三重県|(2期)津地域水産業再生委員会(1期)香良洲地区地域水産業再生委員会

香良洲漁業協同組合

取組概要 餌料用イワシ類の食用向け転換促進、アオノリの生産増大
キーワード 販路開拓
学校給食
イワシ寿し
販路 域外流通
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 イカナゴ
イワシ
バイ貝
アサリ
アオノリ

浜プランの取組内容

●機船船びき網漁業の活性化(イカナゴ、イワシ類等の生産増大と付加価
値向上)
(1)漁業者及び漁協等は、漁業者間での自主的な漁業管理に向けた協議及び科学的知見に基づいた的確な資源管理を積極的に推進する。
(2)漁業者及び漁協等は、多獲性魚類の付加価値向上による有効利用のため、大型量販店等の新規販売ルートの確保について検討し、餌料用イワシ
類の一部食用向け転換の促進を図る。
(3)漁協は、魚価向上を図るため、当該地域外から新たな仲買人の参入を検
討する。
●採貝漁業の活性化(バカガイ、ハマグリ、アサリ等の生産増大と付加価値向上)
(1)漁業者及び漁協等は、地先漁場に設定した禁漁区を保護するとともに、集約的にハマグリ等の稚貝放流を実施する。また、アサリの稚貝放流について見直しを行い、効果的な放流方法や放流種の検討を行う。
(2)漁業者及び漁協等は、操業時間、漁獲サイズや漁獲量、操業禁止区域等の自主的な漁獲規制を継続するとともに、漁獲制限の内容を見直す等の検討を行う。
(3)漁業者及び漁協等は、漂流漂着物の除去、海岸清掃、海底耕耘等を実施することで漁場の保全及び改善に取り組み、資源の安定、増大及び持続的活用により所得の向上を図る。
(4)漁業者及び漁協等は、混獲されるツメタガイ等の食害生物を水揚げし、駆除することにより、資源の維持・増大を図る。
(5)バイガイの漁獲実態等の調査を行う。
●アオノリ養殖の活性化(アオノリの生産増大と付加価値向上)
(1)漁業者及び漁協等は、アオノリの生産増大を図るため、当該地域内での空き漁場の有効活用や新規漁場の取得等の検討を行う。
(2)漁業者及び漁協等は、県内他地域の視察をする等して、育苗又は本張り時における養殖網の管理方法の検討を行うとともに、流水式の異物選別機の改良に取り組む。
●新たな藻類養殖の導入
(1) 漁業者及び漁協等は、当該地域内(河芸地区、白塚地区、香良洲地区)において、スジアオノリ養殖の導入の検討を行う。
●漁獲物の付加価値向上
(1)漁業者、漁協及び市は、津市農林水産まつり等のイベントにおいて、イワシ類、アオノリ、バイガイ等の試食販売による魚食普及に積極的に取り組み、当該地域で水揚げされる水産物の販売を促進する。
(2)漁業者、漁協及び市は、イワシ街道実行委員会と連携し、当該地域内外でのイベントに参画し、郷土料理であるイワシ寿しの魚食普及に積極的に取り組み、当該地域で水揚げされる水産物の販売を促進する。
(3)漁業者及び漁協は、開催する漁業体験イベント等において、当該地域漁業の実態や伊勢湾産の水産物について消費者に広く伝える取組を積極的に実施し、当該地域で水揚げされる水産物の販売を促進する。
(4)イワシ類、アオノリ等の地域で水揚げされる水産物を地元の小中学校に給食用食材として提供することにより、当該地域の子供達への魚食普及の推進に取り組む。
●担い手の確保
(1)漁業者は、地域内外から不足する漁業・養殖業の担い手を確保するため、漁協が運営する白塚漁師塾を積極的に活用するとともに、定期的に開催される就業就職フェア等への出展を図る。
(2)漁協は、三重県漁業担い手対策協議会との連携を強化し、新たな担い手が活用できる国・県の補助事業等の情報を収集し、就業支援体制の構築を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

