神奈川県|岩地区地域水産業再生委員会

岩漁業協同組合

取組概要 岩漁協のオリジナルロゴマーク、ICTを活用した通販
キーワード 販路開拓
ICT利用
オリジナルロゴマーク
販路 その他
取組タイプ ブランド化
魚種 サバ
ブリ
ヒラメ
イセエビ
アワビ

浜プランの取組内容

1.岩漁港水揚げ魚介類の販路拡大
岩漁協は、魚介類の販売体制の確立(首都圏及び近隣観光地の宿泊施設、レストラン・料理店への販売)を目指し、28 年度において試行的に行った販売を継続する。29 年度は、出荷先業態ごと季節ごとのニーズの把握等をヒアリング等にて行う。また、既往出荷先からの紹介やダイレクトメールなどによって、更なる販路開拓を行う。
2.ICTを活用した通信販売実施計画、体制の整備
岩漁協は、首都圏及び近隣観光地の宿泊施設、レストラン・料理店への直販の他、主として一般消費者向けの魚介類販売への取組を目指し、他漁港の通販の事例調査等を行う。魚介類の通販に関しては、大きく分けて通販のポータルサイトによる方法と、独自のホームページを立ち上げる方法の2 つがあるが、いずれの方法が適しているかの検討を含むものとする。
3.漁獲物の品質保持による魚価の向上を目的とした製氷装置の導入検討
岩漁港ブランドの確立、市場取引以外の販路拡大と定置網、刺網、裸もぐり等の漁業による多種多様な魚介類の販売拡大にとって、岩漁港の魚介類の「質の良さ」、「新鮮さ」は最も基本的な価値である。しかし、現状は、氷は伊豆方面から購入しているため、緊急時の氷納入の遅れ等による品質・鮮度低下を招く恐れがあることから製氷装置の導入は不可欠である。また、導入によりコスト削減も図ることができる。そのような観点から、初年度において、岩漁協は、製氷装置の導入に関する検討を行う。原水は、現在稼働している冷海水滅菌装置の処理水及び水道水を使用するものとする(海水については、冷却過程に入る前に分岐して使用することを基本とする)。
4.真鶴町が試験で行っている岩ガキ養殖の新規事業化
岩漁協は、3 年目に入る岩ガキ試験養殖に協力する一方、岩ガキ養殖の新規事業化や生産に向けた課題検討及び体制整備などを行う。(注:新規事業化により岩ガキ養殖従事者を2名程度選定し、漁協の利益増を図り、その利益を組合員に配分する。)以上の他、真鶴町は海域の水質検査を行う。この岩ガキに関しては、東京・神奈川という大消費地に近い場所でとれる「岩ガキ」の希少性や地理的有利性、真ガキとはシーズンが異なるという差別化等により、「岩の岩ガキ」としてのブランド
の確立をめざし、岩漁協のオリジナルロゴマークも活用しつつ、町と協力し推進する。(注:町はPRに努めるとともに、各種販売促進イベント等の企画や、販売を担当する地域商社への指導・助言等を行う。)
5.岩ガキ販売開始に向けた施設整備の調査・基本設計
真鶴町は、岩ガキ販売に係る各種施設整備(選別装置、洗浄機、滅菌装置等)について調査・基本設計等を行う。なお、岩ガキの販売は、町が設立を支援する地域商社が行うこととする。販売には、これらの施設整備が不可欠であり、生産者である漁協組合員の所得増に直結する施設でもある。
※「町が設立を支援する地域商社」:真鶴町が、各種の地域資源(岩ガキ、海産物、農産物、その他の産品)の販売拡大を主目的に、地方創生事業の一環として平成30 年度の設立を計画している組織。
6.施設の機能向上への取組
岩漁協は、漁獲物の品質向上及び労働環境の改善のために、施設(漁具倉庫、網干場、荷捌き場等)の改修を検討する。なお、これらに関しては、29 年度に町が作成する「機能保全計画」
7.イベント販売の拡大、地元魚食普及
岩漁協は、5 月に開催される「岩龍宮祭」をはじめとした町内イベントに、より積極的に出店し、岩漁協のオリジナルロゴマークも活用しつつ、来訪者への岩漁港産魚介類の認知度拡大や地元魚食の普及を図る。(注:イベントでは、鮮魚販売を行うとともに、水槽等での観察や貝やエビ等を手で触れる機会を与え、より身近なものとして感じてもらう体験等を企画する。)


