大阪府|高石地区地域水産業再生委員会

高石市漁業協同組合

取組概要 高鮮度鮮魚のブランド化、新たな加工品の開発
キーワード 血抜き・神経抜き
マニュアル作成
冷蔵庫の整備
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 シラス
イカナゴ
スズキ
チヌ
キジハタ

浜プランの取組内容

①水産資源の管理
船びき網漁業は、しらす・イカナゴの水産資源が将来的に維持されるよう、大阪府漁連の
船びき網部会とともにマリンエコラベルジャパンの承認を得る。
②積極的なPR活動と消費ニーズの把握
全漁業者は、地蔵浜みなとマルシェ・イワシとしらすの親子まつり・魚庭の海づくり大会等の
イベントにて、当漁港で水揚げされたスズキ・しらすを地元・近隣消費者へ提供しPRする。
全漁業者は大阪シーフードショーに出展し、当港で水揚げされた漁獲物の新たなる販路拡大・販売促進を行う。
全漁業者は、魚食普及を折り込んだ「キジハタ・ヒラメ・チヌ」の稚魚放流事業を確実に実施し、ブランド化を促進させる。
③消費ニーズに基づく販売手法の導入と新たな加工品の開発
全漁業者は、異業種連携促進事業としてペットフードや幼児・高齢者向けの加工品の試作・販売を行う。
全漁業者は、新たにキジハタ・チヌ等の近年漁獲量が回復しつつある漁獲物に対しても販路拡大の取り組みを行う。
④後継者・担い手の確保・対策として
全漁業者は、漁業従事者として雇用している漁業者に対し、年間雇用及び社会保障制度に加入させ、希望者には独立型漁業者への移行を推進する。
全漁業者は、人材不足を補うため外国人技能実習生の受け入れを行う。
各種イベントやHPを活用して高石漁協の情報発信を行い、興味を持ってもらうことで新規就業につなげる。
⑤大阪泉州広域委員会との共同事業
全漁業者は、大阪泉州広域委員会と連携し高鮮度鮮魚(ブランド名泉州鮮魚)の規格・出荷方法・検品方法等についてのマニュアルの作成を行う。
全漁業者は、大阪泉州広域委員会と連携し全漁獲物に対し、トレーサビリチィー制度の導入を行う。
⑥栽培漁業センターの改築に伴い、放流量が増加するキジハタ等について、資源管理や付加価値向上の取組を行い、所得増加につながるようにする。
⑦イカナゴ・シラスの高値の維持について
引き続き地蔵浜地区に出荷をするとともに資源管理を適切に行いながら、資源の維持と漁業所得の安定に努める。
⑧ブランド化の促進及び魚価向上について
漁獲物に神経抜き・血抜き等の各処理を実施し、鮮度保持に努め、他地区同魚種との区別を図り、ブランド化を目指す。全漁業者が実施できるように、作業の簡素化や安全性の確保などについてのマニュアルを作成する。
また、販路拡大や市場の動向を見ながら出荷調整や共同集荷等により魚価の向上及び、安定化に取り組む。
⑨冷蔵庫の整備について
6次産業化として水揚げした水産物の付加価値向上の取組を具体化する。また、そのために必要な製氷・冷蔵・冷凍等の施設の整備を進める。
⑩漁業コストの削減の取組について
全漁業者は、燃油量削減のため、船底清掃や減速航行を行う。また、支援措置を活用し省エネ機器の導入に取り組む。
漁協は、これまでの休漁期間措置は従来通り継承する。
漁協は、漁業者に対して漁業経営セーフティーネット構築等事業への加入を促進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

●魚価の向上・ブランド化 全漁業者は、市場価格の動向を見ながら出荷調整を考慮したり、鮮魚のスズキ・チヌ・キジハタ等の、血抜き・神経抜きの各処理を確実に実施する事で、鮮度保持を確保し、魚価の向上や高値での魚価の安定化に取り組む。 漁協は、キジハタに関しては主力ブランド化の基準作りに着手する。 漁協は、他の地域の同種水産物との差別化の取組情報を漁協ホームページ等を活用し、広く消費者等に提供する。 ●競争入札の導入 漁協は、相対販売から競争入札へ取引量の10%程度の移行を目指し、漁業者へ地蔵浜への出荷を促す。 ●雇用促進・改善 再生委員会は、は、全漁業者の参加の基、商工会や観光課等の関係団体の協力を得ながら、「高石市商工フェスティバル」へのより積極的な参画や地蔵浜マルシェ等への出店の拡充、漁協ホームページ等の「高石漁協情報」の配信を通じて雇用促進を図る。

団体情報


JF・団体名 高石市漁業協同組合
住所 〒592-0004
大阪府高石市高師浜2-12-25
電話番号 072-261-1791