◆漁業収入増大及び所得向上の取組
資源管理による漁場生産性増大や品質向上及び付加価値向上に向けた取組を行い、漁業所得の向上と安定化を図る。また、消費者ニーズにあわせた高付加価値商品づくり、新規販売ルートの開拓、魚食普及に積極的に取り組み地域の水産物の消費拡大を推進することで漁業所得の向上を図る。
○採貝漁業での貝類資源管理による生産性向上について、前年度の漁獲実績や資源状況を踏まえ内容を見直したうえで取組をさらに推進する。
・禁漁区を設定し、稚貝を放流することにより貝類資源の維持、増大による漁業収入の向上を図る。
・操業時間制限や漁獲サイズの制限を設定することにより貝類資源の維持、増大による漁業収入の向上を図る。
・漂流漂着物の除去、海岸清掃活動、海底耕耘を行うことにより、貝類資源の生育環境を改善し、資源の維持、増大による漁業収入の向上を図る。
・混獲される食害生物(ツメタガイ等)を水揚げし、駆除することにより、バカ貝、アサリ等の貝類資源の維持、増大を図る。
・藻類養殖試験の結果を活用し、藻類養殖の新規着業を推進することにより、貝類への漁獲圧を低減するとともに複合的な漁業経営の確立を図る。
○機船船びき網漁業のイワシ類の資源管理による生産性向上について、前年度の漁獲実績や資源状況を踏まえ内容を見直したうえで漁業収入の向上に向けた取組をさらに推進する。
・県内の同業者組合の漁業者間で協議し、操業の開始及び終了時刻を自主的に設定する資源管理の取組を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
・日々の資源状況に応じて、県内の同業者組合の漁業者間で協議のうえ、日々の操業の開始及び終了時刻の設定や出漁地区の交代制による輪番操業制導入などの資源管理の取組を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
・地域の水産加工の処理能力を超える過剰な漁獲を行わないよう、水産加工業者と日々連携した操業を実施し、資源の効率的な活用を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
○機船船びき網漁業でのイカナゴ資源管理による持続的生産性向上について、前年度の漁獲実績や資源状況を踏まえ内容を見直したうえで漁業所得の向上に向けた取組をさらに推進する。
・三重、愛知両県の漁業者で資源管理のための協議会で、両県の話し合いによる自主的な操業ルール等に基づく資源管理の取組を推進することで資源増大による業収入の向上を図る。
・科学的データ分析による稚仔魚の体長予測に基づく操業開始の解禁日を三重、愛知両県で協議し設定することによる資源管理の取組を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
・三重、愛知両県で協議のうえ、当日早朝または前夜に出漁日を設定することによる資源管理の取組を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
・漁期途中において翌年度の産卵加入魚保護のために三重、愛知両県の協議で禁漁区を設定する資源管理の取組を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
・三重、愛知両県で協議のうえ、翌年度の産卵に加入する親魚20 億尾を確保するため操業終了日の設定を行うなど日々操業する漁獲実績の科学的データ分析に基づく資源管理の取組を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
・地域の水産加工の処理能力を超える過剰な漁獲を行わないよう、水産加工業者と日々連携した操業を実施し、資源の効率的な活用を推進することで資源増大による漁業収入の向上を図る。
○漁獲物の消費拡大に向けた販促取組について、前年度の内容を見直したうえで取組をさらに推進し、所得向上を図る。
・津市農林水産まつり等のイベントで香良洲産の水産物の販売を行い、消費拡大による漁業収入の向上を図る。
・漁協が主催する漁業体験イベント等において、香良洲の漁業の実態や伊勢湾産の水産物について消費者に広く伝える取組を積極的に実施し、消費拡大による漁業収入の向上を図る。
・イカナゴやカタクチイワシ等の香良洲産水産物を地元の小中学校に給食用食材として提供することにより、香良洲の漁業の実態や伊勢湾産の水産物について地域の子供達に伝える取組を積極的に実施し、魚食普及による消費拡大による漁業収入の向上を図る。

団体情報


JF・団体名 香良洲漁業協同組合
住所 〒514-0311
三重県津市香良洲町5276-2
電話番号 059-292-3331