静岡県|沼津市内浦地区地域水産業再生委員会

内浦漁業協同組合(沼津市内浦地区)

取組概要 養殖魚(マダイ・マアジ)の加工品開発、「いけすや」での地魚の提供
キーワード 未利用部位の使用
漁協食堂
漁業体験ツアー
販路 その他
取組タイプ 飲食施設
魚種 サバ
マアジ
マダイ
シラス

浜プランの取組内容

①6次産業化の推進
・漁協は、養殖魚(マダイ・マアジ)を使った加工品や、養殖マダイの未利用部位を用いた加工品の開発・販売を行う。
②高鮮度出荷の推進による付加価値向上
・漁協は、もうかる漁業創設支援事業の実証で開発した高鮮度サバ商品の販売に取組む。
・養殖のマアジ・マダイについて、漁協が神経締めなどによる高鮮度出荷を行い、単価向上を図る。
③漁協食堂を利用した水産物の提供
・漁協は、平成27年にオープンした食堂「いけすや」で、特産の養殖マアジやマダイを使った新規メニューを提供する。また、適宜アンケート調査を実施し、メニューの改良やサービスの向上に努める。
・漁協は、6次産業化により開発した商品を漁協食堂「いけすや」で提供し、消費拡大に取り組む。
・観光バス等団体客の誘致を推進し、地区水産物の消費拡大を図る。
④イベントの開催
・漁協及び漁業者は、漁協食堂「いけすや」と周辺の網干し場を利用して、春と秋の2回イベントを開催し、活アジやマダイを利用した食事の紹介や、アジすくいや模擬セリなどを行い魚に親しむ場を提供する。また、マアジやマダイ等の養殖魚についての知識や味を伝え、養殖魚の良さや安全性を理解してもらい魚離れへの対応を行うとともに、沼津の養殖魚の需要拡大を図る。
・漁協は、農協等と協力して地産のPRを行うと共に、①、②の加工品やメニューのPRを行い消費拡大を図る。
⑤レジャーとタイアップした取組み
・漁協及び漁業者は、養殖場の見学、内浦地区の漁業紹介、漁協食堂での食事をパッケージにした漁業体験ツアーを企画し、団体観光客の誘致を図る。
・漁協は、ダイビング等の取組みを通して集客力アップを図る。また、ダイバーや漁業者と協力してサンゴの種苗生産やアオリイカの産卵床の造成などの漁場整備を進め、水産資源の増大の取組む。さらに、ダイバー等に対し漁協事業のPRを行い水産資源の維持管理への理解を深める


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①6次産業化の推進
・漁協は、養殖魚(マダイ・マアジ)を使った加工品や、養殖マダイの未利用部位を用いた加工品の開発・販売を行う。
②高鮮度出荷の推進による付加価値向上
・漁協は、もうかる漁業創設支援事業の実証で開発した高鮮度サバ商品の販売に取組む。
・養殖のマアジ・マダイについて、漁協が神経締めなどによる高鮮度出荷を行い、単価向上を図る。
③漁協食堂を利用した水産物の提供
・漁協は、平成27年にオープンした食堂「いけすや」で、特産の養殖マアジやマダイを使った新規メニューを提供する。また、適宜アンケート調査を実施し、メニューの改良やサービスの向上に努める。
・漁協は、6次産業化により開発した商品を漁協食堂「いけすや」で提供し、消費拡大に取り組む。
・観光バス等団体客の誘致を推進し、地区水産物の消費拡大を図る。
④イベントの開催
・漁協及び漁業者は、漁協食堂「いけすや」と周辺の網干し場を利用して、春と秋の2回イベントを開催し、活アジやマダイを利用した食事の紹介や、アジすくいや模擬セリなどを行い魚に親しむ場を提供する。また、マアジやマダイ等の養殖魚についての知識や味を伝え、養殖魚の良さや安全性を理解してもらい魚離れへの対応を行うとともに、沼津の養殖魚の需要拡大を図る。
・漁協は、農協等と協力して地産のPRを行うと共に、①、②の加工品やメニューのPRを行い消費拡大を図る。
⑤レジャーとタイアップした取組み
・漁協及び漁業者は、養殖場の見学、内浦地区の漁業紹介、漁協食堂での食事をパッケージにした漁業体験ツアーを企画し、団体観光客の誘致を図る。
・漁協は、ダイビング等の取組みを通して集客力アップを図る。また、ダイバーや漁業者と協力してサンゴの種苗生産やアオリイカの産卵床の造成などの漁場整備を進め、水産資源の増大の取組む。さらに、ダイバー等に対し漁協事業のPRを行い水産資源の維持管理への理解を深める

団体情報


JF・団体名 内浦漁業協同組合(沼津市内浦地区)
住所 〒410-0223
静岡県沼津市内浦三津88-34
電話番号 055-943-2316