北海道|小樽機船地域水産業再生委員会

小樽機船漁業協同組合

取組概要 ホッケにおけるすり身向けから生鮮・加工食用向けにするための管理の転換、「シーネット⼩樽機船LLP」による販路拡大
キーワード ポリ箱詰め
「シーネット⼩樽機船LLP」
IQF
販路 域外流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 ホッケ
スケトウダラ
イカ
ソウハチ
ウロコメカレイ

浜プランの取組内容

・ 沖合底びき漁網漁業者(3 経営体)と漁協は、ホッケについて、これまで主にすり⾝向けとして取り扱ってきた「バラ揚げ(直接トラック積み)」を単価の⾼い⽣鮮加⼯向け出荷量の拡⼤を⽬指し、⿂体サイズや⾊合いなどの基準を設け船上で選別したものを「ポリ箱(プラスチック製⿂箱)詰め」に順次切り替え、施氷による低温管理の徹底に努めることで、従来のすり⾝向けから⽣鮮・加⼯⾷向けへの転換を図る。
・ 1 回の出漁の中で特に⽔揚後に短時間で出荷が可能な最終操業回に漁獲したホッケのうち、⼤中サイズのものは船上で選別し、発泡箱に下氷詰めにし、また中⼩サイズのものは保冷コンテナにおいて⽔氷で冷やし差別化することで⿂価向上を図る。
・ ⼩樽機船漁業協同組合、漁業者、⼩樽市内⽔産加⼯業者によって設⽴された「シーネット⼩樽機船LLP」は地場⽔産加⼯の促進、需要の創出等を⽬的に付加価値向上への取り組みをホッケ以外の⿂種にも拡⼤していくため、新たにカレイ、ワラズカ等の加⼯品開発に取り組み、また低利⽤⿂種(ソウハチ、ウロコメカレイ、ハツメ等)を中⼼に輸出関連業者と連携してニーズ把握につとめつつ、冷凍加⼯品としての開発に取り組み、国内外への販路拡⼤を図る。
・ いか釣り漁業者(1 経営体)は船内において選別を徹底し、ブロック凍結からIQF(1本凍結)製品の数量を段階的に増やし、⼩売り出荷にも対応できるようにすることで販売を増やし単価向上を⽬指す。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○沖合底びき網漁業者と漁協は、ホッケについて単価の高い生鮮加工向け出荷量を拡大するべく、魚体サイズや色合いなどの基準に従い、船上で選別するとともに、これまで主にすり身向けとして取り扱ってきた「バラ揚げ(直接トラック積み)」から、「ポリ箱(プラスチック製魚箱)詰め」に順次切り替え、施氷による低温管理の徹底に努めることで、従来のすり身向けから生鮮・加工食用向けへの転換を図る。
○中でも、1回の出漁の中で特に水揚げ後に短時間で出荷が可能な最終操業回に漁獲したホッケについては、販売先のニーズに即した高品質の出荷・販売に取り組むべく、特に大中サイズのものは船上で発泡箱に下氷詰めにし、また中小サイズのものは保冷コンテナにおいて水氷で冷やすなど差別化することで更なる魚価向上に努める。
○小樽機船漁業協同組合、漁業者、小樽市内水産加工業者によって設立された「シーネット小樽機船LLP」は、地場水産加工の促進、需要の創出等を目的に付加価値向上への取り組みをホッケ以外の魚種にも拡大していくため、新たにカレイ、ワラズカ等の加工品開発に取り組み、また低利用魚種(ソウハチ、ウロコメカレイ、ハツメ等)を中心に輸出関連業者と連携してニーズ把握に努めつつ、冷凍加工品としての開発に取り組み、国内外への販路拡大を図る。
○いか釣り漁業者は船内において選別を徹底し、ブロック凍結からIQF(1本凍結)製品の数量を段階的に増やし、小売り出荷にも対応できるようにすることで、販売を増やし単価向上を目指す。

団体情報


JF・団体名 小樽機船漁業協同組合
住所 〒047-0048
北海道小樽市高島1-2-5
電話番号 0134-34-1222