福井県|三国雄島地区地域水産業再生委員会

雄島漁業協同組合

取組概要 粉ワカメの生産量増大、メカブの加工品開発
キーワード 粉ワカメ
施設整備
加工品開発
販路 域内流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 ワカメ
テングサ
ウニ
アマダイ

浜プランの取組内容

①漁協は、浅海漁業者と協力し、これまで一部のみ漁協に出荷され、その他は漁業者各自が安値で地元鮮魚店等に出荷していたサザエ、アワビを漁協が集荷・買上げする。当初は、既存の蓄養施設を用いて、付加価値化(選別、箱詰、販売期間の延長等)を図り販売する。 漁協は、全量集荷に向けて蓄養施設、直販施設の整備について、検討を開始する。
②漁協は、粉ワカメの生産量を増大し販路を拡大させるため、浅海漁業者から生ワカメを買上げし、漁業所得の向上を図るとともに、仮設の荷捌き場(干場)を利用し粉ワカメを製造・販売する。また、漁協は、買上げた生ワカメの陸上作業(干し、芯抜き)に漁船漁業者を雇用し、漁業所得の向上を図る。漁協は、粉ワカメの全量加工に向けて荷捌き場(干場)の整備について、検討を開始する。
③漁協は、一本釣り漁業者からアマダイ・レンコダイを買上げ、開き加工の製造に向けて、加工場、冷蔵庫、直販施設(サザエ等の施設と同一)の整備について、検討を開始する。
④漁協は、これまで未利用であったメカブを用いた加工品の開発を開始する。
⑤全ての漁業者は漁協とともに、藻場の保全・造成や清掃、岩起を行い漁場環境を保全する。また、ヒラメ・マダイ稚魚やアワビの稚貝放流を実施することにより、水産資源の増殖による底上げを図る。
⑥全ての漁業者は漁協とともに、減少する漁業就業人口や高齢化により失われつつある漁村の活気を回復させるため、地元小学校における粉ワカメづくり体験を指導する。
⑦漁協は、水産物普及に向けた取組として、さかな祭りの開催で地元住民及び観光客に対し、地場の魚や水産加工品をPR・販売し、販路の拡大を目指す。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①漁協は、浅海漁業者と協力し、これまで一部のみ漁協に出荷され、その他は漁業者各自が安値で地元鮮魚店等に出荷していたサザエ、アワビを漁協が集荷・買上げする。当初は、既存の蓄養施設を用いて、付加価値化(選別、箱詰、販売期間の延長等)を図り販売する。 漁協は、全量集荷に向けて蓄養施設、直販施設の整備について、検討を開始する。
②漁協は、粉ワカメの生産量を増大し販路を拡大させるため、浅海漁業者から生ワカメを買上げし、漁業所得の向上を図るとともに、仮設の荷捌き場(干場)を利用し粉ワカメを製造・販売する。また、漁協は、買上げた生ワカメの陸上作業(干し、芯抜き)に漁船漁業者を雇用し、漁業所得の向上を図る。漁協は、粉ワカメの全量加工に向けて荷捌き場(干場)の整備について、検討を開始する。
③漁協は、一本釣り漁業者からアマダイ・レンコダイを買上げ、開き加工の製造に向けて、加工場、冷蔵庫、直販施設(サザエ等の施設と同一)の整備について、検討を開始する。
④漁協は、これまで未利用であったメカブを用いた加工品の開発を開始する。
⑤全ての漁業者は漁協とともに、藻場の保全・造成や清掃、岩起を行い漁場環境を保全する。また、ヒラメ・マダイ稚魚やアワビの稚貝放流を実施することにより、水産資源の増殖による底上げを図る。
⑥全ての漁業者は漁協とともに、減少する漁業就業人口や高齢化により失われつつある漁村の活気を回復させるため、地元小学校における粉ワカメづくり体験を指導する。
⑦漁協は、水産物普及に向けた取組として、さかな祭りの開催で地元住民及び観光客に対し、地場の魚や水産加工品をPR・販売し、販路の拡大を目指す。

団体情報


JF・団体名 雄島漁業協同組合
住所 〒913-0064
福井県坂井市三国町安島3-101
電話番号 0776-82-0609