大阪府|忠岡地区地域水産業再生委員会

忠岡漁業協同組合

取組概要 「忠岡みなとマーケット」等のイベント強化
キーワード ブランド化
漁場環境保全
直売
販路 その他
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 イカナゴ
シラス
アナゴ
キジハタ
キス

浜プランの取組内容

ア:漁獲物の付加価値向上 について
(ア- ①地魚のブランド化推進
漁協は忠岡漁協の船曳網漁業者の漁獲物を漁獲物を競り場にて買い上げ 、漁協にて加工し商品 (生いかなご、しらす、イカナゴくぎ煮、しらす釜揚げ )に「大阪湾産・忠岡漁港○○丸」のタグシール貼付など によるブランド化の推進を図り 商品としての付加価値を上げる。
(ア-②漁獲物の品質向上推進)
品質向上を図る為、漁業者が船に光電子付与装置 (活水調律器 )を設置し、船上でその水に漬け冷やす事より、 魚の鮮度を保ち新な消費者提供出来る様推進している。
イ:漁獲物の消費拡大について
漁食普及活動を通じた地元水産物のPR を行う。
(イ-① 幼稚園・保育所へのPR)
漁協 は食育推進 のため、月1回程度のイカナゴくぎ煮提供実施に向け、まずは忠岡町と調整していく。
(イ-②料理教室の開催)
漁協及び業者は、文化会館等において、漁師ならではの飯や忠岡町と連携て、 料理講師(プロの 料理人だけではな く、近隣の料理上手なお母さんなど )を招いての忠岡町民を対象とした料理教室の開催により、 漁業文化の継承と漁食普及を 進める。

ウ:漁場環境の保全について
(ウ-①漁場環境の保全活動)
漁業者は海底耕耘や漂流物の清掃など漁場環境保全にかる活動取り組む。
エ:放流事業の推進について
(エ-①稚魚の放流)
漁協並びに業者は、地域の重要な資源維持及び 維持及び 維持及び 増大策として 増大策として、栽培センターの協力を得て、年々減少しつある地魚の稚魚の放流に年に数回取組 んでいく。

オ:漁協販売機能の強化について
(オ-① 「忠岡みなとマーケット」等のイベン強化)
漁協及び業者 は、 毎年 3月~11 月の 毎月第4日曜に実施している直売市場的 な「忠岡みとマーケット」 なの開催を年に1~2回程度に減らし、その代わり規模 を 拡大 するともマグロ解体ショー等のイベント実施、また水産物以外農物等の出品や飲食コーナ新設を実施、魅力あるマーケットとするこ集客力 を高める。 を高める。
その他、近隣イベント行事 (地蔵浜マルシェ等 )にも積極的参加出展し、「忠岡み なとマーケット」のアピールを図りがら、消費者情報やニーズ収集把握に努める。
○販売商品の開発、及び拡充に努める。 (6次化商品の開発含む)
(オ- ②低利用魚の活用 )
漁業者 は、漁獲した水産物中の需要低い市場に出回らず自家消費又は廃棄して 自家消費又は廃棄してい る魚介類を有効利用すため、干物や練りなどに加工し直売施設で販売してけないか、「忠岡みなとマーケット」の集客につなげていけないか考える 。
1年目は、商品開発の調査 研究を行う。
(オ-③ 販売取引先の拡大)
漁協及び漁業者は、需要の拡大ため、加工販売 (イカナゴ、しらす穴子)の取引先 の拡大に努める。

カ:漁業者の育成と後継について
(カ-①漁業就労者の促進取組)
年に1~ 2回にする 事より、規模を大きくし開催する忠岡みなとマーケットにおい て、 漁協及び業者は自治体とも協力して「漁業体験イベン ト」「関西空港見学ツアー」「大阪湾クルーズ」などを計画し、 漁業 や漁船の魅力をアピールすることにより漁業就労者の促進に努める 。
・漁協は地元や近隣域の中学校から職業体験小写生会などを積極 的に受入れ、漁業及び港を知ってもらう興味持えるよ努める。
・漁協は、計画的で効率の良い漁業経営と適切な資源管理を行うこがきる後 継者を育てるため、漁業者が様々な分野の研修に参加できる体制を構築する。
・漁協は、新たに家の後継者候補対する研修等を実施し規就業確保に努める。

キ:取組の宣伝広告について
(キ-①宣伝広告について)
漁協及び 漁業者 は、水産業を知って貰う為の 宣伝広告のため に、さまざな統計資 、料を徴取し、どのような宣伝広告方法が効果的か検証実施案により実施する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

