鹿児島県|谷山地区地域水産業再生委員会

谷山漁業協同組合

取組概要 低・未利用業を直売所で販売
キーワード 低・未利用魚
ブルーツーリズム
加工品開発
販路 その他
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 アイゴ
マダイ
ヒラメ
イワシ

浜プランの取組内容

(1)魚価向上
①未利用魚,低利用魚の活用
・漁業者は,これまで廃棄していた雑魚(アイゴ,タカノハダイ,イラ等)を丁寧に扱い直販所に出荷することとする。漁獲された雑魚は,船上で氷を打ち鮮度保持する。帰港後は,原則その日のうちに各漁業者が組合員の簡易な集荷施設に運び込み,小分けにしてパッキングし,漁業者が交替で直販所に搬入する。
・漁協は,漁業者が水揚げした雑魚を出荷する直販所との連絡調整(魚種,出荷量,価格等)を行う。
・漁協及び漁業者は,一般消費者に馴染みの少ない雑魚の食べ方を普及する。おさかな市(直販市)では,雑魚の試食やレシピの紹介を行うとともに,農林水産物の直販所ではそこでの販売促進イベントに合わせて同様の活動を実施する。
・漁業者は,仔アジをパッキングして直販所に出荷する取組を始め,段階的に増やして行く。
・漁協は,パッキングした仔アジを出荷する直販所との連絡調整(出荷量,価格等)を行う。
②販路先の開拓
・漁協及び漁業者は,商談会への参加や先進地視察等を行い,市場ではほとんど取り扱われない魚(カタボシイワシ等)について,加工向けの原料としての可能性も含めて新たな販路を開拓する。
④ 度保持対策
・漁協は,地域内で鮮度保持に優れた漁業者の技術(神経締め,氷の打ち方等)を地区内の直販所等への出荷者に普及する機会をもうけ,地区内における漁獲物の鮮度の底上げを図り,魚価の向上を図る。
・漁業者は,優れた鮮度保持技術を身につけ漁獲物の鮮度保持の向上に努める。
・漁協及び漁業者は,活魚出荷を含めた新技術(ナノバブル)や関連設備導入(ナノバブル発生装置,活魚水槽等)を検討する。
(2)漁獲量の向上
①小型定置網の改良
・漁業者は,小型定置網の漁具改良により水揚量が大幅に増加したという事例を参考に,当地区でも小型定置網の漁具改良に取り組む。これまで当地区の定置網では,ブリの漁獲は見られていたが,漁具の構造上回遊してきたブリが一旦入網しても,揚網時にはその半分位が逃げていた可能性が示唆される。このため,ブリを対象とした金庫網の設置や登網の改良に順次取り組むことで,最終的にはブリの漁獲量の倍増を見込む。1年目は,2統の小型定置網の改良に取りかかる。
②水産資源の増大
・漁協及び漁業者は,県や市等の関係機関の協力を得ながら,松木魚礁設置,マダイ・ヒラメ種苗放流等を継続して実施する。
・県や市は,広域漁場整備事業における増殖用魚礁設置によって水産資源の増大を図る。また,漁協及び漁業者は造成された増殖用魚礁に,最低2ヶ月間の保護期間を設け水産資源の増大を図る。
(3)販路の強化と拡大
①おさかな市(直販市)の継続開催
・漁協及び漁業者は,地元の港で毎月1回開催しているおさかな市(直販市)を継続して開催する。錦江湾で漁獲される地魚(未利用魚,低利用魚も含む)を一般消費者,特に地元住民に普及することにより,おさかな市で地魚を購入してもらうことはもとより,日常においても漁業者が出荷している地元の農林水産物の直販所でも購入してもらうことで,販路の強化を図る。
②農林水産物の直販所等への出荷
・漁業者及び漁業者は,地元の農林水産物の直販所等への出荷の実績を積み上げ,消費者の地魚に対する認識の向上による消費拡大や,地魚の出荷体制の構築を図る。漁協は,それを基に近隣の直販所ばかりではなくスーパーマーケットとの取引も徐々に拡大するよう努める。
③漁協直営の水産物販売所開設
・漁協は,地元や近隣の直販所等への出荷実績を基に,港湾利用計画の変更を見据えながら,産業道路沿いの港湾用地に漁協事務所を併設した漁協直営の水産物販売所(レストランを含む)の新設を検討する。新設するに当たっての検討事項としては,用地の確保に向けた港湾管理者との協議や漁協直営に係る経営方法の内部協議,補助事業導入に関する行政機関との協議等である。
(4)その他
①ワカメ加工の取組
・漁業者は,収獲したワカメを乾燥ワカメ等に加工し直販所等に出荷する。漁協は,漁業者がワカメ加工品を出荷する直販所等との連絡調整(出荷量,価格等)を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

