茨城県|大洗町地域水産業再生委員会

大洗町漁業協同組合

取組概要 直売所での販売、イベントでのPR
キーワード 単価向上
地産地消
漁業体験
販路 域内流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 シラス
イワシ
ハマグリ
ホッキ

浜プランの取組内容

【所得向上の取り組み】
①市場脇に整備する活魚施設での直売
町の交流人口450万人の中にあって、市場周辺の東京かねふくめんたいパーク(年間100万人)、かあちゃんの店(年間10 万人)の集客力を活かし、賑わいの拠点である市場脇に整備する活魚施設において、朝市など直接販売を行うことで仲買人に左右される魚価からの脱却を図り、魚価向上を目指します。
②6次産業化の推進
漁協自らが水揚された魚介類を高値で買取り、直営のかあちゃんの店等においての食材使用度を増やすことで魚価向上を目指します。
③資源管理の推進
共同漁業権が設定されている鹿島灘はまぐりについて、資源管理と魚価向上に繋がる小玉サイズの漁獲量抑制を実施します。また、再生産した稚貝が砂浜で潮干狩り客に無秩序に採捕されないよう、潮干狩りルールの普及啓発に取組みます。
県栽培漁業センターにおいて生産したヒラメ、はまぐり、アワビなどの種苗放流や小型魚・貝の保護を引き続き行います。
④大洗町が主催するイベントへの参加
市場イベント(年2 回)のほか、あんこう祭り、福祉まつりなど、町が主催する来場者が多いイベントに積極的に参加し、地元水産物の提供を通じて魚食の普及、魅力発信を行います。
⑤シラス漁業体験の実施
教育の一環として町内(2 校)の小学生に漁業体験を行っていますが、町外の学校やイベント開催時には一般の方を対象としたシラス漁業体験を行い、漁業と係わりのない方にも漁業を身近に感じてもらい、交流を拡げていきます。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①漁協は冷凍生シラス「海の輝き」の生産体制を強化するため、自動真空包装機
などの設備を整備します。
漁協は新しく全自動製氷施設を整備し、製氷事業の省力化を図るとともに、サ
イズ設定が可能な砕氷を生産し、漁業者は氷冷方法を改善することで鮮度管理を徹底します。
②漁協女性部(45 人)は大洗ブランド認証品である地魚の干物の商品開発を行う他、漁協はシラス干しを利用したコンビニ向け商品、ホッキガイを利用した農商
工連携事業で開発する商品の原料を生産する側として連携を継続します。
漁協は水揚された魚介類を買取り、漁協が東日本大震災後に新しく整備(平成
26 年度より供用開始)した加工場において、女性部が加工と「かあちゃんの店」
での提供を行います。
③漁業者全員が県栽培漁業センターにおいて生産したヒラメ・ハマグリ・アワビなどの種苗放流や小型魚・貝の保護を引き続き行います。また、ハマグリについては、県水産試験場と連携して、標識づけしたハマグリの小型貝の移植放流と、種苗放流の適地選定を行うための追跡調査に引き続き協力します。
④漁協および町は後継者育成や、新規就業者についてどのような方策があるか、
関係機関と連携し、後継者対策や就業者の受け入れ体制などを定期的に話し合うための検討会を行います。漁業研究会(22 人)は町内3校の小学生を漁船に乗せシラス船びき網漁体験してもらう漁業体験を行います。
漁協は年10 回程度の町の催しや学校給食で、イワシつみれ汁やシラス汁など提
供し魚食普及活動や漁業PR活動を行います。

団体情報


JF・団体名 大洗町漁業協同組合
住所 〒311-1301
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町字東8253-10
電話番号 029-266-2165