大阪府|佐野漁港泉佐野地区地域水産業再生委員会

泉佐野漁業協同組合(佐野漁港泉佐野地区)

取組概要 バーベキュー施設「海鮮焼処」の運営強化、競り統合による魚価向上
キーワード 競り統合
再放流
魚活ボックス
販路 域内流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 タコ
ガザミ
ヒラメ
トリ貝
赤貝

浜プランの取組内容

・泉佐野漁業協同組合が管理運営を行う「海鮮焼処」は、“手ぶらで気楽に”をコンセプトに、来場者が佐野漁港で水揚げされる新鮮な魚介類を「青空市場」を通して購入し、「海鮮焼処」で食することができるシステムである。「海鮮焼処」の来場人数の増加が、「青空市場」の水産物の売り上げを伸ばし、ひいては、青空市場の競り参加者が購入する地元水産物の買付量の拡大や競り単価の上昇、漁業者の収入の底上げにつながることを踏まえ、漁協及び漁業者は、「海鮮焼処」への来場者増加策を検討する。
・漁協は、従来、二か所で行われていた競り市の競売を一か所にまとめ、開始時間を早めることで、より魅力ある競り場を確保し、新たな競りの参加者を呼び込む。
競り参加者の人数を増やすことで魚価の引き上げを促し、漁業者の収入を増加させるよう競り場の形態を改善する。
・広域再生委員会の会員である近隣漁協と協力し、競りの統合を検討する。競りの統合に向け既存の施設に加え取扱数が増えても対応できるように施設の改修を行う。
試験的に他漁協の漁獲物を競りにかけ適切な競りの形態を見極める。新たな漁業者の参加により競争力を高めて魚価単価の向上を図る。また規模拡大による市場価値の向上による宣伝効果が望める。また現状では同漁業法において操業時間が違う状態にあるため、広域な範囲での操業ルールの統一により効率的な操業体制を確立し経費削減を図る。
・トリ貝と赤貝が旬の時期の期間中、貝毒により安全性が確保できないため販売できない状況に陥っている。試験的に赤貝を解毒する為の機械を導入し専門機関に検査を依頼し安全性を確保できるものか実験を行う。可能であれば令和元年度中に競りでの販売を目指し漁業収入の向上を図る。年内に可能な限りの魚種の実験を実施し二枚貝全てが販売可能になることを目指し漁業収入の向上を図る。
・異業種との連帯として、平成30年度より倉庫施設の賃貸借契約を結んだ日建リース工業株式会社との連帯を図る。日建リース工業株式会社が開発した魚活ボックスは魚を眠らせることにより一度に輸送できる数量を増加させ、なおかつ鮮度維持に適したものである。競りの仲買人の規程により3年間は個別の会社として直接参加が出来ない為既存の魚屋に協力してもらい泉佐野漁協の魚を取扱い魚価の向上を図る。また新技術導入により大きな宣伝効果を見込める。
・漁協が事業主体となり、大阪湾において比較的高値で取引されるガザミ(ワタリガニ)の資源増大のため、漁業者が一度水揚げした抱卵ガザミを競りでの取引価格より高い金額で漁協が買い上げ、産卵し易くなお且つ再捕獲されにくい海域に放流することにより、ガザミの次世代の資源保護、資源回復、漁業者の収入の向上に繋げる。
・地元水産業の振興を目的に地元漁獲物を主題としたイベントの開催を検討する。
・漁協青年会は、地びき網漁業体験を実施し、地元水産物への興味を持ってもらう。
また、市役所と協力し周辺小学校への地びき網漁業体験実施により地元住人の興味関心や青空市場への買付量の増加を促進させ、魚価単価の向上を図る。
・漁協青年会は、鮮魚等の販売普及事業として、年間十数回大阪府漁業協同組合連合会等の各種イベントに積極的に参加し、地元産の魚介類(泉だこ、ガザミ、ヒラメ、ジャコエビ等)の宣伝・普及を通じて都市住民との地域間交流を図り、知名度アップと需要の喚起に繋げる。
・ふるさと納税を活用し、地びき網体験や魚食普及活動(海鮮焼処)の実施を宣伝し、より多くの人に漁業に興味を示してもらい魚の需要を増やしていく。
・漁協は、魚介類の生息する環境を改善するため、海底耕耘により海底を拡販し土質をやわらげ、底質環境の改善を図ることで生息領域を拡大させ、漁獲量の増加を目指す。
・積極的に小学校の社会見学に協力し競りの見学を行っている。地元小学校から遠方の海に面しない地域の小学校まで多くの学校に競りを見てもらい漁業に興味をもってもらう。「青空市場」に協力してもらい、地元の魚を小学生にも購入しやすい金額(ワンコイン500円程度)で見学者用に魚を販売する事で実際に新鮮な魚を食べてもらい、魚食普及を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

・泉佐野漁業協同組合が管理運営を行う「海鮮焼市場」は、平成26年6月にオープンした施設である。“手ぶらで気楽に”をコンセプトに、来場者が佐野漁港で水揚げされる新鮮な魚介類を青空市場を通して購入し、「海鮮焼市場」で食することが出来るシステムである。「海鮮焼市場」の来場人数の増加が、青空市場の水産物の売り上げを伸ばし、ひいては、青空市場の競り参加者が購入する地元水産物の買付量の拡大や競り単価の上昇、漁業者の収入の底上げに繋がることを踏まえ、漁協及び漁業者は、「海鮮市場」への来場者増加策を検討する。
・漁協は、従来、二か所で行われていた競り市の競売を一か所にまとめ、開始時間を早めることで、より魅力ある競り場を確保し、新たな競りの参加者を呼び込む。競り参加者の人数を増やすことで魚価の引き上げを促し、漁業者の収入を増加させるよう競り市の形態を改善する。
・漁協が事業主体となり、大阪湾において比較的高値で取引されるガザミ(ワタリガニ)の資源増大のため、漁業者が一度水揚げした抱卵ガザミを漁協が買い上げ、再度大阪湾に放流することにより、ガザミの漁獲量の増加と漁業者の経営の安定化を目指す。
・りんくう5漁協は、今年で12回目の開催となる「りんくうタコカーニバル」を引き続き主催し、地域ブランドである「泉だこ」を中心に、地元で獲れる海産物のおいしさを伝え、地元魚介類のファンの拡大を図り、消費拡大と魚食普及に努める。
・漁協青年会は、鮮魚等の販売普及事業として、年間十数回大阪府漁業協同組合連合会等の各種イベントに積極的に参加し、地元産の魚介類(泉だこ、ガザミ、ヒラメ等)の宣伝・普及を通じて都市住民との地域間交流を図り、知名度アップと需要の喚起に繋げる。
・漁協は、魚介類の生息する環境を改善するため、海底耕耘により海底を攪拌し土質をやわらげ、底質環境の改善を図ることで生息領域を拡大させ、漁獲量の増加を目指す。

団体情報


JF・団体名 泉佐野漁業協同組合(佐野漁港泉佐野地区)
住所 〒598-0051
大阪府泉佐野市新町2-5187-101
電話番号 (072)462-3025