(1)魚価向上
①未利用魚,低利用魚の活用
・漁業者は,これまで廃棄していた雑魚(アイゴ,タカノハダイ,イラ等)を丁寧に扱い直販所に出荷することとする。漁獲された雑魚は,船上で氷を打ち鮮度保持する。帰港後は,原則その日のうちに各漁業者が組合員の簡易な集荷施設に運び込み,小分けにしてパッキングし,漁業者が交替で直販所に搬入する。
・漁協は,漁業者が水揚げした雑魚を出荷する直販所との連絡調整(魚種,出荷量,価格等)を行う。
・漁協及び漁業者は,一般消費者に馴染みの少ない雑魚の食べ方を普及する。おさかな市(直販市)では,雑魚の試食やレシピの紹介を行うとともに,農林水産物の直販所ではそこでの販売促進イベントに合わせて同様の活動を実施する。
・漁業者は,仔アジをパッキングして直販所に出荷する取組を始め,段階的に増やして行く。
・漁協は,パッキングした仔アジを出荷する直販所との連絡調整(出荷量,価格等)を行う。
②販路先の開拓
・漁協及び漁業者は,商談会への参加や先進地視察等を行い,市場ではほとんど取り扱われない魚(カタボシイワシ等)について,加工向けの原料としての可能性も含めて新たな販路を開拓する。
④ 度保持対策
・漁協は,地域内で鮮度保持に優れた漁業者の技術(神経締め,氷の打ち方等)を地区内の直販所等への出荷者に普及する機会をもうけ,地区内における漁獲物の鮮度の底上げを図り,魚価の向上を図る。
・漁業者は,優れた鮮度保持技術を身につけ漁獲物の鮮度保持の向上に努める。
・漁協及び漁業者は,活魚出荷を含めた新技術(ナノバブル)や関連設備導入(ナノバブル発生装置,活魚水槽等)を検討する。
(2)漁獲量の向上
①小型定置網の改良
・漁業者は,小型定置網の漁具改良により水揚量が大幅に増加したという事例を参考に,当地区でも小型定置網の漁具改良に取り組む。これまで当地区の定置網では,ブリの漁獲は見られていたが,漁具の構造上回遊してきたブリが一旦入網しても,揚網時にはその半分位が逃げていた可能性が示唆される。このため,ブリを対象とした金庫網の設置や登網の改良に順次取り組むことで,最終的にはブリの漁獲量の倍増を見込む。1年目は,2統の小型定置網の改良に取りかかる。
②水産資源の増大
・漁協及び漁業者は,県や市等の関係機関の協力を得ながら,松木魚礁設置,マダイ・ヒラメ種苗放流等を継続して実施する。
・県や市は,広域漁場整備事業における増殖用魚礁設置によって水産資源の増大を図る。また,漁協及び漁業者は造成された増殖用魚礁に,最低2ヶ月間の保護期間を設け水産資源の増大を図る。
(3)販路の強化と拡大
①おさかな市(直販市)の継続開催
・漁協及び漁業者は,地元の港で毎月1回開催しているおさかな市(直販市)を継続して開催する。錦江湾で漁獲される地魚(未利用魚,低利用魚も含む)を一般消費者,特に地元住民に普及することにより,おさかな市で地魚を購入してもらうことはもとより,日常においても漁業者が出荷している地元の農林水産物の直販所でも購入してもらうことで,販路の強化を図る。
②農林水産物の直販所等への出荷
・漁業者及び漁業者は,地元の農林水産物の直販所等への出荷の実績を積み上げ,消費者の地魚に対する認識の向上による消費拡大や,地魚の出荷体制の構築を図る。漁協は,それを基に近隣の直販所ばかりではなくスーパーマーケットとの取引も徐々に拡大するよう努める。
③漁協直営の水産物販売所開設
・漁協は,地元や近隣の直販所等への出荷実績を基に,港湾利用計画の変更を見据えながら,産業道路沿いの港湾用地に漁協事務所を併設した漁協直営の水産物販売所(レストランを含む)の新設を検討する。新設するに当たっての検討事項としては,用地の確保に向けた港湾管理者との協議や漁協直営に係る経営方法の内部協議,補助事業導入に関する行政機関との協議等である。
(4)その他
①ワカメ加工の取組
・漁業者は,収獲したワカメを乾燥ワカメ等に加工し直販所等に出荷する。漁協は,漁業者がワカメ加工品を出荷する直販所等との連絡調整(出荷量,価格等)を行う。

団体情報


JF・団体名 谷山漁業協同組合
住所 〒891-0141
鹿児島県鹿児島市谷山中央3-4614
電話番号 099-268-2003