滋賀県|堅田地域水産業再生委員会

堅田漁業協同組合

取組概要 SNSを活用した情報発信、直売イベント
キーワード 情報発信
地産地消
資源管理
販路 域内流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 アユ
二ゴロブナ
ホンモロコ
ワカサギ
セタシジミ

浜プランの取組内容

①漁獲物の品質向上の取組
鮮度向上による商品の付加価値を高めるため、漁業者はマニュアルに基づいて船上での氷または冷水機によるアユ、ホンモロコ、スジエビ、ワカサギの最適な冷却処理を行うともに、整備された浮桟橋を利用して迅速な水揚げを行う。
②漁獲物の消費拡大と安定供給の取組
②-1消費者に向けた取り組み
漁協は琵琶湖産魚介類や漁協のPRと消費拡大のため、FaceBook等のSNSを通じて漁や水揚げの様子等を発信し、地元商工会議所やJA等が開催する地域のイベントへ出店する。また、漁協自ら獲れたての湖魚を直売するイベント「湖族の朝市」を堅田漁港で年1回開催する。また、滋賀県の伝統食品鮒ずしの原料であり、琵琶湖産魚介類のなかでも高値で取引されているニゴロブナの価格安定と消費拡大を図るため、漁協は一般市民を対象にしたふなずし漬け方講習会を開催する。
湖魚の消費拡大を図るため、漁業者は自らが地元の学校に出向き次世代へ堅田漁協の歴史や琵琶湖魚介類の美味しさ、すばらしさを伝えるレシピの配布や料理教室等を行う。
県はHPやSNSを活用して琵琶湖八珍の紹介や琵琶湖八珍を食べることのできる登録店舗の位置情報、メニューやフェア等の取組を提供することで、観光に訪れた県外観光客を含めた消費者の琵琶湖八珍情報へのアクセスを容易にすることで琵琶湖八珍が食される機会の増大を図る。
②-2事業者に向けた取り組み
漁協はマイスター店等へ未活用の琵琶湖産魚介類の食材としての魅力、利用方法の伝達やサンプル提供を行うことで利用訴求を図り消費量の拡大を図る。
県は「琵琶湖八珍」マイスターとして登録された200店舗に対し、琵琶湖産魚介類の積極的な活用を促す。
堅田漁協が運営するセリで取り扱われる漁獲物の取引量の増加と魚価の向上を図るため、セリに参加する買受人の数を回復させる必要がある。これまでの漁協等による琵琶湖産魚介類の利用訴求活動により琵琶湖産魚介類の取扱い店舗の増加が見込まれることから、漁協は県内外の関係業者に対してセリへの参加を呼びかけ買受人の増加を図る。
②-3安定供給に向けた取り組み
漁獲物の価格の安定を図るため、需要に応じた漁獲物の供給が可能となる供給体制を整備する必要がある。また、漁協や漁業者のこれまでの魚食普及活動により増加すると見込まれる琵琶湖産魚介類の需要に応えるためには安定して供給できる体制を整える必要がある。そのため、漁協は冷凍冷蔵庫を整備する。
③資源管理型漁業の推進
全漁業者は漁協が定めたセタシジミ、ホンモロコおよびニゴロブナ操業に関する規則を遵守のうえ、滋賀県水産試験場による資源量等の調査結果を基に資源の状況に応じた漁獲(操業隻数や操業日数の調整)を行い、資源維持と安定供給の両立に努めながら漁獲量の増加を図る
④外来魚の駆除
刺網漁業や小型定置網漁業に従事する漁業者は、水産資源を食害するオオクチバスやブルーギルなどの外来魚の駆除を行い、水産資源の増加を図り、もって漁獲量の増加を図る。
⑤湖底耕耘等の漁場環境の維持・改善に資する取組
主に南湖で異常繁茂している水草や湖底上の浮遊堆積物は漁労作業の障害になっているだけでなく、シジミ等の水産資源の増殖を阻害している。貝びき網漁業の漁業者は袋網のついていない貝桁網を船で曳き回すことで水草の除去、湖底耕耘等に取り組み、漁労作業の効率化と資源量の増加を図り、もって漁獲量の増加を図る。
⑥担い手の確保
漁協は新規漁業就業者の自立を支援するため、漁業者、県と連携しながら中古漁船・漁具の情報提供に努める。
