大阪府|下荘地区地域水産業再生委員会

下荘漁業協同組合

取組概要 直売施設の活用、アカシタ・タコのブランド化、郷土料理の認知向上
キーワード ワカメ養殖
地産地消
オーナー制度
販路 域内流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 タコ
ワカメ
ハゼ
オコゼ
マコガレイ

浜プランの取組内容

1) 水産資源及び漁場の保全
海底耕耘、種苗放流などを継続して行い、水産資源の管理と漁場の保全を図っていく。
・本地区漁業協同組合(以下「漁協」という。)は、大阪府、漁業協同組合連合会と取り組んでいる小型魚の再放流について、漁業者へ徹底し、資源管理を行う。
・漁協は、大阪府水産試験所と連携しマコガレイ、キジハタ、オニオコゼ、ヒラメなどの種苗放流を行うとともに漁協で購入するガシラの種苗放流を行う。
・漁協は、漁業協同組合連合会が行う海底耕耘作業の実施を協力・推進していく。
2) 漁獲物の付加価値向上及び加工
・冬期安定収入源としてのワカメ養殖業の育成
 ワカメ養殖について、昨年度(26年度)比10%の生産量向上を図る。
 本地区の漁業者が行っている干しワカメなど加工、販売を促進するため、養殖規模の拡大を図るとともに養殖手法について種付け数などの改善を行い、生産量及び収益性の向上を図っていく。
・アカシタ、タコの高付加価値化
 漁協は、アカシタ、タコについて、鮮魚としてのブランド化と併せて加工品(一夜干しなど)の販売を促進するため、日曜市を活用したPRの検討や本地区を消費者へPRしていくブランド名、商品タグなどを設けていく。
・未利用・低利用魚の加工・販売
 漁協は、はぜ、おこぜ、オキサザエなど市場に出回らない地元産食材の加工及び販売、また、地産の食材と調理方法をWEBサイトにて紹介し、情報発信していく。また、定期的に料理教室を開催することや地域(地元魚屋)で地元産の調理方法を伝授するなど情報発信をすすめていく。
3) 地産地消の推進
・直売(日曜市)施設の整備による浜の活性化と所得向上
 漁協は、鮮度の高い地産の魚の周知及び漁獲物の販路拡大のため、直売施設を整備し日曜市の開催を行っていく。また、直売施設を核として市民へ積極的なPR活動を行うことで、水産物の消費拡大を図っていく。
4) 交流活動の推進
・漁協は、魚離れ、海離れした都市住民へ対して、体験漁業やワカメの種付けから収穫、乾燥加工を体験するワカメのオーナー制度を実施し、大阪湾で獲れる魚や育てたワカメに関心を持ち、海や漁師との交流機会をつくることで、当地区の鮮度の高さ、安全性、漁場の保全などを都市住民が理解し、併せて、当地区の鮮魚及び加工食材のPRを兼ねて地産魚、養殖に対する価値の向上を図っていく。
4) 交流活動の推進
・漁協は、魚離れ、海離れした都市住民へ対して、体験漁業やワカメの種付けから収穫、乾燥加工を体験するワカメのオーナー制度を実施し、大阪湾で獲れる魚や育てたワカメに関心を持ち、海や漁師との交流機会をつくることで、当地区の鮮度の高さ、安全性、漁場の保全などを都市住民が理解し、併せて、当地区の鮮魚及び加工食材のPRを兼ねて地産魚、養殖に対する価値の向上を図っていく。
・漁協は、住民やNPO団体並びに市と協力し、海岸清掃や漂着物回収作業を通して自然海岸を守る働きかけを行い、住民の資源保護、環境保護意識を高め、大阪湾で生息する魚並びに地元水産業への理解と価値の向上を図っていく。
・漁協は、料理教室や交流イベント(試食会を含む)を主催し、漁村文化、郷土料理(じゃここうこ、押し寿司など)を広く伝承する機会を設け、市と連携し、市民が地元の水産業を守る意識の醸成や漁師と都市住民との交流を図っていく。
5) 地域水産業・漁村文化の伝承
・漁業就業希望者への研修と育成
 本地区は、主に漁業者の縁故、地元住民からの就業希望者がいるところである。漁協は、近年、漁のノウハウなどについて、きめ細かく3年間の研修を行い、自営できるまで青年漁業者を育成していくことに力を入れてきた。漁協として、若年層を中心に後継者を確保することができてきたことから、きめ細かな研修・育成を継続していく。
・漁村文化の伝承
