三重県|鳥羽地域水産業再生委員会

鳥羽磯部漁業協同組合(鳥羽地域)

取組概要 「海女もん」の販売拡大、アサリ資源の増大
キーワード 商標登録
プロモーション
販路 その他
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 アワビ
ナマコ

浜プランの取組内容

① 海女の漁獲物の高付加価値化による収入向上(基準年比6.7%増)
○商標登録(海女もん)による商品の差別化漁業者及び漁協は、鳥羽志摩地域の海女が採取した漁獲物を用いた「海女もん」商品について、三重県を訪れる観光客への販売を想定した県内の土産店や宿泊施設への営業活動を実施し、販売拡大を図る。
○未利用資源の積極的な活用
漁業者及び漁協は、乾燥海藻など簡易加工による付加価値の向上や、未利用・低利用海藻類の積極的な採取と販売に取り組む。
○鳥羽の海の恵みを伝える
漁業者及び漁協は、鳥羽市が行う海女文化を活かした観光客誘致・海女文化継承のプロモーションに対して積極的に協力する他、インターネットやSNSを活用してアワビ、サザエ等、海女の主要漁獲物を取り入れた魚介類のPR活動を行う。
② アワビ等資源の増産による収入向上(基準年比3.9%増)
○アワビ種苗の大型化
漁業者及び漁協は、三重県栽培漁業センターにて量産体制が構築された大型アワビ種苗を積極的に活用するとともに、大型アワビ種苗の放流効果を把握する。
○コンクリート板によるアワビ放流漁場の造成
漁業者及び漁協は、三重県が整備するコンクリート板造成漁場において、コンクリート板の安定性や周辺環境の変化をモニタリングし、結果をまとめる。また、標識放流したアワビ種苗の成長や回収率について検証し、造成に適した漁場条件を抽出する。
○アワビの住み場、餌場の整備
漁業者及び漁協は、三重県が実施する藻場造成など、アワビ等磯根資源の餌場や住み場の整備に協力する。
○ナマコの増殖
漁業者及び漁協は、三重県栽培漁業センターにて生産された稚ナマコの放流を行い、ナマコ資源の増産を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 海女の漁獲物の高付加価値化による収入向上(基準年比6.7%増)
○商標登録(海女もん)による商品の差別化漁業者及び漁協は、鳥羽志摩地域の海女が採取した漁獲物を用いた「海女もん」商品について、三重県を訪れる観光客への販売を想定した県内の土産店や宿泊施設への営業活動を実施し、販売拡大を図る。
○未利用資源の積極的な活用
漁業者及び漁協は、乾燥海藻など簡易加工による付加価値の向上や、未利用・低利用海藻類の積極的な採取と販売に取り組む。
○鳥羽の海の恵みを伝える
漁業者及び漁協は、鳥羽市が行う海女文化を活かした観光客誘致・海女文化継承のプロモーションに対して積極的に協力する他、インターネットやSNSを活用してアワビ、サザエ等、海女の主要漁獲物を取り入れた魚介類のPR活動を行う。
② アワビ等資源の増産による収入向上(基準年比3.9%増)
○アワビ種苗の大型化
漁業者及び漁協は、三重県栽培漁業センターにて量産体制が構築された大型アワビ種苗を積極的に活用するとともに、大型アワビ種苗の放流効果を把握する。
○コンクリート板によるアワビ放流漁場の造成
漁業者及び漁協は、三重県が整備するコンクリート板造成漁場において、コンクリート板の安定性や周辺環境の変化をモニタリングし、結果をまとめる。また、標識放流したアワビ種苗の成長や回収率について検証し、造成に適した漁場条件を抽出する。
○アワビの住み場、餌場の整備
漁業者及び漁協は、三重県が実施する藻場造成など、アワビ等磯根資源の餌場や住み場の整備に協力する。
○ナマコの増殖
漁業者及び漁協は、三重県栽培漁業センターにて生産された稚ナマコの放流を行い、ナマコ資源の増産を図る。

団体情報


JF・団体名 鳥羽磯部漁業協同組合(鳥羽地域)
住所 〒517-0011
三重県鳥羽市鳥羽4-2360-16
電話番号 0599-25-2328