新潟県|佐渡両津地区地域水産業再生委員会

佐渡漁業協同組合両津支所

取組概要 南蛮エビの販路拡大、行政や観光業との情報交換会の開催
キーワード ニーズ調査
新商品開発
販路 域外流通
取組タイプ 安全・衛生管理
魚種 エビ

浜プランの取組内容

1-①魚価の向上
・当地域水産業再生委員会は広域水産業再生委員会と共に地元水産物の販路拡大、消費拡大、低・未利用魚について意見交換を行う。
又漁業者と漁協は低・未利用魚「つくえび」等を加工し、販売を行いつつ、行政や観光業との情報交換会の開催を検討し、新商品の開発に努める。
・漁業者は漁協の指導の下、船上での漁獲物の管理(マタイ、ブリ等の活〆、神経〆、魚槽状態良質化)による、鮮度保持技術と衛生管理の強化に努める。
・漁業者は活魚生簀(冷却海水)を利用して活カニ等の出荷について検討する。
・現在利用している荷捌施設(旧両津魚市場)の老朽化が進み、年度内に解体する事から、行政等と協議し荷捌施設を解体跡地に整備する。
1-②資源管理
・漁業者は漁協と共に水産資源の生育環境と水質の改善に取組み、種苗(ナマコ・ヒラメ・アワビ・サザエ)の放流を積極的に実施し、効果を検証しつつ、場所、方法、時期、放流数や定着性の高い魚類放流を検討し水産資源の底上げを図る。
・広域水産業再生委員会と協力し、当地区内にある種苗施設でのナマコの種苗生産技術の確立を目指す。
1-③漁業者の確保
・漁業者は漁協と共に、漁業人材育成総合支援事業を活用し、新規就業者に対し、漁業研修を実施し、漁業者の育成・確保に取組む。
1-④漁港施設の機能保全・管理の徹底
・漁協は漁港施設の機能が引続き発揮されるよう適切な維持管理を推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 魚価の向上
・漁業者は販路拡大と流通方法の開拓をするため、試験的に東京都中央卸売市場、大田市場へナンバンエビ等を出荷し、仲買人等と意見交換を行う。
・漁業者は漁協の指導の下、船上での漁獲物の管理(マダイ、ブリ等の活〆、神経〆、魚槽状態良質化)の講習会や先進地視察を検討し、市場価格の動向と消費者ニーズの把握に努め有効と思われる鮮度保持技術と衛生管理の強化について検討を行う。
・漁業者と漁協は低・未利用魚をツクエビの佃煮等に加工し、販売を行いつつ、行政や観光業との情報交換会の開催を検討し、新商品の開発を模索する。(ツクエビとは、エビ籠漁で漁獲される標準和名:ハサミモエビ。鮮度落ちが早く、数量もまとまらず、破棄されることが多い。)
・冬場に多く漁獲されるマダラが安値で取引されるため、漁業者は漁協と協力し島内への販売強化について検討を行う。
②資源管理
・漁業者は漁協と共に海底清掃を行い、水産資源の生育環境と水質の改善に取組み、種苗(ヒラメ・アワビ・サザエ)の放流を積極的に実施し、効果を検証しつつ、場所、方法、時期、放流数や定着性の高い魚類放流を検討し水産資源の底上げを図る。
③漁業者の確保
・漁業者は漁協と共に、新規漁業就業者総合支援事業を活用し、新規就業者に対し、漁業研修を実施し、漁業者の育成・確保に取組む。
④漁港施設の機能保全・管理の徹底
・漁協は漁港施設の機能が引続き発揮されるよう適切な維持管理を推進する。

団体情報


JF・団体名 佐渡漁業協同組合両津支所
住所 〒952-0011
新潟県佐渡市両津夷98-90
電話番号 0259-27-2256