静岡県|清水・用宗地区地域水産業再生委員会

清水漁業協同組合

取組概要 「しずまえ鮮魚」のPR、販路拡大
キーワード 販路拡大
直売施設
まつり開催
販路 その他
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 桜エビ
シラス
マダイ
ヒラメ

浜プランの取組内容

① 魚価の維持・向上・販路拡大
・用宗市場でのしらすの水揚げ単価の維持・下落防止のため、漁獲量が多いときには従来通りプール操業を行う。具体的には漁協が主導し、用宗地区しらす漁業者の任意組合である用宗しらす船びき組合において、しらす漁業者が統一して1ヶ統あたりの漁獲制限や操業時間の短縮等を行い、単価の維持を狙う。
・しらすや鮮魚を、静岡市がPR推進している「しずまえ鮮魚」として、消費流通量を増大させるために市内外での広報を実施し、付加価値向上を目指す。
・仲買人の高齢化による販路減少も懸念されるため、3年目以降の各種再整備施設の供用開始に伴う取扱量増加を見込み、新規仲買人の誘致・斡旋等の販路拡大の施策について再生委員会および、27年度に立ち上げる産地協議会(構成員に加工流通関係組合含む)において検討。具体的には、用宗魚仲買人水産加工業協同組合と連携し、用宗地区で廃業した仲買人の残存する施設・機材を利用した低コストな仲買人事業や、新たに仲買人事業を開始する業者及びすでに他地区で仲買人事業を展開している業者の用宗地区での事業募集のほか、静岡市中央卸売市場の仲買人組合に対し紹介依頼を行い、漁業者への斡旋につなげる策を検討する。
・漁協と農協が連携したファーマーズマーケット(直売施設)を市内で実施しており、鮮魚販売において一定の売上げが伸びていることから、当該施設での鮮魚販売を継続する。
・エタノールを利用した新しい冷凍機械(ブライン凍結)を導入し、静岡県水産技術研究所と連携・指導を得ながら、保存の効く冷凍生しらすの商品化を行い、漁協での生しらすの買い付け及び、直売所での生しらす商品の販売強化をしていく。
②製氷施設や市場、冷蔵施設など再整備による高鮮度化・魚価向上
・現在は、しらす漁の最盛期である夏場に氷の製造が間に合わず、近隣の漁港から氷を買っている。製氷施設を整備することにより、十分な量の氷を使用することが可能となり、鮮度の向上が見込まれる。
・市場改修により衛生管理の向上、水揚げ作業及び流通面の更なる効率化を図る。また、冷蔵施設を再整備し、従来の漁獲物よりも鮮度保持を狙う。
再生委員会および、27年度立ち上げる産地協議会において、これらの目的を果たす再整備に向けた、新施設整備の基本設計に着手する。
③魚食普及と地域水産物のPR・交流体験の促進
・平成15年より体験型事業の「清水お魚ふれあい事業」を実施。地引網体験としらす漁見学を通して、親子で漁業への知識や理解を深めてもらい、実体験することで漁業を親しく身近に感じてもらうとともに、将来の漁業への就業者増加も目指す。また、地引網で獲れた活魚の配付や獲れたて生しらすの試食会を実施し、新鮮な水産物の美味しさをPRすることで魚食普及につなげる。
・毎年春に開催している「用宗漁港まつり」において、模擬せり、生しらす即売、体験乗船等を行なう。市内外から約5万人を見込む多くの来場者に対して、しらす等漁獲物のPRを効果的に行うとともに、漁港や漁業を身近に感じてもらう。
・毎年参加している「JAしみずアグリフェスタ」「清水港マグロまつり」「産業フェアしずおか」等、漁業のみならず、市内各産業が連携するイベントに参加し、水産物販売や子供向けゲーム等により、漁業と「しずまえ鮮魚」の積極的なPRを図る。
・漁協直営で営業している両地区の食堂(清水地区:はまや、用宗地区:どんぶりハウス)において、獲れたての生しらすや地魚等を利用した「しずまえ丼」等のメニューを提供し、周辺地域や遠方からの観光客のリピーターを獲得し、平成26年度より静岡市を中心にPRしている「しずまえ鮮魚」の付加価値向上を目指す。
④漁場保全と資源量の増大
・清水地区において、一本釣り漁業者はプレジャーボート団体との漁場利用協定を基に禁漁期間を遵守し、漁場の資源保全に努める。
・漁協の繁殖保護活動(放流事業)として漁業者が参加し、ヒラメ・クロダイ・アワビ等の放流を行う。
・静岡県内中部地区の各漁協・各市が協力してマダイの育成を行っている「中部地域栽培漁業推進協議会事業」において、漁業者が連携して放流を実施する。また、漁業者自らが栽培漁業や資源管理等に積極的に取組むことにより、資源の増大とその意識づけを図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 魚価の維持・向上・販路拡大
