鹿児島県|種子島漁業協同組合地域水産業再生委員会

種子島漁業協同組合

取組概要 PR活動による地元消費量の向上
キーワード ブライン凍結
料理教室
活魚出荷
販路 域外流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 マダイ
カンパチ
サバ
イカ
キビナゴ

浜プランの取組内容

・漁協及び漁業者は,魚価の向上を図るため,メダイ,カンパチ,キビナゴ,ゴマサバ,スマ,トビウオ等を対象としたブライン凍結による急速冷凍加工品を試作する。
・漁協及び漁業者は,漁協が主体となって実施している「たねがしまお魚まつり」において地魚を積極的に提供しPRするとともに,食生活改善推進員と連携した地魚料理教室を季節毎(年4回程度)開催し,魚食普及を推進し地魚の地元消費を拡大する。
・漁協及び漁業者は,種子島に縁のある県外の消費者等への地魚の消費を拡大するため,県人会総会などの場を活用して地魚をPRし,販路を開拓する。
・漁協及び漁業者は,活魚出荷量を増加するため,漁業者の相互協力により活魚取扱技術の向上を図り,高品質の活魚の安定した出荷体勢を整える。
・漁協及び漁業者は,県が実施する熊毛海域における新たな人工魚礁の円滑な整備に協力する。
・漁協及び漁業者は,スマートフォンの位置情報機能等を活用した情報交換による効率的な操業方法を検討する。
・漁協及び漁業者は,安定的な漁業生産の維持のため,県及び漁連の就業フェア,研修制度を活用して積極的に新規就業者の確保,担い手の育成を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

・漁協及び漁業者は,魚価の向上を図るため,メダイ,カンパチ,キビナゴ,ゴマサバ,スマ,トビウオ等を対象としたブライン凍結による急速冷凍加工品を試作する。
・漁協及び漁業者は,漁協が主体となって実施している「たねがしまお魚まつり」において地魚を積極的に提供しPRするとともに,食生活改善推進員と連携した地魚料理教室を季節毎(年4回程度)開催し,魚食普及を推進し地魚の地元消費を拡大する。
・漁協及び漁業者は,種子島に縁のある県外の消費者等への地魚の消費を拡大するため,県人会総会などの場を活用して地魚をPRし,販路を開拓する。
・漁協及び漁業者は,活魚出荷量を増加するため,漁業者の相互協力により活魚取扱技術の向上を図り,高品質の活魚の安定した出荷体勢を整える。
・漁協及び漁業者は,県が実施する熊毛海域における新たな人工魚礁の円滑な整備に協力する。
・漁協及び漁業者は,スマートフォンの位置情報機能等を活用した情報交換による効率的な操業方法を検討する。
・漁協及び漁業者は,安定的な漁業生産の維持のため,県及び漁連の就業フェア,研修制度を活用して積極的に新規就業者の確保,担い手の育成を図る。

団体情報


JF・団体名 種子島漁業協同組合
住所 〒891-3111
鹿児島県西之表市西町192
電話番号 09972-2-0620