北海道|稚内機船地区地域水産業再生委員会

稚内機船漁業協同組合

取組概要 ほっけの付加価値向上と販路拡大
キーワード 船上選別
ポリ箱詰め
販路開拓
販路 その他
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 ホッケ
スケトウダラ
タコ

浜プランの取組内容

・漁業者と漁協は、これまで稚内地域内で処理されるものは、⿂卵のほか、すり⾝原料としてのみであったスケトウダラについて、今後は、鮮⿂⽤として⿂⾁の活⽤を図るべく、試⾷会等を通じてニーズの把握を⾏い、稚内地域での鮮⿂販売の可能性を検討する。
 また、上記のように、すり⾝原料としての取扱いから、これまでは「バラ積み(陸揚げ時トラック直接積み)」としてきたが、単価の⾼い⽣鮮加⼯向け出荷量の拡⼤を⽬指し、⿂体サイズや⾊合いなど基準を設定の上、船上で選別したものを「ポリ箱(プラスチック製⿂箱)詰め」にて、施氷による低温管理を徹底し、⿂価向上に努める。
 加えて、1回の出漁の中で、特に⽔揚げ後に短時間で出荷が可能な最終操業回に漁獲したホッケを、船上で選別し下氷詰めにして発泡箱に詰め、⾼鮮度ホッケとして販売するなど、付加価値向上に努める。また、道内イベントへの出店などを通じて、販路開拓を図る。         ・漁業者と漁協は、スケトウダラとホッケの箱詰めには、耐⽔性があり再利⽤や洗浄による衛⽣管理に優れている、プラスチック製⿂箱のみを使⽤し、⿂箱の再利⽤にあっては、洗浄施設の利⽤の徹底により、衛⽣管理の向上を図る。                              ・漁業者と漁協は、タコの活出荷に取り組むため、船上で1⿂体ずつをネット袋に⼊れたうえで簡易⽣け簀に保管し、市場内では市場開設者(稚内市)により設置された海⽔殺菌装置による海⽔を充填した⽣け簀に活タコを⼊れ販売する。
 設置された海⽔殺菌装置は、別⽤途として、場内床⾯や⽣け簀等の設備の洗浄にも使⽤することで、場内での鮮度保持・衛⽣管理強化を図る。                         ・漁協と漁業者は、稚内市や市場買受⼈組合と協議の上、地産地消活動やスケトウダラの鮮⿂販売促進等に取り組むべく、⼀部の⿂介類で競り時間の⾒直し(朝と昼の2回/1⽇に増加)を⾏うとともに、鮮⿂の競り待ち時間を省くべく船から買い受け⼈への随契直販など⼯夫を⾏うことで品質向上による⿂価向上に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○漁業者と漁協は、スケトウダラについて、これまで稚内地域内で処理されるものは、魚卵のほか、すり身原料としてのみであったが、今後は、鮮魚食用として魚肉の活用を図るべく、試食会等を通じてニーズの把握を行いつつ、稚内地域での鮮魚販売の可能性を検討する。 また、上記のように、すり身原料としての取扱いから、これまでは「バラ積み(陸揚げ時トラック直接積み)」としてきたが、単価の高い生鮮加工向け出荷量の拡大を目指し、魚体サイズや色合いなど基準を設定の上、船上で選別したものを「ポリ箱(プラスチック製魚箱)詰め」に順次切り替えることで、施氷による低温管理を徹底し、魚価向上に努める。 加えて、1回の出漁の中で、特に水揚げ後に短時間で出荷が可能な最終操業回に漁獲したホッケのうち、大中サイズのものについては、船上で選別し下氷詰めにして発泡箱に詰め、生食可能な高鮮度ホッケ(稚内一うまいホッケ)として販売するなど、付加価値向上に努め、あわせて販路開拓を図る。
○漁業者と漁協は、スケトウダラとホッケの箱詰めには従来「鋼函」を使用しているが、錆が発生しやすく不衛生であることから、耐水性があり再利用や洗浄による衛生管理に優れている、プラスチック製魚箱への移行を順次進め、魚箱の再利用にあっては、洗浄施設の利用の徹底により、衛生管理の向上を図る。
○漁業者と漁協は、タコの活出荷に取り組むため、船上で鮮度保持などの観点から迅速な小分け発泡詰めに努める。また、市場内での活タコ用生け簀へ充填するための殺菌海水装置の整備を市場開設者(稚内市)に対し要請するとともに、自らも殺菌海水を活用し、場内床面や生け簀等の設備の洗浄を徹底することで鮮度保持・衛生管理強化を図る。
○漁協と漁業者は、稚内市や市場買受人組合と協議の上、地産地消活動やスケトウダラの鮮魚販売促進等に取り組むべく、一部の魚介類で競り時間の見直し(朝と昼の2回/1日に増加)を行うとともに、鮮魚の競り待ち時間を省くべく船から買い受け人への随契直販など工夫を行うことで品質向上による魚価向上に努める。

団体情報


JF・団体名 稚内機船漁業協同組合
住所 〒097-0006
北海道稚内市新港町1-13
電話番号 0162-23-4180