茨城県|北茨城市平潟地域水産業再生委員会

平潟漁業協同組合

取組概要 地域の資源PR、他市との交流による販路拡大
キーワード 鮮度・衛生管理
メディア利用
電子入札システムの導入
販路 域内流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 イカ
ヒラメ
カレイ
タコ
メヒカリ

浜プランの取組内容

① 鮮度・衛生管理
 底びき網漁業者は,魚種・漁獲状況に応じて日帰り操業を行い,ヒラメ,ヤリイカ等漁獲物の鮮度や品質を保持し魚価向上を図る。
 沿岸小型船漁業者は,操業時間を短縮し,釣りやさし網で漁獲されたヒラメ等漁獲物の鮮度や品質を保持するとともに,需要に応じて鮮魚出荷を行い魚価の向上を図る。
 漁協,全漁業者は,水産試験場から品質・衛生管理に関する助言・指導を受けることにより,水揚物の鮮度・品質の保持や市場の衛生管理体制の改善・向上を図る。また,漁協は,電動フォークリフトの導入を検討する。
② 栽培漁業・資源管理型漁業の推進
 全漁業者は,資源の増大を図るため,(公財)茨城県栽培漁業協会が生産するヒラメ,アワビ種苗の放流を行う。また,資源の効率的利用を図るため,沿岸小型船漁業者は茨城県小型船漁業協議会等において,底びき網漁業者は茨城県底曳網漁業協議会等において,それぞれ漁獲対象資源の状態に応じて定める自主的なルールの下で操業を行う。
③ 磯根資源の利用と新たな漁業種類の導入
 沿岸小型船漁業者は,藻場の保全活動及びアワビ,ウニなど磯根資源を資源状態に応じて有効利用するとともに,漁業収入の増加を図るため,漁獲対象資源に応じえび板など新たな漁法の着業を検討する。
④ PR 活動
 漁協は,民宿組合や飲食店等との連携やマスメディアの受け入れなどにより,アンコウ,ヤリイカ,ヒラメ等の平潟の地魚のPR を行う。
 市は「全国あんこうサミット」を開催し,「市の魚」に制定されているアンコウのPR を行うとともに,「雨情の里港まつり」等を開催し,地域の認知度やイメージ向上を図る。また,近傍に北関東道,東北道,関越道が整備され,首都圏,北陸・東北地方の交通網における交差地区であり,流通・観光の拠点として発展が期待される群馬県太田市と交流を深め,北茨城産水産物の販路拡大を図る。
 遊漁船業兼業者は,遊漁者や観光客を集客するため,釣り大会や釣り教室を開催する。
 市と漁協は,漁獲物の安全安心を確保するため,非破壊放射能検査施設等による検査の実施と公表を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 底びき網漁業者(6名)と沿岸小型船漁業者(52名)は前年度の成果を踏まえつつ,魚種・漁獲状況に応じて日帰り操業を行うとともに,ヒラメ,タコ,アナゴ等の活魚出荷量を増やしていくことで魚価向上を図る。
底びき船は漁場や漁模様に合わせ日帰り操業を行い,ヤリイカ等漁獲物の鮮度の向上を図るとともに,アナゴ等の活魚出荷量増加に向け,船上で揚網から容器移送までの時間短縮や収容量の適正化を図る。
沿岸小型船は,操業時間の短縮化等を行い,釣りや刺し網で漁獲されたヒラメ等の鮮度の向上を図るとともに,ヒラメ,タコ等の活魚出荷量増加に向け,船上で揚網から容器移送までの時間短縮や収容量の適正化を図る。
② 潜水漁業等の沿岸小型船漁業者(12名)は前年度の活動を踏まえ,磯根資源のより効果的な保全活動を行うとともに,ウニの貝焼き等,加工品も含めて地域の磯根資源PRに努める。
また,遊漁船業を兼業する者(8名)は引き続き地区PRに努め,地域の特色づくりを推進する。
漁協は北茨城市が設置した非破壊放射能検査施設等を活用して漁獲物の安全安心の確認検査および公表を継続するとともに,地域水産物のイメージアップ,消費拡大を図る。

団体情報


JF・団体名 平潟漁業協同組合
住所 〒319-1701
茨城県北茨城市平潟町605
電話番号 0293-46-1131