岩手県|大船渡市盛川地域水産業再生委員会

盛川漁業協同組合

取組概要 アユ・サクラマスの中間育成、イベントの再開
キーワード 川釣り
遊漁者増大
釣り教室
販路 その他
取組タイプ 観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 アユ
サクラマス

浜プランの取組内容

① 中間育成施設の整備と放流
盛川漁協は、昨年度整備したアユ・サクラマスの中間育成施設を活用し、アユ約8.0t(約80万尾)の自家生産を開始する。
【アユ】
・種苗を購入し、自河川放流約1.0t(約10万尾)を維持する。
【サクラマス】
・種苗を購入し、自河川放流約0.4t(約4万尾)を維持する。
② 自然再生産によるアユ資源量の増大
盛川漁協と漁業者は、自然再生産によるアユ資源を増大させるために、産卵床として可能性のある河床の掻き起こしを計画的に毎年5箇所実施することにより産卵床となる河床面積を増大させ、整備した産卵床整備区間には禁漁措置を行う。
河川環境のなかで産卵床となる河床面積の拡大を遊漁者と共に図る。
③ 遊漁者数の増大
盛川漁協及び漁業者は、遊漁者数の増加を図るため、釣りの楽しさを広く周知することを目指し、前年度検討した内容を基に取組みを開始する。
具体的には、次年度の広報用資料として盛川漁協の遊漁実態調査や写真撮影などを行う。
また、川や川魚と触れ合う機会の創出として、東日本大震災により休止している「あゆっこまつり」の再開に向けて、資材の確保などの取り組みを行うとともに、ヤマメやアユなどの解禁時のマスコミ取材の際に、川釣りの楽しさ醍醐味を広くPRし、遊漁者数の増大を図る取組みを引き続き行う。
さらに、「親子釣り教室」や釣り経験の浅い遊漁者を対象に行う「釣り指導会」の開催に向けて、昨年度の検討結果を基に組合員の中から「釣り指導者」の選出を行う。
④ 地場産オトリアユの販売
盛川漁協は、地場産オトリアユの供給に向けて、昨年度に実施した遊漁者意見聴取結果について、分析を行う。
⑤ 釣り場環境の整備
盛川漁協は、河川管理者と協議した後、遊漁者と共に、釣りシーズン前に車道から釣り場までのアクセス道の整備や水辺の樹木伐採等の釣り場環境の整備を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 中間育成施設の整備と放流
盛川漁協は、昨年度整備したアユ・サクラマスの中間育成施設を活用し、アユ約8.0t(約80万尾)の自家生産を開始する。
【アユ】
・種苗を購入し、自河川放流約1.0t(約10万尾)を維持する。
【サクラマス】
・種苗を購入し、自河川放流約0.4t(約4万尾)を維持する。
② 自然再生産によるアユ資源量の増大
盛川漁協と漁業者は、自然再生産によるアユ資源を増大させるために、産卵床として可能性のある河床の掻き起こしを計画的に毎年5箇所実施することにより産卵床となる河床面積を増大させ、整備した産卵床整備区間には禁漁措置を行う。
河川環境のなかで産卵床となる河床面積の拡大を遊漁者と共に図る。
③ 遊漁者数の増大
盛川漁協及び漁業者は、遊漁者数の増加を図るため、釣りの楽しさを広く周知することを目指し、前年度検討した内容を基に取組みを開始する。
具体的には、次年度の広報用資料として盛川漁協の遊漁実態調査や写真撮影などを行う。
また、川や川魚と触れ合う機会の創出として、東日本大震災により休止している「あゆっこまつり」の再開に向けて、資材の確保などの取り組みを行うとともに、ヤマメやアユなどの解禁時のマスコミ取材の際に、川釣りの楽しさ醍醐味を広くPRし、遊漁者数の増大を図る取組みを引き続き行う。
さらに、「親子釣り教室」や釣り経験の浅い遊漁者を対象に行う「釣り指導会」の開催に向けて、昨年度の検討結果を基に組合員の中から「釣り指導者」の選出を行う。
④ 地場産オトリアユの販売
盛川漁協は、地場産オトリアユの供給に向けて、昨年度に実施した遊漁者意見聴取結果について、分析を行う。
⑤ 釣り場環境の整備
盛川漁協は、河川管理者と協議した後、遊漁者と共に、釣りシーズン前に車道から釣り場までのアクセス道の整備や水辺の樹木伐採等の釣り場環境の整備を行う。

団体情報


JF・団体名 盛川漁業協同組合
住所 〒022-0007
岩手県大船渡市赤崎町石橋前10-7
電話番号 0192-26-3105