兵庫県|兵庫県地域水産業再生委員会東播磨部会

東播磨漁業協同組合

取組概要 ノリ養殖の良品生産拡大、ワカメ養殖の新規実施
キーワード 異物混入対策
知名度向上
藻場造成
販路 域外流通
取組タイプ 安全・衛生管理
魚種 ノリ
ワカメ
アサリ
タコ
カレイ

浜プランの取組内容

1 ノリ養殖生産額の増大とわかめ養殖生産量の増大
・ノリ養殖業者8名は、破れ製品や異物混入等の不良品削減や製品の生菌数削減のため、日々の生産開始時のノリ原藻洗浄機器への通水を十分に行い、残存しているノリの破片や異物の洗浄を徹底するとともに、異物混入対策点検表の記載を徹底し、良品生産の拡大による生産額の増大を図る。
・ひき縄・一本釣漁業者は、新たな収入確保に向け、ノリ養殖の技術が活用でき、種苗の確保や設備投資が比較的容易で安定的な収入が見込める、わかめ等の養殖業に参加。(当地域における育成期間や養殖密度、参加人数等を検討する)
・ノリ養殖業者は、加古川産海苔『海苔香~のりか』が、平成25 年度の五つ星ひょうご(ひょうご五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の豊かな自然や歴史・文化を生かした商品のうち、“地域らしさ”と“創意工夫”とを兼ね備え逸品を、統一ブランド名「五つ星ひょうご」として全国に発信するもので公益社団法人兵庫県物産協会が主催)に選ばれたことを契機に、ひょうごふるさと館での展示・販売及びネット販売に取組み、加古川産海苔の知名度向上、消費拡大を図る。
2 地元水産物の消費増大
・漁業者が、地元消費を増加させるため、近隣の集客施設や商業施設で地元水産物の販売について検討する。
3 漁場環境の保全と資源量の増大
・漁業者14 名が参加して海底耕耘、二枚貝(アサリ)の放流、ツメタ貝などの外敵駆除などの漁場環境の保全活動を実施し、二枚貝(アサリ)資源の増大を図る。
・漁業者14 名が参加して藻場を造成し、水産資源の増大を図る。
・漁業者8 名が、ため池関係者と連携して、ため池に堆積した栄養豊かな泥を漁場へ供給するかいぼり(ため池の底掃除)作業等により栄養塩低下を抑え、海苔の生産量及び生産額の増大を図る。
4 ノリ養殖に係る広域の取り組み(県漁連)
・兵庫県漁連は、ノリの色落ちなどの養殖リスクを極力軽減できるよう、県下の養殖海域の環境情報を調査し漁業者等に迅速に情報提供を行うため、環境観測装置を整備する。
・また、県下のノリ養殖を支えている兵庫県漁連の種培養施設、ノリ網への種付け作業に必要な施設、機器の整備を検討し、ノリ養殖の安定化、高品質化等を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①ノリ養殖生産量の増大と他の養殖業の実施
・ノリ養殖業者9名は、破れ製品や異物混入等の不良品削減や製品の生菌数削減のため、日々の生産開始時のノリ原藻洗浄機器への通水を十分に行い、残存しているノリの破片や異物の洗浄を徹底するとともに、異物混入対策点検表の記載を徹底し、良品生産の拡大による生産額の増大を図る。
・ノリ養殖業者9名は、生産者の減少により空いたノリ漁場の有効利用を図るため、養殖柵数の増加について検討する。
・ひき縄・一本釣漁業者は、新たな収入源確保に向け、ノリ養殖の技術が活用でき、種苗の確保や設備投資が比較的容易で安定的な収入が見込めるわかめ等新たな養殖業に関して、当地域における育成期間や養殖密度、参加人数等に関する検討を行う。
・ノリ養殖業者は、加古川産海苔『海苔香~のりか』が、平成25年度の五つ星ひょうご(ひょうご五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の豊かな自然や歴史・文化を生かした商品のうち、“地域らしさ”と“創意工夫”とを兼ね備えた逸品を、統一ブランド名「五つ星ひょうご」として全国に発信するもので公益社団法人兵庫県物産協会が主催)に選ばれたことを契機に、ひょうごふるさと館での展示・販売及びネット販売等に取り組み、加古川産海苔の知名度向上、消費拡大を図る。
②漁場環境の保全と資源量の増大
・漁業者14名が参加して海底耕耘、二枚貝(アサリ)の放流、ツメタガイなどの外敵駆除などの漁場環境の保全活動を実施し、二枚貝(アサリ)資源の増大を図る。
・漁業者14名が参加して稚魚の保護礁を設置し、水産資源の増大を図る。
・漁業者8名がため池関係者と連携して、ため池に堆積した栄養豊かな泥を漁場へ供給するかいぼり(ため池の底掃除)作業等により栄養塩低下を抑え、そして栄養塩を供給することで海苔の生産量および生産額の増大を図る。

団体情報


JF・団体名 東播磨漁業協同組合
住所 〒675-0023
兵庫県加古川市尾上町池田2133-1
電話番号 079-420-3738