新潟県|長岡・寺泊地域水産業再生委員会

寺泊漁業協同組合

取組概要 地元水産物の学校給食や調理実習への取り入れ
キーワード 神経絞め
ふるさと納税
新規就業者育成
販路 その他
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 ヒラメ
アジ
イナダ
タイ
サケ

浜プランの取組内容

取組内容は、進捗状況及び得られた成果等を踏まえて必要に応じて見直すこととする。
①行政・加工業・観光業との連携による販路拡大と魚食普及活動
●漁協は漁業者とともに、長岡市と連携を密にし、乗船体験や網はずし(網の修理)体験など漁業職場体験を継続して行い、ブルーツーリズムに積極的に取り組む。寺泊地域の水産のPR活動を行うため、漁協は長岡市と連携して農業との共同イベント等を継続的に実施する。
●漁協は長岡市との協議を進め、ふるさと納税の返礼品として、神経〆を施したマダイ・ヒラメ・スズキなどの鮮魚を下処理(エラ・内臓の除去)した状態で出荷する取り組みを検討する。
●漁協と漁業者は、長岡市や観光協会と連携し、長岡市民の交流拠点施設「アオーレ長岡」や山古志地区等で開催されるイベントへ出店し、寺泊地域の観光PRと地元水産物のPR活動を実施する。
●漁協と漁業者は、大量に漁獲され、市場出荷では採算の取れない低・未利用魚(ワニエソ・小型のアジ等)について、新潟県水産海洋研究所・利用加工課の指導のもと、練り製品や干物等といった加工品の試作を開始するとともに、各種イベント等において試食提供し、消費者の感想を基に随時商品化に向けた協議を行う。
また、県内の水産加工会社に対する原料供給を検討するにあたり、漁協は漁業者とともに営業活動を実施する。
●漁協は、ホームページやSNSを利用し、消費者に対して実施しているその日水揚げされた水産物の情報発信を継続する。また、直接販売の体制について協議する。
②鮮度保持技術向上と衛生管理の徹底及び活魚出荷による魚価の向上
●漁協と漁業者は、現在、実施しているヒラメ、アジ、タイ、スズキなどの活〆出荷する際のタグ取付けに加え、神経〆技術の向上を図り、品質が確保された魚には神経〆専用のタグを取付け、差別化した魚をアピールする。
●漁協は、行政や関係機関との連携を密にし、漁業者と市場関係者の衛生管理に対する意識の向上を図るため、新潟県長岡保健所が実施する衛生管理講習会への参加を計画的に促進する。また、消費者への新鮮、安心、
安全な水産物の提供が定められた衛生管理マニュアルについて、漁業者
及び市場関係者に周知徹底を図り、その対象者がマニュアルを遵守して
いることを漁協は検査し、適切に運用する。
●漁協と漁業者は、冷却装置付き活魚設備を活用し、ヒラメ、ミズダコ、
スズキ、サザエ、本ズワイガニ等の活魚出荷を本格的に実施し、夏場の
高水温の時期に制限されていた活魚出荷や活〆、神経〆出荷についても、
積極的に実行する。また、タグの取付けは、魚体の大きさ等の基準を定
めることで品質を確保し、魚価の向上に努める。
③将来を見据えた新規就業者育成・後継者確保の取組
●当再生委員会の漁業者で組織された長岡市寺泊地域漁業担い手委員会に
おいて新規就業者確保対策、就業希望者の随時受入れを実施する。
●漁協と漁業者は、観光業者や行政とともに、観光客や地元の小・中・高
校生を対象に定置網、ごち網漁業、刺し網漁業などの漁業体験の受入れ
を積極的に実施するとともに、長岡市、観光協会が実施する水産教室へ
積極的に参画する。これらの活動を通じて、漁業に興味関心を持っても
らい近い将来に向けた担い手・後継者育成を図る。
●漁協は、行政と連携を密にとり、長岡市等のホームページを活用し、漁
業者募集のリンクを追加するとともに、県外からのI・U ターン者を受け
入れるための空き家、賃貸物件の調査を継続的に行う。
●漁協は、担い手育成と技術習得を図るために指導漁業士をはじめとする
経験豊富な漁業者とともに、国の漁業人材育成総合支援事業や長岡市の
新規漁業者長期研修支援事業を活用し、就業希望者に対し、定着率向上
を視野においた長期漁業研修(最長3 年間)を実施し、担い手育成と技
術習得・継承を図る。
●漁協は、県事業のインターンシップ制度等を活用して新潟県立海洋高等学校生徒等の就業希望者の積極的な受入れを行い、将来の後継者育成を図る。
