富山県|黒部地区地域水産業再生委員会

くろべ 漁業協同組合

取組概要 「地魚を食べる日」制定、タナカゲンゲ及びミシマオコゼ等の加工商品開発
キーワード 鮮度保持
地産地消
道の駅
販路 その他
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 ヒラメ
ベニズワイガニ
アジ
ブリ
キジハタ

浜プランの取組内容

1.漁獲物の鮮度向上
刺網及び一本釣り漁業では、市場へ上場する前日に水揚げすることが多く、翌日のセリが行われるまでの間、漁獲物のほとんどは市場内に箱積みし、翌日まで放置されているのが現状であることから、刺網及び一本釣り漁業者は漁獲物の冷蔵庫への保管を徹底し、鮮度保持を強化する。
2.漁獲物の高付加価値化
漁協は、小アジ等の加工用冷凍原材料の製造方法について、冷凍設備の整備などを含めて検討を開始する。
3.漁獲物の販売力強化及び販路拡大
(1)魚の駅「生地」を活用した取組
①地産地消の促進
・漁協は、県内で漁獲された地魚を県内消費者にPRするため「地魚を食べる日」制定に向けて富山県に働きかけを行う。
・漁協は、消費者やマスコミ関係者等を対象とした即売会や魚種毎の定期的な試食会を開催してマスコミの報道等を促すことなどにより、地産地消を促進する。
②加工品の開発・販売
漁協は、平成16年に整備し、カレイ、カワハギ等の一夜干し等を製造している水産物加工施設が老朽化しているため、その改築とアオリイカ及びカマスの一次加工品等の通年販売でき訴求力のある商品並びにタナカゲンゲ及びミシマオコゼ等の未利用魚を利用した加工品の商品開発に向け、支援事業を含めた具体的な検討・開発を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.漁獲物の鮮度向上
刺網及び一本釣り漁業では、市場へ上場する前日に水揚げすることが多く、翌日のセリが行われるまでの間、漁獲物のほとんどは市場内に箱積みし、翌日まで放置されているのが現状であることから、刺網及び一本釣り漁業者は漁獲物の冷蔵庫への保管を徹底し、鮮度保持を強化する。
2.漁獲物の高付加価値化
漁協は、小アジ等の加工用冷凍原材料の製造方法について、冷凍設備の整備などを含めて検討を開始する。
3.漁獲物の販売力強化及び販路拡大
(1)魚の駅「生地」を活用した取組
①地産地消の促進
・漁協は、県内で漁獲された地魚を県内消費者にPRするため「地魚を食べる日」制定に向けて富山県に働きかけを行う。
・漁協は、消費者やマスコミ関係者等を対象とした即売会や魚種毎の定期的な試食会を開催してマスコミの報道等を促すことなどにより、地産地消を促進する。
②加工品の開発・販売
漁協は、平成16年に整備し、カレイ、カワハギ等の一夜干し等を製造している水産物加工施設が老朽化しているため、その改築とアオリイカ及びカマスの一次加工品等の通年販売でき訴求力のある商品並びにタナカゲンゲ及びミシマオコゼ等の未利用魚を利用した加工品の商品開発に向け、支援事業を含めた具体的な検討・開発を行う。

団体情報


JF・団体名 くろべ 漁業協同組合
住所 〒938-0072
富山県黒部市生地中区365
電話番号 0765-57-0101