宮城県|宮城県沖合底びき網漁業再生委員会

宮城県沖合底びき網漁業協同組合

取組概要 衛生管理や鮮度管理による付加価値向上化、漁場や資源に応じた操業体制の構築
キーワード 流通販売
高鮮度化
衛生管理
販路 域外流通
取組タイプ 安全・衛生管理
魚種 タラ
スルメイカ
マダラ
キチジ
イトヒキダラ

浜プランの取組内容

1.漁場や資源に応じた操業方法,操業体制の転換
①沖合海域に分布するイトヒキダラなどの持続的かつ有効な利用を図るため,沖合底びき網漁船9隻を3つのグループに分け,グループ毎に集団操業を行う。
②操業にあたっては,グループ毎に漁場の使い分けを行い,漁獲圧が大きくならないよう配慮する。また,マダラ資源が増大しつつある中,小型魚(マメタラ)の保護が重要なことから,マメタラの漁獲削減に努める。
③地域全船の操業状況を把握し,沖底全体で計画的な水揚げを行うための操業体制を検討する。また,年間の操業日数をこれまで同様180日にまで削減するとともに,往復航時の低速化によりコスト削減を図る。
2.付加価値を高めるための操業方法の検討
①これまで1航海で3日間の操業を基本としていたが,代表戦の指示のもと1~2日での水揚げを実施する。
3.需要に応じた供給体制の確立
①仲買人等と定期的に協議を行い,必要に応じてスルメイカ,イトヒキダ
ラ,ホラアナゴなど主要魚種における1航海当たりの水揚上限量を設定する。
②買受人,流通関係者から需要が高い,イトヒキダラ,ホラアナゴを安定的に水揚げするため,沖合域での操業を含めたグループ操業体制を確立する。
③安全・安心な水産物を供給するため,水揚げする市場に応じた検査体制に積極的に協力する。
4.高鮮度化・高付加価値化,衛生管理の高度化
①魚艙内の温度管理を徹底するとともに,冷海水装置の導入により漁獲物の鮮度維持が図られる。
②滅菌冷海水を用いて,漁具・甲板の清掃等を行い衛生管理を徹底する。
③魚艙内をFRP 仕様にすることで洗浄しやすくし,衛生管理の向上を図る。
④漁船一般衛生管理記録簿を整備し,設備等の洗浄・消毒等衛生管理を徹底することにより,安全・安心な水産物の供給を図る。
5.流通販売
①スルメイカについて,1魚艙に入れる量を1.5トンまでに制限するとともに,マダラ,ホラアナゴについては水揚時にスカイタンクを使用するなど,高品質・高鮮度での供給を図る。
②スルメイカをより高鮮度で販売するため,水揚当日販売を検討する。
③ナノバブル低酸素海水とナノバブル低酸素氷を用いて,水揚後からセリ前までの鮮度を保持する。
④鮮度管理や衛生管理が徹底された閉鎖型の高度衛生管理魚市場の完成により,水揚物がより高品質・高鮮度で供給される体制が整備され,魚価の安定・向上が図られる。
⑤産地魚市場に視点を当てたブランド化と情報発信や県が制定した「みやぎ水産の日」(毎月第3水曜日)と連携した活動を行い,水揚物のブランド化と消費拡大を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.漁場や資源に応じた操業方法,操業体制の転換
①沖合海域に分布するイトヒキダラなどの持続的かつ有効な利用を図るため,沖合底びき網漁船9隻を3つのグループに分け,グループ毎に集団操業を行う。
②操業にあたっては,グループ毎に漁場の使い分けを行い,漁獲圧が大きくならないよう配慮する。また,マダラ資源が増大しつつある中,小型魚(マメタラ)の保護が重要なことから,マメタラの漁獲削減に努める。
③地域全船の操業状況を把握し,沖底全体で計画的な水揚げを行うための操業体制を検討する。また,年間の操業日数をこれまで同様180日にまで削減するとともに,往復航時の低速化によりコスト削減を図る。
2.付加価値を高めるための操業方法の検討
①これまで1航海で3日間の操業を基本としていたが,代表戦の指示のもと1~2日での水揚げを実施する。
3.需要に応じた供給体制の確立
①仲買人等と定期的に協議を行い,必要に応じてスルメイカ,イトヒキダ
ラ,ホラアナゴなど主要魚種における1航海当たりの水揚上限量を設定する。
②買受人,流通関係者から需要が高い,イトヒキダラ,ホラアナゴを安定的に水揚げするため,沖合域での操業を含めたグループ操業体制を確立する。
③安全・安心な水産物を供給するため,水揚げする市場に応じた検査体制に積極的に協力する。
4.高鮮度化・高付加価値化,衛生管理の高度化
①魚艙内の温度管理を徹底するとともに,冷海水装置の導入により漁獲物の鮮度維持が図られる。
②滅菌冷海水を用いて,漁具・甲板の清掃等を行い衛生管理を徹底する。
③魚艙内をFRP 仕様にすることで洗浄しやすくし,衛生管理の向上を図る。
④漁船一般衛生管理記録簿を整備し,設備等の洗浄・消毒等衛生管理を徹底することにより,安全・安心な水産物の供給を図る。
5.流通販売
①スルメイカについて,1魚艙に入れる量を1.5トンまでに制限するとともに,マダラ,ホラアナゴについては水揚時にスカイタンクを使用するなど,高品質・高鮮度での供給を図る。
②スルメイカをより高鮮度で販売するため,水揚当日販売を検討する。
③ナノバブル低酸素海水とナノバブル低酸素氷を用いて,水揚後からセリ前までの鮮度を保持する。
④鮮度管理や衛生管理が徹底された閉鎖型の高度衛生管理魚市場の完成により,水揚物がより高品質・高鮮度で供給される体制が整備され,魚価の安定・向上が図られる。
⑤産地魚市場に視点を当てたブランド化と情報発信や県が制定した「みやぎ水産の日」(毎月第3水曜日)と連携した活動を行い,水揚物のブランド化と消費拡大を図る。

団体情報


JF・団体名 宮城県沖合底びき網漁業協同組合
住所 〒986-0022
宮城県石巻市魚町2-14
電話番号 0225-93-8795