④水産資源の回復と確保活動
●漁協と漁業者は、長岡市農林水産事業を活用し、ヒラメ、サケ、サザエ、アワビの種苗を管内全域に適地放流することで、資源の増大を図る。
●漁協と漁業者は行政と連携を密にし、現在設置している藻場礁の調査を継続的に行い、また、報告会等を企画するなど、藻場礁の有効活用を図る。
●漁協、漁業者、長岡市で構成される「長岡・寺泊沿岸を守る会」は、長岡市寺泊地域沿岸の海底堆積物及び漂流物の回収処理を実施するとともに、定期的なモニタリングを行い、藻場や底生水産生物の維持と回復を
図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①行政・加工業・観光業との連携による販路拡大と魚食普及活動
●漁協は、長岡市とともに、学校給食や調理実習に地元水産物(サケ、ハタハタ、二ギス)を取り入れる等、魚離れが著しい若者層への魚食普及活動の推進について検討する。
●漁協は漁業者とともに、長岡市と観光協会と連携を密にし、地引網や乗船体験などの新たな取組みを行い、ブルーツーリズムに積極的に取組む。
●漁協は寺泊地域の水産のPR活動を行うため、漁協は、長岡市と連携して農業との共同イベント等に積極的に参加できるよう、JAなどの関係団体と協議する。更に市のふるさと納税の返礼品として鮮魚等を提供できるよう長岡市と共に検討を行う。この他、漁協は観光協会との連携により、長岡市民の交流拠点施設「アオーレ長岡」や長野県等でのイベントへ出品も検討するなど、県内外への寺泊地域の観光PRと地元水産物のPR活動を図る。
②鮮度保持技術向上と衛生管理の徹底及び活魚出荷による魚価の向上
●漁協と漁業者は、現在実施しているヒラメ、アジ、タイなどの活〆出荷に加え、新たに神経〆出荷も視野に入れ、先進地への視察や新潟県水産海洋研究所の講習会へ積極的に参加し、技術の習得に努める。また神経〆を施した水産物を試食・評価する場を設け本格的な検討に入る。
●漁協は、行政や関係機関との連携を密にし、漁業者の衛生管理に対する意識の向上を図るため、新潟県長岡保健所が実施する衛生管理講習会への参加を計画的に促進する。また、消費者に新鮮、安心、安全な水産物の提供を定めた衛生管理マニュアルの整備に取組み、漁業者と市場関係者に対しその周知徹底を図るための検討を行う。
●漁協と漁業者は、現在実施しているヒラメ、ミズダコ、サザエなどの活魚出荷の規模拡大を視野におき、活魚設備(冷却装置等)を増設する等の検討を行うとともに、出荷先の開拓等を検討する。
③将来を見据えた新規就業者育成・後継者確保の取組
●当再生委員会の漁業者で新規就業者確保対策に関する検討委員会を組織し、就業希望者の受入態勢等について、全漁業者と協議を進める。
●漁協と漁業者は、観光業や行政とともに、観光客や地元の小・中・高校生を対象に定置網、ごち網漁業などの漁業体験の実施を検討する他、小学校等が実施する水産教室へ積極的に参画する。これらの活動を通じて、漁業に興味関心を持ってもらい近い将来に向けた担い手・後継者育成を図る。
●漁協は、行政と連携を密にとり、長岡市等のホームページを活用し、漁業者募集のリンクを追加してもらうことを検討しつつ、県外からのI・Uターン者を受け入れるための空き家、賃貸物件の調査を行い、漁業就業希望者の受入態勢の確立を図る。
●漁協は、担い手育成と技術習得を図るため、国の新規漁業就業者総合支援事業を活用し、就業希望者に対し、定着率向上を視野においた短期漁業研修(1泊2日程度)、長期漁業研修(最長3年間)を実施することを検討する。
●漁協は、県事業のインターンシップ制度等を活用して新潟県立海洋高等学校生徒等の就業希望者の積極的な受入れを行い、将来の後継者育成を図る。
④水産資源の回復と確保活動
●漁協と漁業者は、長岡市農林水産事業を活用し、ヒラメ、サケ、サザエ、アワビの種苗を管内全域に適地放流することで、資源の増大を図る。
●漁協と漁業者は行政と連携を密にし、現在設置している藻場礁の調査を継続的に行い、また、報告会等を企画するなど、藻場礁の有効活用を図る。

団体情報


JF・団体名 寺泊漁業協同組合
住所 〒940-2502
新潟県長岡市寺泊大町9778-1
電話番号 0258-75-3125