ア:漁獲物の付加価値向上 について
(ア- ①地魚のブランド化推進
漁協は忠岡漁協の船曳網漁業者の漁獲物を漁獲物を競り場にて買い上げ 、漁協にて加工し商品 (生いかなご、しらす、イカナゴくぎ煮、しらす釜揚げ )に「大阪湾産・忠岡漁港○○丸」のタグシール貼付など によるブランド化の推進を図り 商品としての付加価値を上げる。
(ア-②漁獲物の品質向上推進)
品質向上を図る為、漁業者が船に光電子付与装置 (活水調律器 )を設置し、船上でその水に漬け冷やす事より、 魚の鮮度を保ち新な消費者提供出来る様推進している。
イ:漁獲物の消費拡大について
漁食普及活動を通じた地元水産物のPR を行う。
(イ-① 幼稚園・保育所へのPR)
漁協 は食育推進 のため、月1回程度のイカナゴくぎ煮提供実施に向け、まずは忠岡町と調整していく。
(イ-②料理教室の開催)
漁協及び業者は、文化会館等において、漁師ならではの飯や忠岡町と連携て、 料理講師(プロの 料理人だけではな く、近隣の料理上手なお母さんなど )を招いての忠岡町民を対象とした料理教室の開催により、 漁業文化の継承と漁食普及を 進める。

ウ:漁場環境の保全について
(ウ-①漁場環境の保全活動)
漁業者は海底耕耘や漂流物の清掃など漁場環境保全にかる活動取り組む。
エ:放流事業の推進について
(エ-①稚魚の放流)
漁協並びに業者は、地域の重要な資源維持及び 維持及び 維持及び 増大策として 増大策として、栽培センターの協力を得て、年々減少しつある地魚の稚魚の放流に年に数回取組 んでいく。

オ:漁協販売機能の強化について
(オ-① 「忠岡みなとマーケット」等のイベン強化)
漁協及び業者 は、 毎年 3月~11 月の 毎月第4日曜に実施している直売市場的 な「忠岡みとマーケット」 なの開催を年に1~2回程度に減らし、その代わり規模 を 拡大 するともマグロ解体ショー等のイベント実施、また水産物以外農物等の出品や飲食コーナ新設を実施、魅力あるマーケットとするこ集客力 を高める。 を高める。
その他、近隣イベント行事 (地蔵浜マルシェ等 )にも積極的参加出展し、「忠岡み なとマーケット」のアピールを図りがら、消費者情報やニーズ収集把握に努める。
○販売商品の開発、及び拡充に努める。 (6次化商品の開発含む)
(オ- ②低利用魚の活用 )
漁業者 は、漁獲した水産物中の需要低い市場に出回らず自家消費又は廃棄して 自家消費又は廃棄してい る魚介類を有効利用すため、干物や練りなどに加工し直売施設で販売してけないか、「忠岡みなとマーケット」の集客につなげていけないか考える 。
1年目は、商品開発の調査 研究を行う。
(オ-③ 販売取引先の拡大)
漁協及び漁業者は、需要の拡大ため、加工販売 (イカナゴ、しらす穴子)の取引先 の拡大に努める。

カ:漁業者の育成と後継について
(カ-①漁業就労者の促進取組)
年に1~ 2回にする 事より、規模を大きくし開催する忠岡みなとマーケットにおい て、 漁協及び業者は自治体とも協力して「漁業体験イベン ト」「関西空港見学ツアー」「大阪湾クルーズ」などを計画し、 漁業 や漁船の魅力をアピールすることにより漁業就労者の促進に努める 。
・漁協は地元や近隣域の中学校から職業体験小写生会などを積極 的に受入れ、漁業及び港を知ってもらう興味持えるよ努める。
・漁協は、計画的で効率の良い漁業経営と適切な資源管理を行うこがきる後 継者を育てるため、漁業者が様々な分野の研修に参加できる体制を構築する。
・漁協は、新たに家の後継者候補対する研修等を実施し規就業確保に努める。

キ:取組の宣伝広告について
(キ-①宣伝広告について)
漁協及び 漁業者 は、水産業を知って貰う為の 宣伝広告のため に、さまざな統計資 、料を徴取し、どのような宣伝広告方法が効果的か検証実施案により実施する。

団体情報


JF・団体名 忠岡漁業協同組合
住所 〒595-0814
大阪府泉北郡忠岡町新浜1-8-11
電話番号 0725-32-0459