岩手県|三陸やまだ漁協地域水産業再生委員会

三陸やまだ漁業協同組合

取組概要 サケの資源回復、養殖カキ周年出荷とホタテ地場採苗体制の確立
キーワード サケ稚魚の海中飼育
垂下式養殖
ネット販売
販路 その他
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 サケ
カキ
ホタテ
スルメイカ
イナダ

浜プランの取組内容

【資源維持と環境保全への取り組み】
1 漁協は、秋サケ資源を回復させ、漁獲量の増大を図るため、サケ稚魚の計画放流の維持、試験研究機関と連携した放流適期の特定、回帰率や生残率向上に向けた稚魚の海中飼育の導入及び種卵確保のための海産親魚の活用に取り組む。
【付加価値向上への取り組み】
1 定置漁業生産組合は、時期により多獲されるスルメイカ、サバ、イナダ等の単価向上のため、船上選別や施氷の徹底による鮮度保持に引き続き取り組む。
2 定置漁業生産組合は、市場出荷のほか、専用サイト「産直やまだ」によるインターネット販売を検討する。
3 船びき網漁業者は、イサダの鮮度管理に取り組み、食用向け出荷を検討する。
4 かご、延縄、刺網漁業者は、高単価が期待できる一部の魚種で箱詰出荷に取り組む。
5 全漁業者及び漁協は、衛生管理意識を高める取り組みを実施する。
【PR活動・魚食普及活動への取り組み】
1 全漁業者及び漁協は、イベント等に参画し販路拡大、PR活動を実施する。
2 漁協は、インターネットを活用した販売促進を図る。
【養殖漁業】
1 カキ養殖については、製品の品質に重点を置き、安定した出荷体制を構築するため、養殖方法等を再確認するとともに、周年出荷が出来る体制の整備を検討する。また、インターネット販売に取り組む。
2 ホタテ養殖については、 地区外からの種苗購入が安定しないことから、地場採苗への移行、その生産方法等について検討する。また、インターネット販売に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①資源維持と環境保全への取り組み
 ・漁協は、安定的なサケ稚魚の放流(2,400万尾)を行うため、(独)東北 区水産研究所及び岩手県水産技術センターの指導を受け、孵化場における育成稚魚の健苗飼育(飼育密度や水温・水質等の管理の適正化等)及び 適期放流に努めるとともに、放流前稚魚の海中飼育(350万尾)に取り組み 初期減耗率の低下を図る。
 ・漁協は、震災によるサケ稚魚放流数の激減に伴う河川遡上するサケの 減少による種卵不足に対応するため、他河川からの種卵移入に加え、定 置網に入網する海産親魚を活用した採卵体制を構築し、安定的な種卵の 確保を図る。
②付加価値向上への取り組み
 ・定置漁業者は、秋サケ水揚げ後に冷却水タンク保管や漁船魚槽に砕氷 を投入し、運搬を徹底するなど冷却効果を高め、水揚げ後出荷までの管 理(5℃)に努め、鮮度保持・衛生管理強化・サケ魚卵の歩留まり向上を 図るため漁船への海水殺菌装置の導入を検討する。
  又、時期により多獲されるスルメイカ、サバ、イナダ等の単価向上と 安定のため、船上選別や施氷の徹底を図る。
 ・イカ釣り漁業者は、出荷時期に応じた施氷量の調整による低温管理で 鮮度保持の徹底に取り組み、特に船上箱詰めに際しては、氷が溶けた真 水が魚体に触れることで生じる白化を防ぐため、保冷シートを挟んだ魚 箱の使用により、白化防止策と保冷性の確保について検討する。
 ・延縄漁業者、かご漁業者、刺し網漁業者は、漁獲物を魚種、サイズご とに区分して、船上にて迅速に選別し、速やかに下氷した魚箱に詰め込 むことで鮮度保持した状態で魚市場に箱詰め出荷を検討する。
 ・全漁業者及び漁協は、荷受け者である市場職員とともに連携し、衛生 管理研修会を開催し、衛生管理意識の啓発・普及し、漁港における各種 作業にかかる動線を整理し輻輳化を回避し水産物への細菌混入リスクの 低減に努め、漁港内の作業ルール設定を行い、衛生管理体制の強化及び 作業の効率化を図ることを検討する。
③PR活動・魚食普及活動への取り組み
 ・全漁業者及び漁協は、町や地元商店街等によるイベント等へ参画・協力し魚食普及や地元水産物の拡販を図る。又、知名度アップに向けパン フレットを作成し、道の駅等の集客施設にて配布し、広報活動を検討する。
④労働環境への配慮及び担い手対策への取り組み
 ・全漁業者及び漁協は、新規漁業就業者総合支援事業・漁業就業支援 フェアへの参加を活用し、後継者、新規就業者の確保・育成を行う。

団体情報


JF・団体名 三陸やまだ漁業協同組合
住所 〒028-1332
岩手県下閉伊郡山田町中央町11-14
電話番号 0193-82-1122