新潟県|上越市地区地域水産業再生委員会

上越市漁業協同組合

取組概要 未利用魚の加工品開発、商品開発検討委員会の開催
キーワード 未利用魚使用
対面販売
加工品開発
販路 域外流通
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 ヒラメ
マダイ
エビ

浜プランの取組内容

①魚価の向上対策
・漁協は漁業者と共に当地区の低・未利用魚について、水産事業者等の加工施設を活用し、当地区でしか味わえない加工品を開発する為の情報収集を進めるとともに、水産事業者等と連携して消費者ニーズの分析や販路等の検討を行う。
・漁協は、ヒラメや真鯛等の年々魚価の低迷が続いている魚種について魚価の向上を図るため、漁獲物の活〆、神経〆、冷却、施氷技術等の習得のための講習会を水産事業者等と連携して実施する。
・漁協は新潟越後広域水産業再生委員会で進めている「神経〆の認定制度」の漁業者の取得を支援し、作成したリーフレットを活用して魚価の向上を図る。
・漁協は、漁業者と共に、さかなまつりを開催し、漁業者自らが対面販売を行うことで、消費者へ食の安心を届け、あわせて地元水産物の調理方法や当地区における四季折々の旬の魚をPRすることにより魚食普及に努め、さらに行政と連携し、上越市が作成する地場産の魚やそれを取り扱う飲食店や小売店を紹介するガイドブックを活用してPRするなど、地産地消の取り組みを推進することで、地元水産物の消費拡大を図る。
②資源管理と漁場環境保全
・漁協は、漁業者と共に、水産物の安定的な漁獲を確保するため、漁港の穏やかな環境を活かし、餌場や隠場、産卵場などの機能を強化するための検討を進め、ヒラメやクルマエビの種苗の放流を積極的に行い、資源確保・再生に取組む。
・漁業者は、漂流漂着物、堆積物の除去を行い、水産資源の生育環境と水質の改善に取組む。
③漁業者の育成・担い手の確保
・漁協は、漁業者と共に、漁業就業者フェアへの積極的な参加と新規就業者に対し、漁業研修を実施するなど漁業者の確保に取組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①魚価の向上対策
・漁協は、漁業者と共に、当地区の低・未利用魚のゲンゲや小ぶりなカマスを塩干製品にするなど当地区でしか味わえない加工品の開発に向け、加工施設の整備を検討するとともに、消費者ニーズの分析や販路等の検討を行う場として流通業者を交えた商品開発検討委員会の開催を企画する。
・漁協は、漁業者と共に、ヒラメや真鯛等の年々魚価の低迷が続いている魚種について魚価の向上を図るため、漁獲物の活〆、神経〆、冷却、施氷技術等の習得のための講習会を企画する。
・漁協は、漁獲物の集約、鮮度保持、衛生管理を行うための荷捌き施設・保管施設の整備を検討する。
・漁協は、漁業者と共に、さかなまつりを開催し、漁業者自らが対面販売を行うことで、消費者へ食の安心を届け、あわせて地元水産物の調理方法や当地区における四季折々の旬の魚をPRすることにより魚食普及に努め、さらに行政と連携し、地場産の魚やそれを取り扱う飲食店や小売店を紹介するガイドブックを作成し、PRするなど地産地消の取り組みを推進することで、地元水産物の消費拡大を図る。
②資源管理と漁場環境保全
・漁協は、漁業者と共に、水産物の安定的な漁獲を確保するため、漁港の穏やかな環境を活かし、餌場や隠場、産卵場などの機能を強化するための人工魚礁を新設するなど、漁港のナーサリー(幼稚魚の保護育成)機能を高めた上で、ヒラメやクルマエビの種苗の放流を積極的に行い、資源確保・再生に取組む。
・漁業者は、漂流漂着物、堆積物の除去を行い、水産資源の生育環境と水質の改善に取組む。
③漁業者の育成・担い手の確保
・漁協は、漁業者と共に、漁業就業者フェアへの積極的な参加と新規就業者に対し、漁業研修を実施するなど漁業者の確保に取組む。

団体情報


JF・団体名 上越市漁業協同組合
住所 〒942-0013
新潟県上越市大字黒井2912
電話番号 025-543-3013