・用宗市場でのしらすの水揚げ単価の維持・下落防止のため、漁獲量が多いときには従来通りプール操業を行う。具体的には漁協が主導し、用宗地区しらす漁業者の任意組合である用宗しらす船びき組合において、しらす漁業者が統一して1ヶ統あたりの漁獲制限や操業時間の短縮等を行い、単価の維持を狙う。
・しらすや鮮魚を、静岡市がPR推進している「しずまえ鮮魚」として、消費流通量を増大させるために市内外での広報を実施し、付加価値向上を目指す。
・仲買人の高齢化による販路減少も懸念されるため、3年目以降の各種再整備施設の供用開始に伴う取扱量増加を見込み、新規仲買人の誘致・斡旋等の販路拡大の施策について再生委員会および、27年度に立ち上げる産地協議会(構成員に加工流通関係組合含む)において検討。具体的には、用宗魚仲買人水産加工業協同組合と連携し、用宗地区で廃業した仲買人の残存する施設・機材を利用した低コストな仲買人事業や、新たに仲買人事業を開始する業者及びすでに他地区で仲買人事業を展開している業者の用宗地区での事業募集のほか、静岡市中央卸売市場の仲買人組合に対し紹介依頼を行い、漁業者への斡旋につなげる策を検討する。
・漁協と農協が連携したファーマーズマーケット(直売施設)を市内で実施しており、鮮魚販売において一定の売上げが伸びていることから、当該施設での鮮魚販売を継続する。
・エタノールを利用した新しい冷凍機械(ブライン凍結)を導入し、静岡県水産技術研究所と連携・指導を得ながら、保存の効く冷凍生しらすの商品化を行い、漁協での生しらすの買い付け及び、直売所での生しらす商品の販売強化をしていく。
②製氷施設や市場、冷蔵施設など再整備による高鮮度化・魚価向上
・現在は、しらす漁の最盛期である夏場に氷の製造が間に合わず、近隣の漁港から氷を買っている。製氷施設を整備することにより、十分な量の氷を使用することが可能となり、鮮度の向上が見込まれる。
・市場改修により衛生管理の向上、水揚げ作業及び流通面の更なる効率化を図る。また、冷蔵施設を再整備し、従来の漁獲物よりも鮮度保持を狙う。
再生委員会および、27年度立ち上げる産地協議会において、これらの目的を果たす再整備に向けた、新施設整備の基本設計に着手する。
③魚食普及と地域水産物のPR・交流体験の促進
・平成15年より体験型事業の「清水お魚ふれあい事業」を実施。地引網体験としらす漁見学を通して、親子で漁業への知識や理解を深めてもらい、実体験することで漁業を親しく身近に感じてもらうとともに、将来の漁業への就業者増加も目指す。また、地引網で獲れた活魚の配付や獲れたて生しらすの試食会を実施し、新鮮な水産物の美味しさをPRすることで魚食普及につなげる。
・毎年春に開催している「用宗漁港まつり」において、模擬せり、生しらす即売、体験乗船等を行なう。市内外から約5万人を見込む多くの来場者に対して、しらす等漁獲物のPRを効果的に行うとともに、漁港や漁業を身近に感じてもらう。
・毎年参加している「JAしみずアグリフェスタ」「清水港マグロまつり」「産業フェアしずおか」等、漁業のみならず、市内各産業が連携するイベントに参加し、水産物販売や子供向けゲーム等により、漁業と「しずまえ鮮魚」の積極的なPRを図る。
・漁協直営で営業している両地区の食堂(清水地区:はまや、用宗地区:どんぶりハウス)において、獲れたての生しらすや地魚等を利用した「しずまえ丼」等のメニューを提供し、周辺地域や遠方からの観光客のリピーターを獲得し、平成26年度より静岡市を中心にPRしている「しずまえ鮮魚」の付加価値向上を目指す。
④漁場保全と資源量の増大
・清水地区において、一本釣り漁業者はプレジャーボート団体との漁場利用協定を基に禁漁期間を遵守し、漁場の資源保全に努める。
・漁協の繁殖保護活動(放流事業)として漁業者が参加し、ヒラメ・クロダイ・アワビ等の放流を行う。
・静岡県内中部地区の各漁協・各市が協力してマダイの育成を行っている「中部地域栽培漁業推進協議会事業」において、漁業者が連携して放流を実施する。また、漁業者自らが栽培漁業や資源管理等に積極的に取組むことにより、資源の増大とその意識づけを図る。

団体情報


JF・団体名 清水漁業協同組合
住所 〒424-0823
静岡県静岡市清水区島崎町149-40
電話番号 054-352-5044