山」の名称を活用し、以下の取組により生産された高付加価値水産物を対象に地域のブランド戦略の構想を練る。
 地域全体で活〆サワラのブランド化に着手。先ず、活〆に先行して取り組んでいた赤碕漁協所属の漁業者4名が船名入りのタグを付け、流通の末端まで「赤碕活〆サワラ」をPRする取組を平成26年度から開始。鳥取県漁協淀江及び御来屋支所所属の他の漁業者についても26年度からサワラの活〆を開始。平行してブランドの基準について検討。
 鳥取県漁協中山支所所属の漁業者がケンサキイカ(白いか)の神経〆出荷の試行を開始。
 鳥取県漁協中山支所所属の漁業者がサザエ、米子市漁協所属の漁業者がバイのブランド化に向け、構想、基準等について検討。
 米子市漁協はバイ、イワガキの安定供給、出荷調整を図るため滅菌海水での蓄養する計画を策定。
 赤碕町漁協及び鳥取県漁協中山、御来屋、淀江支所所属の漁業者はキジハタ、ケンサキイカ等の活魚出荷の強化を図るため、手法等の講習会を実施。
②直売の強化・推進への取組
 既存の直売施設(赤碕地区の道の駅直売センター(2店舗)、御来屋地区のお魚センターみくりや)では、ふるさと納税特典品やお歳暮等県外出荷の贈答品にも積極的に対応し販売強化を図る。
 赤碕町漁協及び鳥取県漁協淀江支所では朝市の開催に向け、時期、会場等の基本的なインフラの設計を実施。
③名物となる加工開発への取組
 赤碕町漁協が、名物のトビウオの加工強化を図るため、原料を高鮮度かつ安定的に保管できるよう冷蔵庫の整備を計画。
 赤碕町漁協が、開発した未利用海藻(アカモク、クロモ等)を使った漁協オリジナル加工品について、販路拡大を目的に、琴浦町のふるさと納税の特典等で県外消費者を中心にPRを実施。
 鳥取県漁協御来屋支所所属の漁業者が、ハマチの加工品開発に向け、燻製を第一候補とし、実施主体、加工する時期等の基本的な設計を実施。
 鳥取県漁協淀江、御来屋支所所属の漁業者、職員が小型定置網に入網した新鮮な魚(コノシロ、カマス、マアジ等)での加工品開発に向け、原魚や加工業者の選定等を実施。
 米子市漁協所属の漁業者が通年食すことが出来る冷凍バイの加工品開発に向け、冷凍方法等の基本的な情報収集を実施。
 鳥取県漁協淀江、中山支所の漁業者、職員が未利用魚(ホシザメ等)の加工品開発に向け、水揚実態等の基本情報の収集を実施。
④販路開拓へのチャレンジ
 関東圏での販路を開拓するため、アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」等での販売に向け、鳥取県西部地域水産業再生委員会で魚種選定、出荷形態等について検討を開始。
 鳥取県漁協淀江支所の職員が定置網に入網した小型魚を岡山県津山に出荷する新販路を開拓。鳥取県漁協御来屋支所の職員が新規販路に向け情報収集を開始。
2)漁場の再生と水産資源の管理による漁業生産の向上
①磯根資源の資源回復と藻場造成の取組
 赤碕町漁協、鳥取県漁協中山、御来屋、淀江支所所属の潜水漁業者が、アラメの移植による藻場の再生を実施(淀江では、境港総合技術高校との共同作業を実施)。
 鳥取県漁協御来屋、中山支所の潜水漁業者が高海水温時での生存可能で且つアワビ・サザエの餌となる海藻の増殖手法を、県研究機関と共同で模索。
 赤碕町漁協所属の潜水漁業者が、アワビ・サザエの放流海域でワカメ造成を実施(成熟したワカメを刈り取り、陰干しし、ワカメを繁茂させたい海域に投入し、遊走子を出させる手法)。
 赤碕町漁協所属の潜水漁業者がアワビの漁獲サイズを殻長10cmから11cmに拡大させる資源管理の強化を実施。
②種苗放流による資源の造成への取組
 赤碕町漁協、鳥取県漁協中山、御来屋、淀江支所及び米子市漁協所属の潜水漁業者がアワビ、サザエの放流を現状規模で継続。
 これまで県と共同で赤碕町漁協所属の漁業者がキジハタの試験放流を実施してきたが、平成26度から鳥取県漁協淀江、御来屋支所でも試験放流を実施。赤碕町漁協及び鳥取県漁協淀江支所所属の漁業者が県の放流効果調査に協力し、キジハタ放流事業開始に助力。
③漁場・漁港の整備及び管理の取組
 県が赤碕地区、中山地区、御来屋地区、淀江地区のイワガキの増産を目的に増殖場を造成(赤碕地区、中山地区、御来屋地区で各280基、淀江地区で138基を設置)。
 大山町、米子市、県が、御崎漁港、御来屋漁港、平田漁港、淀江漁港、崎津漁港、及び皆生漁港の堆砂浚渫・漁港施設の長寿命化対策を行い、所属漁船の港内の安全航行の確保並びに出漁日数の確保を図る。
3)新規就業者の積極的な受け入れ
 鳥取県漁協御来屋、淀江支所は、若者の新規就業者を各1名受け入れ、漁業研修を開始。
 赤碕町漁協、及び鳥取県漁協淀江支所において新規に各1名が沿岸漁業に着業。
 鳥取県漁協淀江支所が、淀江地区での新規着業への足がかりとして小型定置網で若者を雇用。
4)その他
 鳥取県漁協が代船建造計画に向けた情報収集を開始。
 鳥取県漁協淀江支所、及び赤碕町漁協所属の漁業者が県研究機関と新漁法(イシダイはえ縄、フグはえ縄)の導入試験を実施。
 赤碕町漁協、鳥取県漁協中山支所が安定供給に向けた冷蔵庫整備の検討を開始。
 鳥取県漁協淀江支所が加工品開発に向けた冷凍庫の整備の検討を開始。
 米子市漁協所属の漁業者兼養殖業者がヒラメの陸上養殖を継続。
 鳥取県漁協淀江支所所属の漁業者と職員が6次産業化等で成果が出ている先進地(山口県漁協田布施支店の新鮮田布施等)の視察を実施。

団体情報


JF・団体名 米子市漁業協同組合
住所 〒683-0105
鳥取県米子市葭津1866-1
電話番号 0859-21-9377