茨城県|霞ヶ浦地区地域水産業再生委員会

霞ヶ浦漁業協同組合

取組概要 高鮮度の魚の冷凍商品の開発、地産地消の促進
キーワード 商品開発
地産地消
漁獲管理
販路 その他
取組タイプ 新商品開発
魚種 ワカサギ
シラウオ
テナガエビ

浜プランの取組内容

◎魚価の向上
①品質の向上と新製品の開発
・漁獲物の魚価向上の取り組みを検討するため,漁協は先進地視察および事例研究を行う。(視察先:茨城県大洗地区)
・漁業者は,ワカサギについて,高鮮度の状態で漁獲するための,曳網時間の設定,船上から出荷までの氷の使用法等漁獲物管理方法等の開発を行う。
・漁業者は,高鮮度の漁獲物を使用し,冷凍商品の開発を行う。
②消費拡大対策
・漁協は,地元イベントにおいて,当地区の水産物の試食販売を行う(平成28年度:7回参加予定)。
・漁協は,霞ヶ浦北浦水産振興協議会と連携し,地元での取扱い販売店・飲食店の情報を収集,ホームページやパンフレット等で発信し,地産地消を促進させる。
③資源管理
・漁協は,ワカサギ人工孵化放流(平成28年度計画:3億粒)を行うとともに,漁業者自らによる適正な漁獲管理を行うことで,水産資源の増大を図る。
漁場環境保全
・漁業者は,水産多面的機能発揮対策事業を活用しつつ,水生植物帯等沿岸漁場環境の保全活動を推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

◎魚価の向上
①品質の向上と新製品の開発
・漁獲物の魚価向上の取り組みを検討するため,漁協は先進地視察および事例研究を行う。(視察先:茨城県大洗地区)
・漁業者は,ワカサギについて,高鮮度の状態で漁獲するための,曳網時間の設定,船上から出荷までの氷の使用法等漁獲物管理方法等の開発を行う。
・漁業者は,高鮮度の漁獲物を使用し,冷凍商品の開発を行う。
②消費拡大対策
・漁協は,地元イベントにおいて,当地区の水産物の試食販売を行う(平成28年度:7回参加予定)。
・漁協は,霞ヶ浦北浦水産振興協議会と連携し,地元での取扱い販売店・飲食店の情報を収集,ホームページやパンフレット等で発信し,地産地消を促進させる。
③資源管理
・漁協は,ワカサギ人工孵化放流(平成28年度計画:3億粒)を行うとともに,漁業者自らによる適正な漁獲管理を行うことで,水産資源の増大を図る。
漁場環境保全
・漁業者は,水産多面的機能発揮対策事業を活用しつつ,水生植物帯等沿岸漁場環境の保全活動を推進する。

団体情報


JF・団体名 霞ヶ浦漁業協同組合
住所 〒311-3512
茨城県行方市玉造甲1560-6
電話番号 0299-55-0057