浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

福井県|大島地区地域水産業再生委員会

大島漁業協同組合

取組概要 サーモン、カキ養殖を本格化、漁業と観光の連携強化
キーワード「ふくいサーモン」
渚泊の推進
カキ小屋
販路域外流通
取組タイプ観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 ニジマス
カキ
赤貝
ナマコ
ヒラメ

浜プランの取組内容

①水産資源の増殖と保護
・大島漁協が免許を受け組合員が行うニジマス(ふくいサーモン)養殖について、広域浜プランに基づく生産規模拡大・安定供給を図るために、大島地区再生委員会は組合員が行う養殖施設規模拡大を支援する。大島漁協は生簀の増設に係る海面利用調整を支援する。
・大島漁協の青年部にあたる大島漁村青年研究グループは、地域のカキ養殖業導入のためのモデル事業を実施し、漁協はこれを支援する。
・全ての漁業者は漁協やおおい町と協力して、藻場の保全・造成や海底清掃・耕耘事業により漁場環境の改善を図る。また赤貝、ナマコ、ヒラメやメバル等の種苗放流を実施することにより、資源の底上げを継続する。
・夏の収入源である磯根資源の最適な資源管理を行うために、大島漁協内のもぐり部会の再編成を行う。
②前浜産品の販路拡大
・学校給食への提供が定着しつつある中、更なる地産地消を促進するため、小売店を介した町内外への前浜産品の流通を継続する。
・地元内だけでなく、外部への流通システムを構築のため、関東圏などの消費地の視察を行う。
・大島漁協は、前浜産品を使用した高鮮度な商品の提供に向けて、プロトン凍結機、アンモニア凍結機、梱包機等の陸上における鮮度維持機器の導入を検討する。
・漁業者は、漁獲物の鮮度維持及び魚価向上を目指し、冷水機等の船上における鮮度維持機器の導入を検討する。
③漁業と観光の連携
・大島漁協は、全ての漁業者協力のもと大漁市等のイベント開催及びSNSを活用した情報発信をする。これらの取組によって観光客を増やし、漁業観光収入の増大を目指す。
・渚泊を推進することを目的とした漁業体験メニュー(サーモンの餌やり見学、地曳網、釣り大会等)を検討する。
④漁業者の育成と魅力ある漁村づくり
・全ての漁業者は漁協とともに、減少する漁業就業者人口や高齢化により消失しつつある漁村の活気を回復させるため、ふくい水産カレッジと連動し、漁業研修の受入体制を構築する。
・大島漁協女性部は、魅力的な漁村文化の継承のために、水産物加工体験や料理教室を通して、魚食文化の継承を図る。
⑤美しい漁村と災害に強い秩序形成
・おおい町は、県、漁協や漁業者と協議を行い、おおい町が管理している漁港施設の再整備や地域住民への憩いの場の提供を目指し、美しい漁村と災害に強い漁村の秩序形成を継続する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 大島漁業協同組合
住所 〒919-2101
福井県大飯郡おおい町大島83-3
電話番号 0770-77-0162