福井県|小浜地区地域水産業再生委員会

小浜市漁業協同組合

取組概要 若狭ふぐの生産量拡大
キーワード 未利用魚
PR活動
養殖
販路 域外流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 トラフグ
マダイ
ブリ
サワラ
アジ

浜プランの取組内容

① 全ての漁業者及び小浜市漁協は、漁場環境の改善や資源の増殖のため、小浜湾内の海底清掃・海底耕耘を行うとともに、アワビ(約25,000個)、サザエ(約20,000個)、ナマコ(約20,000個)、ヒラメ(約4,000尾)等の種苗放流やプラスチック類等の漂着物処理等を実施する。
② 小浜市は、海藻が生えやすい石を設置することにより、人工的に藻場を造成する。また、採介藻漁業者は、人工的に造成した藻場等でホンダワラ類の母海藻を設置する。さらに小浜市漁協は、市民団体(アマモサポーターズ)の協力を得て、アマモの播種・定植や貝殻を充填したメッシュパイプ構造の魚礁(シェルナース)設置を行い、ガラモ場、アマモ場における海藻類の定着に向けた活動を行う。
③ 養殖漁業者は、ワカメの加工(ボイル塩蔵等)による需要の拡大方策について検討を行うとともに、総生産量の増加及び経営の多角化を図るため、福井県立大学や福井県立若狭高等学校、福井県、小浜市等と連携し、マサバやトラウトサーモン、マハタ等の新たな魚種の導入に向けた試験養殖を開始する。
④ 若狭カキ生産業者は、カキ類の生産技術の向上及びへい死対策等の生産量拡大対策を検討する。
⑤ 全ての漁業者は、地魚の市場価格の向上のため、活魚出荷や活〆、神経抜き等の鮮度向上の取組みに向けた研修等を行い、技術習得を進める。また、小浜市漁協は、市場関係者、料理店及び消費者に、鮮度を高めた地魚の価値を理解してもらい魚価に反映させるため、これら地魚の試食会の開催や試験研究機関の科学的データを広く提供・PRする啓発活動を実施する。
⑥ 小浜市漁協は、底曳網で漁獲される小カレイや定置網で漁獲される小アジや小フグ(シロサバフグ)などの未利用・低利用になっている魚介類の付加価値向上を進めるため、加工品開発のための研修や他地域の事例視察の機会を設けるとともに、全ての漁業者に対して活用等について普及啓発を図る。これを受け、底曳網及び定置網漁業者は、これらの魚介類を原料とした加工品製造及び直売所等を利用した直接販売等を検討、協議する。
⑦ 小浜市漁協は、小浜市食品加工組合等と協働し、多獲された時のサゴシ(サワラの子)やツバス(ブリの子)、カレイ類など値がつかない地魚を、学校給食の食材に一次加工するための体制づくりを進める。
⑧ 若狭ふぐ養殖業者(漁家民宿兼業)は、若狭ふぐを活用した新たな料理開発や提供方法の改善等による需要の掘り起こしにより、生産量の拡大を図る。また小浜市漁協は、観光関連業者と連携して漁業集落への誘客と観光収入の増加を図るため、漁業体験プログラムの充実、漁家民宿の施設の改修等に取り組むとともに、出向やインターネットを通じたPRを行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 全ての漁業者及び小浜市漁協は、漁場環境の改善や資源の増殖のため、小浜湾内の海底清掃・海底耕耘を行うとともに、アワビ(約25,000個)、サザエ(約20,000個)、ナマコ(約20,000個)、ヒラメ(約4,000尾)等の種苗放流やプラスチック類等の漂着物処理等を実施する。
② 小浜市は、海藻が生えやすい石を設置することにより、人工的に藻場を造成する。また、採介藻漁業者は、人工的に造成した藻場等でホンダワラ類の母海藻を設置する。さらに小浜市漁協は、市民団体(アマモサポーターズ)の協力を得て、アマモの播種・定植や貝殻を充填したメッシュパイプ構造の魚礁(シェルナース)設置を行い、ガラモ場、アマモ場における海藻類の定着に向けた活動を行う。
③ 養殖漁業者は、ワカメの加工(ボイル塩蔵等)による需要の拡大方策について検討を行うとともに、総生産量の増加及び経営の多角化を図るため、福井県立大学や福井県立若狭高等学校、福井県、小浜市等と連携し、マサバやトラウトサーモン、マハタ等の新たな魚種の導入に向けた試験養殖を開始する。
④ 若狭カキ生産業者は、カキ類の生産技術の向上及びへい死対策等の生産量拡大対策を検討する。
⑤ 全ての漁業者は、地魚の市場価格の向上のため、活魚出荷や活〆、神経抜き等の鮮度向上の取組みに向けた研修等を行い、技術習得を進める。また、小浜市漁協は、市場関係者、料理店及び消費者に、鮮度を高めた地魚の価値を理解してもらい魚価に反映させるため、これら地魚の試食会の開催や試験研究機関の科学的データを広く提供・PRする啓発活動を実施する。
⑥ 小浜市漁協は、底曳網で漁獲される小カレイや定置網で漁獲される小アジや小フグ(シロサバフグ)などの未利用・低利用になっている魚介類の付加価値向上を進めるため、加工品開発のための研修や他地域の事例視察の機会を設けるとともに、全ての漁業者に対して活用等について普及啓発を図る。これを受け、底曳網及び定置網漁業者は、これらの魚介類を原料とした加工品製造及び直売所等を利用した直接販売等を検討、協議する。
⑦ 小浜市漁協は、小浜市食品加工組合等と協働し、多獲された時のサゴシ(サワラの子)やツバス(ブリの子)、カレイ類など値がつかない地魚を、学校給食の食材に一次加工するための体制づくりを進める。
⑧ 若狭ふぐ養殖業者(漁家民宿兼業)は、若狭ふぐを活用した新たな料理開発や提供方法の改善等による需要の掘り起こしにより、生産量の拡大を図る。また小浜市漁協は、観光関連業者と連携して漁業集落への誘客と観光収入の増加を図るため、漁業体験プログラムの充実、漁家民宿の施設の改修等に取り組むとともに、出向やインターネットを通じたPRを行う。

団体情報


JF・団体名 小浜市漁業協同組合
住所 〒917-0081
福井県小浜市川崎3-16
電話番号 0770-53-2800