大阪府|岬町水産業再生委員会(淡輪部会)

淡輪漁業協同組合

取組概要 「海の駅」の推進
キーワード 海の駅
魚食普及
販路 その他
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 イカナゴ
シラス
カレイ
タイ
タコ

浜プランの取組内容

① 漁協直売所の実施(海の駅)
漁協は 、販売品の大筋を見極めるよう漁港内で、来場者 を 対象にアンケート等でリサーチする。
② 道の駅で拡販
平成28年度中に営業開始する「道の駅みさき」 の指定管理者が決定 され次第、 漁協は指定管理者と 出荷者の募集、鮮魚活魚の販売について協議する。
また、 加工品の販売について もどういった加工品が最適か漁協で どういった加工品が最適か漁協で漁協で対応し協議する。
③ 魚介類の養殖
漁協は、蓄養水槽を利用し、フグの稚魚 を購入(1匹4円、約 2センチ)3,000 匹を試験的に育成し、販売品とて確立できる か確認する。また 、効率的な出荷時期やフグ加工品の販売につい ても 検証する。
④ 新規就業者への育成
漁協は 組合関連のホームペジで新規就業者を募集するとともに 全国 漁業就者確保 育成センターのホムペジも活用する。
また、地元高校の海洋 専門コースに出向き、素晴らしさを紹介し、新規就業者の確保につなげていく 。
漁協は、 船曳網 、底船曳網、底等雇用者に 対して 新規漁業就者総合支援事業について説明し、新規就業者の新規就業者の 受け皿拡大について指導を行う。
⑤ 地元小学校への魚食普及
漁協は 、町内の3小学校を潮干狩り に無料招待し 、試食用のアサリをお土産に渡し魚食の普及を継続 する 。
数年前より貝の展示品サンプルを大阪府立青少年海 洋センターに 、今後は 大阪湾の魚食普及について 漁協とセンターで議し展示資料を展示してもらう。
⑥ 漁獲物の再放流及び種苗、増殖
全組合員は、資源管理規程にそって漁獲した小魚再放流すると ともに、 補助事業も活用してガシラの稚魚を放流する。
⑦ 漁業 環境の保全事漁業
全組合員は、補助事業も活用して海底耕耘や漁場環境の保全に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 漁協直売所の実施(海の駅)
漁協は 、販売品の大筋を見極めるよう漁港内で、来場者 を 対象にアンケート等でリサーチする。
② 道の駅で拡販
平成28年度中に営業開始する「道の駅みさき」 の指定管理者が決定 され次第、 漁協は指定管理者と 出荷者の募集、鮮魚活魚の販売について協議する。
また、 加工品の販売について もどういった加工品が最適か漁協で どういった加工品が最適か漁協で漁協で対応し協議する。
③ 魚介類の養殖
漁協は、蓄養水槽を利用し、フグの稚魚 を購入(1匹4円、約 2センチ)3,000 匹を試験的に育成し、販売品とて確立できる か確認する。また 、効率的な出荷時期やフグ加工品の販売につい ても 検証する。
④ 新規就業者への育成
漁協は 組合関連のホームペジで新規就業者を募集するとともに 全国 漁業就者確保 育成センターのホムペジも活用する。
また、地元高校の海洋 専門コースに出向き、素晴らしさを紹介し、新規就業者の確保につなげていく 。
漁協は、 船曳網 、底船曳網、底等雇用者に 対して 新規漁業就者総合支援事業について説明し、新規就業者の新規就業者の 受け皿拡大について指導を行う。
⑤ 地元小学校への魚食普及
漁協は 、町内の3小学校を潮干狩り に無料招待し 、試食用のアサリをお土産に渡し魚食の普及を継続 する 。
数年前より貝の展示品サンプルを大阪府立青少年海 洋センターに 、今後は 大阪湾の魚食普及について 漁協とセンターで議し展示資料を展示してもらう。
⑥ 漁獲物の再放流及び種苗、増殖
全組合員は、資源管理規程にそって漁獲した小魚再放流すると ともに、 補助事業も活用してガシラの稚魚を放流する。
⑦ 漁業 環境の保全事漁業
全組合員は、補助事業も活用して海底耕耘や漁場環境の保全に取り組む。

団体情報


JF・団体名 淡輪漁業協同組合
住所 〒599-0301
大阪府泉南郡岬町淡輪4582の地先
電話番号 072-494-3069