漁協は漁業就業支援フェアへの参加や求人情報の発信を行い、継続して担い手の確保に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①漁獲物の品質向上の取組
鮮度向上による商品の付加価値を高めるため、漁業者はマニュアルに基づいて船上での氷または冷水機によるアユ、ホンモロコ、スジエビ、ワカサギの最適な冷却処理を行うともに、整備された浮桟橋を利用して迅速な水揚げを行う。
②漁獲物の消費拡大と安定供給の取組
②-1消費者に向けた取り組み
漁協は琵琶湖産魚介類や漁協のPRと消費拡大のため、FaceBook等のSNSを通じて漁や水揚げの様子等を発信し、地元商工会議所やJA等が開催する地域のイベントへ出店する。また、漁協自ら獲れたての湖魚を直売するイベント「湖族の朝市」を堅田漁港で年1回開催する。また、滋賀県の伝統食品鮒ずしの原料であり、琵琶湖産魚介類のなかでも高値で取引されているニゴロブナの価格安定と消費拡大を図るため、漁協は一般市民を対象にしたふなずし漬け方講習会を開催する。
湖魚の消費拡大を図るため、漁業者は自らが地元の学校に出向き次世代へ堅田漁協の歴史や琵琶湖魚介類の美味しさ、すばらしさを伝えるレシピの配布や料理教室等を行う。
県はHPやSNSを活用して琵琶湖八珍の紹介や琵琶湖八珍を食べることのできる登録店舗の位置情報、メニューやフェア等の取組を提供することで、観光に訪れた県外観光客を含めた消費者の琵琶湖八珍情報へのアクセスを容易にすることで琵琶湖八珍が食される機会の増大を図る。
②-2事業者に向けた取り組み
漁協はマイスター店等へ未活用の琵琶湖産魚介類の食材としての魅力、利用方法の伝達やサンプル提供を行うことで利用訴求を図り消費量の拡大を図る。
県は「琵琶湖八珍」マイスターとして登録された200店舗に対し、琵琶湖産魚介類の積極的な活用を促す。
堅田漁協が運営するセリで取り扱われる漁獲物の取引量の増加と魚価の向上を図るため、セリに参加する買受人の数を回復させる必要がある。これまでの漁協等による琵琶湖産魚介類の利用訴求活動により琵琶湖産魚介類の取扱い店舗の増加が見込まれることから、漁協は県内外の関係業者に対してセリへの参加を呼びかけ買受人の増加を図る。
②-3安定供給に向けた取り組み
漁獲物の価格の安定を図るため、需要に応じた漁獲物の供給が可能となる供給体制を整備する必要がある。また、漁協や漁業者のこれまでの魚食普及活動により増加すると見込まれる琵琶湖産魚介類の需要に応えるためには安定して供給できる体制を整える必要がある。そのため、漁協は冷凍冷蔵庫を整備する。
③資源管理型漁業の推進
全漁業者は漁協が定めたセタシジミ、ホンモロコおよびニゴロブナ操業に関する規則を遵守のうえ、滋賀県水産試験場による資源量等の調査結果を基に資源の状況に応じた漁獲(操業隻数や操業日数の調整)を行い、資源維持と安定供給の両立に努めながら漁獲量の増加を図る
④外来魚の駆除
刺網漁業や小型定置網漁業に従事する漁業者は、水産資源を食害するオオクチバスやブルーギルなどの外来魚の駆除を行い、水産資源の増加を図り、もって漁獲量の増加を図る。
⑤湖底耕耘等の漁場環境の維持・改善に資する取組
主に南湖で異常繁茂している水草や湖底上の浮遊堆積物は漁労作業の障害になっているだけでなく、シジミ等の水産資源の増殖を阻害している。貝びき網漁業の漁業者は袋網のついていない貝桁網を船で曳き回すことで水草の除去、湖底耕耘等に取り組み、漁労作業の効率化と資源量の増加を図り、もって漁獲量の増加を図る。
⑥担い手の確保
漁協は新規漁業就業者の自立を支援するため、漁業者、県と連携しながら中古漁船・漁具の情報提供に努める。
漁協は漁業就業支援フェアへの参加や求人情報の発信を行い、継続して担い手の確保に努める。

団体情報


JF・団体名 堅田漁業協同組合
住所 〒520-0242
滋賀県大津市本堅田2-13-13
電話番号 077-572-1411