福井県|福井地区地域水産業再生委員会

福井市漁業協同組合

取組概要 規格統一、漁場整備
キーワード 高鮮度出荷
トラウトサーモン養殖
放流体験
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 アカガレイ
マダイ
ヒラメ
ズワイガニ
アワビ

浜プランの取組内容

1.地元水産物の付加価値を向上させる取組
底曳網、定置網、刺網、一本釣漁業者は、漁協と協力して、漁獲物の活締め、神経抜き処理を実施することで徹底した高鮮度出荷を推進し、魚価の向上を目指す。加えて、漁獲物の規格の統一化を図り、更なる高付加価値化を推進するため、市場流通業者等の関係者との協議を開始し、市場ニーズを把握する。
漁業協同組合は、県、市と連携し、漁業者を対象とした鮮度保持のための活締め講習会や市場ニーズに合致した神経抜き等の講習会を実施して、漁獲物の高付加価値化を支援する。
2.漁場環境を改善し、漁獲量を向上させる取組
漁業協同組合は、漁場環境を改善するための海底耕耘を実施することにより、将来における漁獲の向上を図り、もって漁業者の所得の向上を目指す。
・一本釣漁場や刺網漁場を対象とした沿岸海域での海底耕耘:2km2
・底曳網漁場を対象とした沖合海域での海底耕耘:12km2
3.漁業資源を確保する取組
漁業協同組合は、水産資源を回復させるための種苗放流を実施することにより、将来における漁獲の向上を図り、もって漁業者の所得の向上を目指す。
・ヒラメ36,000 尾、マダイ12,000 尾、アワビ9,000 個
4.その他の取組
一部の定置網漁業者は、荒天により休漁日が増える冬季において、新たな収入源を確保するため、トラウトサーモン養殖に取り組む。初年度(27年度)は約400尾を出荷したが、28年度はさらなる増産を目指す。また、安価な輸入サーモンの増加に対抗するため、高性能の微粒砕氷機を導入し、品質の高いサーモンを出荷することで差別化を図る。
漁業協同組合は、県、市と連携し、地元の小中学生や一般の方を対象として地元水産物を使った料理教室を年6回程度開催し、地元水産物の消費拡大や魚食普及に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.地元水産物の付加価値を向上させる取組
底曳網、定置網、刺網、一本釣漁業者は、漁協と協力して、漁獲物の活締め、神経抜き処理を実施することで徹底した高鮮度出荷を推進し、魚価の向上を目指す。加えて、漁獲物の規格の統一化を図り、更なる高付加価値化を推進するため、市場流通業者等の関係者との協議を開始し、市場ニーズを把握する。
漁業協同組合は、県、市と連携し、漁業者を対象とした鮮度保持のための活締め講習会や市場ニーズに合致した神経抜き等の講習会を実施して、漁獲物の高付加価値化を支援する。
2.漁場環境を改善し、漁獲量を向上させる取組
漁業協同組合は、漁場環境を改善するための海底耕耘を実施することにより、将来における漁獲の向上を図り、もって漁業者の所得の向上を目指す。
・一本釣漁場や刺網漁場を対象とした沿岸海域での海底耕耘:2km2
・底曳網漁場を対象とした沖合海域での海底耕耘:12km2
3.漁業資源を確保する取組
漁業協同組合は、水産資源を回復させるための種苗放流を実施することにより、将来における漁獲の向上を図り、もって漁業者の所得の向上を目指す。
・ヒラメ36,000 尾、マダイ12,000 尾、アワビ9,000 個
4.その他の取組
一部の定置網漁業者は、荒天により休漁日が増える冬季において、新たな収入源を確保するため、トラウトサーモン養殖に取り組む。初年度(27年度)は約400尾を出荷したが、28年度はさらなる増産を目指す。また、安価な輸入サーモンの増加に対抗するため、高性能の微粒砕氷機を導入し、品質の高いサーモンを出荷することで差別化を図る。
漁業協同組合は、県、市と連携し、地元の小中学生や一般の方を対象として地元水産物を使った料理教室を年6回程度開催し、地元水産物の消費拡大や魚食普及に取り組む。

団体情報


JF・団体名 福井市漁業協同組合
住所 〒910-3376
福井県福井市和布町無番地
電話番号 0776-86-1211