東京都|三宅島地区地域水産業再生委員会

三宅島漁業協同組合

取組概要 漁業就業者の増大と定着、加工品のお魚センターでの生産・販売
キーワード 後継者独立支援
ブランド化
航空便出荷
販路 域内流通
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 タイ
マグロ
イセエビ

浜プランの取組内容

①都及び三宅村による短期・長期漁業研修事業による漁業研修を修了した漁業後継者の独立支援のため、漁協が主体となって国の新規就業者特別対策交付金を活用し、新規就業者が漁船や漁具等の取得に要する初期投資の軽減を図ることで、漁業就業者の増大と定着を図る。
②漁協、村及び支庁は三宅島の水産物をまとめたパンフレットを製作し、島内で魚の食べ方・調理の仕方を紹介する際に配布し、認知度の上昇及び魚食普及を図る。定置網で水揚げされるムロアジ・ゴマサバの血抜き方法を定置網職員が中心となってマニュアル化することで品質の安定を図り、航空便等を活用した鮮魚での販売を進める。
③地元の水産物を原料とした加工品(ムロアジ等を用いた学校給食や都庁の食堂で提供可能な干物・すり身、冷凍品等)をお魚センターにおいて生産・販売していく。低利用魚を中心とした航空便での島外出荷について漁協内の協力体制を構築する。
④トコブシについて、計画的な操業と管理を漁協と採介藻部会(漁業者グループ)で行いつつ、天候や海況により年度内に利用できなかった漁場を対象に、転石作業により漁場の維持を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①都及び三宅村による短期・長期漁業研修事業による漁業研修を修了した漁業後継者の独立支援のため、漁協が主体となって国の新規就業者特別対策交付金を活用し、新規就業者が漁船や漁具等の取得に要する初期投資の軽減を図ることで、漁業就業者の増大と定着を図る。
②漁協、村及び支庁は三宅島の水産物をまとめたパンフレットを製作し、島内で魚の食べ方・調理の仕方を紹介する際に配布し、認知度の上昇及び魚食普及を図る。定置網で水揚げされるムロアジ・ゴマサバの血抜き方法を定置網職員が中心となってマニュアル化することで品質の安定を図り、航空便等を活用した鮮魚での販売を進める。
③地元の水産物を原料とした加工品(ムロアジ等を用いた学校給食や都庁の食堂で提供可能な干物・すり身、冷凍品等)をお魚センターにおいて生産・販売していく。低利用魚を中心とした航空便での島外出荷について漁協内の協力体制を構築する。
④トコブシについて、計画的な操業と管理を漁協と採介藻部会(漁業者グループ)で行いつつ、天候や海況により年度内に利用できなかった漁場を対象に、転石作業により漁場の維持を図る。

団体情報


JF・団体名 三宅島漁業協同組合
住所 〒100-1212
東京都三宅島三宅村阿古680
電話番号 04994-5-0011