大阪府|岸和田市地蔵浜地区地域水産業再生委員会

岸和田市漁業協同組合

取組概要 低価格魚・未利用魚の加工品開発,新設備導入による作業効率化
キーワード 6次産業化
加工品開発
ふるさと納税
販路 域内流通
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 イカナゴ
シラス
スズキ
クロダイ
アジ

浜プランの取組内容

・イカナゴ・シラスの高値の維持
船びき網漁業においては、引き続き地蔵浜地区へ出荷するとともに、資源の維持に努める。
・新リース事業の活用
老朽化した漁船・漁具については、新リース事業を活用し更新を行うことで、作業能率の向上により漁獲量を増加させ、漁業所得の向上を図る。
・新たな加工品の販売
季節により漁獲が偏り、魚価の下がる魚や未利用魚について、付加価値をつけるため、組合での原材料の買取や加工ができる体制を整備する。加工品については実用的な商品の開発を進める。
・6 次産業化への取組
漁業者だけでなく、仲卸業者の衰退は、魚価の低迷に拍車をかけているため、漁業組合で一貫して6 次産業化を進められるよう検討をする。
漁業コスト削減のための取組
・船底清掃等の省燃油活動
全漁業者は、年2 回以上の船底清掃を実施する。
・新リース事業を活用した機関換装
新リース事業を活用し、省エネ型の設備に機関換装を行い、燃油消費量の削減を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① イカナゴ・シラスの競争入札方式の導入
船びき網漁業者は、漁獲したイカナゴ・シラスについて、平成26年度から大阪府
鰮巾着網漁協が実施している競争入札に出荷し、従来の加工業者との相対販売
から競り場を通しての入札販売に移行することで単価の向上を図る。
② 新たな加工品の販売
底びき網漁業者は、漁協と連携し、丸アジ、スズキ、チヌ、タチウオ等の鮮魚に
ついて、漁協の加工施設を活用し、新たに真空パック包装での「開き」「フィレ」、
「みそ漬け」等に加工し、JAいずみの道の駅「愛彩ランド」や取引先近隣スーパー
に出荷する。
さらに、平成27年に愛彩ランドの鮮魚コーナーが拡張されることに伴い、上記加
工品に加え、あなご籠漁業者が漁獲、開き加工したものも販売する。
③新規就業者の育成
漁協は、新規採用した乗組員に対し、漁業の未経験者が将来安定した収入を得られるよう、補助事業も活用し、漁業技術講習会を開き、長く漁業に携わり、安定した生活が営めるよう人材を育成する。
④ウエルエージング岸和田推進協議会の推進する魚食レシピの活用
岸和田市保健福祉部を事務局とし、歯科医師会、商工会議所、農協、市民協
議会等機関の他、岸和田市食生活改善推進協議会など食に携わる団体で構成さ
れ、健康づくりと食育推進を目的として設立された「ウエルエージング岸和田推進
協議会」には、漁協も参画している。地域の健康まつり向けに、これまで考案し
た魚食レシピについて、市内の保健センターや市役所健康推進課の窓口等で配
布してもらうことにより、市民に魚食レシピが手渡る機会を増やし、もって魚食普
及、魚介類の消費向上を目指す。また、継続的にレシピの考案に取り組みレシピ
を増やす。この際、漁協が漁業者より魚を買い上げ、レシピを考案するウエル
エージング推進協議会に原材料の無償提供を行うことで、地魚を用いた魚食レシ
ピの増加を目指す。
⑤地元小学校への魚食普及
漁協青年部が主体となり、毎年行っている地元小学校5年生児童の底引き網の漁業体験を通じて、地元の魚を実際に漁獲することで、漁業に対する関心を高め、調理、試食により魚食の普及を努める。

団体情報


JF・団体名 岸和田市漁業協同組合
住所 〒596-0015
大阪府岸和田市地蔵浜町11-1
電話番号 072-422-0638