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.岩漁港水揚げ魚介類の販路拡大
岩漁協は、魚介類の販売体制の確立(首都圏及び近隣観光地の宿泊施設、レストラン・料理店への販売)を目指し、28 年度において試行的に行った販売を継続する。29 年度は、出荷先業態ごと季節ごとのニーズの把握等をヒアリング等にて行う。また、既往出荷先からの紹介やダイレクトメールなどによって、更なる販路開拓を行う。
2.ICTを活用した通信販売実施計画、体制の整備
岩漁協は、首都圏及び近隣観光地の宿泊施設、レストラン・料理店への直販の他、主として一般消費者向けの魚介類販売への取組を目指し、他漁港の通販の事例調査等を行う。魚介類の通販に関しては、大きく分けて通販のポータルサイトによる方法と、独自のホームページを立ち上げる方法の2 つがあるが、いずれの方法が適しているかの検討を含むものとする。
3.漁獲物の品質保持による魚価の向上を目的とした製氷装置の導入検討
岩漁港ブランドの確立、市場取引以外の販路拡大と定置網、刺網、裸もぐり等の漁業による多種多様な魚介類の販売拡大にとって、岩漁港の魚介類の「質の良さ」、「新鮮さ」は最も基本的な価値である。しかし、現状は、氷は伊豆方面から購入しているため、緊急時の氷納入の遅れ等による品質・鮮度低下を招く恐れがあることから製氷装置の導入は不可欠である。また、導入によりコスト削減も図ることができる。そのような観点から、初年度において、岩漁協は、製氷装置の導入に関する検討を行う。原水は、現在稼働している冷海水滅菌装置の処理水及び水道水を使用するものとする(海水については、冷却過程に入る前に分岐して使用することを基本とする)。
4.真鶴町が試験で行っている岩ガキ養殖の新規事業化
岩漁協は、3 年目に入る岩ガキ試験養殖に協力する一方、岩ガキ養殖の新規事業化や生産に向けた課題検討及び体制整備などを行う。(注:新規事業化により岩ガキ養殖従事者を2名程度選定し、漁協の利益増を図り、その利益を組合員に配分する。)以上の他、真鶴町は海域の水質検査を行う。この岩ガキに関しては、東京・神奈川という大消費地に近い場所でとれる「岩ガキ」の希少性や地理的有利性、真ガキとはシーズンが異なるという差別化等により、「岩の岩ガキ」としてのブランド
の確立をめざし、岩漁協のオリジナルロゴマークも活用しつつ、町と協力し推進する。(注:町はPRに努めるとともに、各種販売促進イベント等の企画や、販売を担当する地域商社への指導・助言等を行う。)
5.岩ガキ販売開始に向けた施設整備の調査・基本設計
真鶴町は、岩ガキ販売に係る各種施設整備(選別装置、洗浄機、滅菌装置等)について調査・基本設計等を行う。なお、岩ガキの販売は、町が設立を支援する地域商社が行うこととする。販売には、これらの施設整備が不可欠であり、生産者である漁協組合員の所得増に直結する施設でもある。
※「町が設立を支援する地域商社」:真鶴町が、各種の地域資源(岩ガキ、海産物、農産物、その他の産品)の販売拡大を主目的に、地方創生事業の一環として平成30 年度の設立を計画している組織。
6.施設の機能向上への取組
岩漁協は、漁獲物の品質向上及び労働環境の改善のために、施設(漁具倉庫、網干場、荷捌き場等)の改修を検討する。なお、これらに関しては、29 年度に町が作成する「機能保全計画」
7.イベント販売の拡大、地元魚食普及
岩漁協は、5 月に開催される「岩龍宮祭」をはじめとした町内イベントに、より積極的に出店し、岩漁協のオリジナルロゴマークも活用しつつ、来訪者への岩漁港産魚介類の認知度拡大や地元魚食の普及を図る。(注:イベントでは、鮮魚販売を行うとともに、水槽等での観察や貝やエビ等を手で触れる機会を与え、より身近なものとして感じてもらう体験等を企画する。)

団体情報


JF・団体名 岩漁業協同組合
住所 〒259-0202
神奈川県足柄下郡真鶴町岩455
電話番号 0465-68-0329