新潟県|内浦地区地域水産業再生委員会

内浦漁業協同組合(新潟県)

取組概要 アカモクの安定生産、ナマコの資源増加
キーワード 講習会
資源増大
担い手確保
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 ブリ
マグロ
サバ
イカ
マダラ

浜プランの取組内容

①大型定置網における大量漁獲物の魚価向上
・漁協と漁業者は短期蓄養生簀と、フィッシュポンプを活用した佐渡魚市場への出荷調整を行う。また、漁協と連携して島外出荷の試験販売をふまえ、短期蓄養生簀の増設について検討する。
・漁協と漁業者は短期蓄養したイナダ等の血抜き・神経締めを行う。また、新たな取組を調査し検討する。
・漁協と漁業者は、漁協を窓口として、島内飲食店向けに血抜き・神経締めしたイナダ等の販売を拡大する。また、島外の小売店等に販売を行う。
②養殖ながも(アカモク)の養殖技術確立による安定生産の構築と生産量増加
・漁協と漁業者は新潟県水産海洋研究所の指導のもと、4年目に引き続き、さらに種苗増産するため、水槽を増設する。
・漁協と漁業者は4年目までに確立した海上養殖技術を新規生産者と共有し、引き続き、地区内全体での海上養殖技術の向上を図る。
・漁協は4年目に引き続き、養殖ながも(アカモク)生産量増加のため、生産規模の増大、新規生産者の募集による拡大の取り組みを行う。
③ナマコ資源増加に向けた取り組み
・漁協と漁業者は、4年目の漁獲量をもとに資源管理の効果を検証し、資源の状況に合わせた管理を継続し、ナマコ資源維持に努める。
・漁協と漁業者は、馬首、北松ヶ崎、平松地区に稚ナマコを放流し、育成場の設置を行う。
④新規就業者の確保と担い手の育成
・漁協と漁業者は、新規漁業就業者総合支援事業により、新規就業者を確保し、育成を行うための体制づくりをする。
・漁協は漁業者とともに、県の担い手事業を活用し高校生を対象として漁業についての説明会や体験研修を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①大型定置網における大量漁獲物の魚価向上
・漁協と漁業者は短期蓄養生簀と、フィッシュポンプを活用した佐渡魚市場への出荷調整を行う。また、漁協と連携して島外出荷の試験販売をふまえ、短期蓄養生簀の増設について検討する。
・漁協と漁業者は短期蓄養したイナダ等の血抜き・神経締めを行う。また、新たな取組を調査し検討する。
・漁協と漁業者は、漁協を窓口として、島内飲食店向けに血抜き・神経締めしたイナダ等の販売を拡大する。また、島外の小売店等に販売を行う。
②養殖ながも(アカモク)の養殖技術確立による安定生産の構築と生産量増加
・漁協と漁業者は新潟県水産海洋研究所の指導のもと、4年目に引き続き、さらに種苗増産するため、水槽を増設する。
・漁協と漁業者は4年目までに確立した海上養殖技術を新規生産者と共有し、引き続き、地区内全体での海上養殖技術の向上を図る。
・漁協は4年目に引き続き、養殖ながも(アカモク)生産量増加のため、生産規模の増大、新規生産者の募集による拡大の取り組みを行う。
③ナマコ資源増加に向けた取り組み
・漁協と漁業者は、4年目の漁獲量をもとに資源管理の効果を検証し、資源の状況に合わせた管理を継続し、ナマコ資源維持に努める。
・漁協と漁業者は、馬首、北松ヶ崎、平松地区に稚ナマコを放流し、育成場の設置を行う。
④新規就業者の確保と担い手の育成
・漁協と漁業者は、新規漁業就業者総合支援事業により、新規就業者を確保し、育成を行うための体制づくりをする。
・漁協は漁業者とともに、県の担い手事業を活用し高校生を対象として漁業についての説明会や体験研修を行う。

団体情報


JF・団体名 内浦漁業協同組合(新潟県)
住所 〒952-0011
新潟県佐渡市両津夷269-13
電話番号 0259-27-3288