静岡県|伊豆地区地域水産業再生委員会(南伊豆町)

伊豆漁業協同組合(南伊豆町)

取組概要 へい死イセエビの有効活用、特大イセエビの「タグ」付け
キーワード へい死イセエビ
ブランド化
海の駅
販路 域外流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 イセエビ
サザエ
アワビ
テングサ

浜プランの取組内容

●販路拡大
漁協移動販売車を最大限利用し、地域の買い物難民対策や町や観光協会などのイベントに取り組むことで、県外までの販路拡大を行う。また、へい死イセエビの有効利用として、味噌汁用「カットイセエビ」を伊豆漁協管内はもとより、静岡県漁業協同組合連合会を通じて県内各漁協の直売所へ販路を広げる。特大イセエビについては「タグ」を付け、ブランド商品化や新商品の開発検討を行い、伊豆産イセエビに付加価値をつけ積極的にアピールする。タグについては、500g以上のサイズとし角(髭)や足に傷のないものだけに限定し、食べ方などの工夫をすることで付加価値向上を目指す。
これらにより、最大0.5%の売上増を目指すことで、漁業者からの漁獲物買い取り価格を向上させ、漁業収入向上を目指す。
さらに、直売所は築30 年以上経っており、利用形態の変化が見受けられるため、現状に見合った直売所の有効利用方法を検討し、施設の改修を検討する。
●蓄養施設
妻良の蓄養施設は老朽化が目立つため、施設改修及び施設拡充を図り、へい死イセエビの有効利用などにより販売力を向上させ、漁業者からの買い取り強化を行う。また、他地区(下田地区)の蓄養事業との連携として、伊豆の伊勢海老ブランドとして販売強化に取り組む。
●その他
観光客を誘致する為、「海の駅」建設及び漁業者の安全確保に必要な避難港(手石港)の整備について、南伊豆町や県交通基盤部港湾局等と連携して積極的に協力する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

●販路拡大
漁協移動販売車を最大限利用し、地域の買い物難民対策や町や観光協会などのイベントに取り組むことで、県外までの販路拡大を行う。また、へい死イセエビの有効利用として、味噌汁用「カットイセエビ」を伊豆漁協管内はもとより、静岡県漁業協同組合連合会を通じて県内各漁協の直売所へ販路を広げる。特大イセエビについては「タグ」を付け、ブランド商品化や新商品の開発検討を行い、伊豆産イセエビに付加価値をつけ積極的にアピールする。タグについては、500g以上のサイズとし角(髭)や足に傷のないものだけに限定し、食べ方などの工夫をすることで付加価値向上を目指す。
これらにより、最大0.5%の売上増を目指すことで、漁業者からの漁獲物買い取り価格を向上させ、漁業収入向上を目指す。
さらに、直売所は築30 年以上経っており、利用形態の変化が見受けられるため、現状に見合った直売所の有効利用方法を検討し、施設の改修を検討する。
●蓄養施設
妻良の蓄養施設は老朽化が目立つため、施設改修及び施設拡充を図り、へい死イセエビの有効利用などにより販売力を向上させ、漁業者からの買い取り強化を行う。また、他地区(下田地区)の蓄養事業との連携として、伊豆の伊勢海老ブランドとして販売強化に取り組む。
●その他
観光客を誘致する為、「海の駅」建設及び漁業者の安全確保に必要な避難港(手石港)の整備について、南伊豆町や県交通基盤部港湾局等と連携して積極的に協力する。

団体情報


JF・団体名 伊豆漁業協同組合(南伊豆町)
住所 〒415-0015
静岡県下田市外ヶ岡11
電話番号 0558-22-3585