新潟県|水津地区地域水産業再生委員会

水津漁業協同組合

取組概要 漁業体験の実施による新規就業者の確保、インターネット販売による販路拡大
キーワード 加工品開発
漁業体験
販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 ズワイガニ
メバル
タコ
タイ
アジ

浜プランの取組内容

① ズワイガニの活出荷と鮮度保持出荷体制の確立による魚価向上
・漁協と刺網漁業者は、漁連、行政と連携し、規格基準(大きさ、足折れ等)やタグを付けた活ズワイガニについて、新潟市場への出荷を継続すると共に、島内の飲食店や旅館等、県内及び関東圏の小規模飲食店への出荷を行い知名度の向上を図りつつ魚価向上に繋げる。
② 延縄漁業の導入と活〆・神経締めによる高鮮度出荷
・延縄漁業に着業した漁業者は、活〆・神経〆等の鮮度保持を徹底し、決められた大きさ・入り数などの規格を遵守して、マダイ・ウスメバル・ノドグロ等を出荷し、魚価の向上を図る。併せて、地区内での延縄漁業の普及・拡大を図るため、講習会を実施する。
③ 水産加工品の商品開発と販路拡大
・漁協は漁業者、水津婦人部、水津漁業研究会と連携し、地場産水産物の消費拡大と加工品の品揃え増加を図るため、大量に漁獲され魚価安となっている宗八カレイの一夜干し、マダラのみりん干しなどの加工品を製造する。
・漁協と水津漁業研究会は、引き続き島内・県内の産直イベント等に参加するとともに、小売店や居酒屋等に営業し、加工品の販売増加を図る。併せて島内の旅館、ホテルへ供給し、地元の評価向上を目指すと共にインターネット販売により販路拡大を図る。
④ 新規就業者の確保育成
・漁協と水津漁業研究会は、現在実施している地元小中学校を対象とした
漁船乗船体験や一夜干作りなどの加工体験、釣りの仕掛け作り等の漁業体験が出来る水産教室を継続して実施し、漁業の知識と現状の周知を図る。
・漁協と漁業者は漁連、行政と連携し、新規漁業就業者総合支援事業を活用し、漁業就業者の確保育成を図る為、刺網漁業等と就業希望者のマッチング等を行い新規漁業就業者の着業環境の向上を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① ズワイガニの活出荷と鮮度保持出荷体制の確立による魚価向上
・漁協と刺網漁業者は、漁連、行政と連携し、規格基準(大きさ、足折れ等)やタグを付けた活ズワイガニについて、新潟市場への出荷を継続すると共に、島内の飲食店や旅館等、県内及び関東圏の小規模飲食店への出荷を行い知名度の向上を図りつつ魚価向上に繋げる。
② 延縄漁業の導入と活〆・神経締めによる高鮮度出荷
・延縄漁業に着業した漁業者は、活〆・神経〆等の鮮度保持を徹底し、決められた大きさ・入り数などの規格を遵守して、マダイ・ウスメバル・ノドグロ等を出荷し、魚価の向上を図る。併せて、地区内での延縄漁業の普及・拡大を図るため、講習会を実施する。
③ 水産加工品の商品開発と販路拡大
・漁協は漁業者、水津婦人部、水津漁業研究会と連携し、地場産水産物の消費拡大と加工品の品揃え増加を図るため、大量に漁獲され魚価安となっている宗八カレイの一夜干し、マダラのみりん干しなどの加工品を製造する。
・漁協と水津漁業研究会は、引き続き島内・県内の産直イベント等に参加するとともに、小売店や居酒屋等に営業し、加工品の販売増加を図る。併せて島内の旅館、ホテルへ供給し、地元の評価向上を目指すと共にインターネット販売により販路拡大を図る。
④ 新規就業者の確保育成
・漁協と水津漁業研究会は、現在実施している地元小中学校を対象とした
漁船乗船体験や一夜干作りなどの加工体験、釣りの仕掛け作り等の漁業体験が出来る水産教室を継続して実施し、漁業の知識と現状の周知を図る。
・漁協と漁業者は漁連、行政と連携し、新規漁業就業者総合支援事業を活用し、漁業就業者の確保育成を図る為、刺網漁業等と就業希望者のマッチング等を行い新規漁業就業者の着業環境の向上を図る。

団体情報


JF・団体名 水津漁業協同組合
住所 〒952-3541
新潟県佐渡市水津898
電話番号 0259-29-2114