 漁協が行う漁業体験や食文化(郷土料理・漁師料理など)のPR活動を通して、市と連携し地元の水産業を守る市民意識の醸成、次世代への伝承を図っていく。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1) 水産資源及び漁場の保全
海底耕耘、種苗放流などを継続して行い、水産資源の管理と漁場の保全を図っていく。
・本地区漁業協同組合(以下「漁協」という。)は、大阪府、漁業協同組合連合会と取り組んでいる小型魚の再放流について、漁業者へ徹底し、資源管理を行う。
・漁協は、大阪府水産試験所と連携しマコガレイ、キジハタ、オニオコゼ、ヒラメなどの種苗放流を行うとともに漁協で購入するガシラの種苗放流を行う。
・漁協は、漁業協同組合連合会が行う海底耕耘作業の実施を協力・推進していく。
2) 漁獲物の付加価値向上及び加工
・冬期安定収入源としてのワカメ養殖業の育成
 ワカメ養殖について、昨年度(26年度)比10%の生産量向上を図る。
 本地区の漁業者が行っている干しワカメなど加工、販売を促進するため、養殖規模の拡大を図るとともに養殖手法について種付け数などの改善を行い、生産量及び収益性の向上を図っていく。
・アカシタ、タコの高付加価値化
 漁協は、アカシタ、タコについて、鮮魚としてのブランド化と併せて加工品(一夜干しなど)の販売を促進するため、日曜市を活用したPRの検討や本地区を消費者へPRしていくブランド名、商品タグなどを設けていく。
・未利用・低利用魚の加工・販売
 漁協は、はぜ、おこぜ、オキサザエなど市場に出回らない地元産食材の加工及び販売、また、地産の食材と調理方法をWEBサイトにて紹介し、情報発信していく。また、定期的に料理教室を開催することや地域(地元魚屋)で地元産の調理方法を伝授するなど情報発信をすすめていく。
3) 地産地消の推進
・直売(日曜市)施設の整備による浜の活性化と所得向上
 漁協は、鮮度の高い地産の魚の周知及び漁獲物の販路拡大のため、直売施設を整備し日曜市の開催を行っていく。また、直売施設を核として市民へ積極的なPR活動を行うことで、水産物の消費拡大を図っていく。
4) 交流活動の推進
・漁協は、魚離れ、海離れした都市住民へ対して、体験漁業やワカメの種付けから収穫、乾燥加工を体験するワカメのオーナー制度を実施し、大阪湾で獲れる魚や育てたワカメに関心を持ち、海や漁師との交流機会をつくることで、当地区の鮮度の高さ、安全性、漁場の保全などを都市住民が理解し、併せて、当地区の鮮魚及び加工食材のPRを兼ねて地産魚、養殖に対する価値の向上を図っていく。
4) 交流活動の推進
・漁協は、魚離れ、海離れした都市住民へ対して、体験漁業やワカメの種付けから収穫、乾燥加工を体験するワカメのオーナー制度を実施し、大阪湾で獲れる魚や育てたワカメに関心を持ち、海や漁師との交流機会をつくることで、当地区の鮮度の高さ、安全性、漁場の保全などを都市住民が理解し、併せて、当地区の鮮魚及び加工食材のPRを兼ねて地産魚、養殖に対する価値の向上を図っていく。
・漁協は、住民やNPO団体並びに市と協力し、海岸清掃や漂着物回収作業を通して自然海岸を守る働きかけを行い、住民の資源保護、環境保護意識を高め、大阪湾で生息する魚並びに地元水産業への理解と価値の向上を図っていく。
・漁協は、料理教室や交流イベント(試食会を含む)を主催し、漁村文化、郷土料理(じゃここうこ、押し寿司など)を広く伝承する機会を設け、市と連携し、市民が地元の水産業を守る意識の醸成や漁師と都市住民との交流を図っていく。
5) 地域水産業・漁村文化の伝承
・漁業就業希望者への研修と育成
 本地区は、主に漁業者の縁故、地元住民からの就業希望者がいるところである。漁協は、近年、漁のノウハウなどについて、きめ細かく3年間の研修を行い、自営できるまで青年漁業者を育成していくことに力を入れてきた。漁協として、若年層を中心に後継者を確保することができてきたことから、きめ細かな研修・育成を継続していく。
・漁村文化の伝承
 漁協が行う漁業体験や食文化(郷土料理・漁師料理など)のPR活動を通して、市と連携し地元の水産業を守る市民意識の醸成、次世代への伝承を図っていく。

団体情報


JF・団体名 下荘漁業協同組合
住所 〒599-0232
大阪府阪南市箱作3341
電話番号 072-476-0473