福井県|越前地区地域水産業再生委員会

越前町漁業協同組合

取組概要 「越前がれい」周年提供に向けた冷凍商品開発、低価格魚の付加価値化
キーワード 「越前がれい」
活〆・神経抜き
加工品開発
販路 その他
取組タイプ 新商品開発
魚種 アカガレイ
ズワイガニ
トビウオ
ニギス
ホタルイカ

浜プランの取組内容

①魚価向上、販路拡大の取組み
・ズワイガニやアカガレイ等、主要魚種の選別・管理の徹底による魚価向上の取組みの実施
漁業者および漁協は、ズワイガニ、アカガレイなど、主要魚種を中心に厳格な選別や鮮度管理、一部活〆・神経抜き処理を継続することで、ブランド価値を高め、魚価向上を図ることで漁獲金額の向上を図る。
・活〆・神経抜き越前がれい流通量拡大と周年提供の実現のための冷凍商品の開発、販売促進に向けたPR の実施
漁業者および漁協は、活〆・神経抜き処理を施した越前がれいの供給不足解消と周年提供に向けて、生食可能な冷凍保存方法の検討・商品開発を行う。
・魚価の安い魚種(トビウオやニギス等)を用いた加工品(すり身製品)や新たな冷凍商品の開発とその販売促進に向けたPR の実施
漁業者および漁協は、大量漁獲などにより㎏単価が安いトビウオやニギス、ホタルイカなどの水揚げ単価向上のため、すり身製品や冷凍商品等の加工品開発を行う。鮮魚での販売から、一部加工品販売に置き換えていくことで、水揚げ単価の向上を図る。取組み1 年目については魚種の選定を行い、製造・販売計画の検討を行う。
②資源増殖・漁場環境改善の取組み
・海底耕耘事業の実施
漁業者は、海底耕耘を実施し、資源増殖と海底環境の改善を図る。
・定置漁業等の漁獲量増大のための大型魚礁の設置の取組み
漁協は、沿岸域への回遊魚の誘導を目的として大型魚礁を設置し、定置漁業の漁獲量増大を図る。
・アワビ、ヒラメ等の種苗放流の実施
漁協は、アワビ種苗、ヒラメ種苗の放流を継続し、資源増殖を図る。
③その他の取組み
・後継者育成と新規就業者確保の取組みの実施
漁業者および漁協は、は、ふくい水産カレッジ(新規に漁業就業を目指す方向けの研修等の制度)を活用して新規就業者の積極的な受け入れを行い、後継者育成と新規就業者確保を進め、漁業生産力の維持・拡大を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 沖合底曳網、小型底曳網漁業は、活〆・神経抜きを行い、温度管理を徹底した「越前がれい」の出荷に取組むことにより、漁業所得の向上を図る。
② 底曳網漁業者は、漁協、漁連及び築地市場の仲卸業者等と連携し、「越前がれい」のブランド名の周知・広報に取組み、魚価の向上に努めるための検討を開始する。また、底曳網漁業者は、地元産魚を利用した加工品の開発についても検討を開始する。
③ 漁協は、知名度の低い「越前がれい」について、先ずは地元の飲食店で使ってもらえるように、料理人組合を巻き込んだ宣伝を行うための検討を開始する。
また、「越前がれい」や地元産魚について、越前町の学校給食でも使ってもらえるように、学校給食関係者との協議を開始する。さらに漁協女性部は、魚さばき教室などを開催し、地魚の魚食普及活動を推進するための検討を開始する。
④ 漁協は底曳網漁業者、漁連、観光連盟や卸業者と協力し、首都圏の飲食チェーンと連携することにより、地元産魚の販路開拓と販売促進に取組むための検討を開始する。
⑤ 町は、漁協、漁連や全ての漁業者と協力して、仲買人から求められている漁獲物の高鮮度保持や高度流通体制を達成するための高度衛生管理型市場や漁業者等が開発した加工品や地元産の魚を観光客向けに販売するための施設を整備するための情報収集を行う。

団体情報


JF・団体名 越前町漁業協同組合
住所 〒916-0315
福井県丹生郡越前町小樟7-65
電話番号 0778-37-0001