和歌山県|串本地区地域水産業再生委員会

和歌山東漁業協同組合(串本地区)

取組概要 串本産養殖マグロやカツオ(しょらさんカツオ)びPR
キーワード 加工品開発
PR活動
販路 その他
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 イセエビ
アワビ
トコブシ
ヒジキ
クロマグロ

浜プランの取組内容

1、イセエビ刺網漁業者、採藻漁業者、採貝漁業者及びひき縄漁業者は、資源管理計画等に基づく休漁日の遵守による資源保護に取組む。
 また、資源管理計画以外にも各浜の現状に沿った資源保護を目的として、漁協は各支所で、漁業種類ごとに会議を開き漁期の短縮等を検討していく。
2、全漁業経営体が各支所で開催する雑海藻駆除活動や漁場および海岸の清掃活動に参加し漁場保全と管理体制の強化をはかる。
 また、町及び漁協によるイセエビ等の種苗放流、ヒロメやテングサの母藻設置事業を推進することで資源の維持・増大に取組む。漁協は商品価値の低い小型イセエビをストックし、漁業者が地域内のイセエビ漁場に再放流を行う。
藻を挟み込んだものを海底に設置するなどの藻場造成を実施する。
 さらに、漁協は、民間業者に移植した藻類の生育調査等を実施し、専門的な知見を得ながら管理体制や資源保護を検討していく。
3、串本地区に漁協も出資し設立した新会社について、その会社の運営についての基本方針を下記のように定め推進していく。
・シイラや小型のカツオ等の未利用魚を加工した新商品の検討。
・養殖クロマグロの加工品開発、内臓等の未利用部位を使用した商品開発の検討。
・現在、釜揚げヒジキを関東地区に卸しているが、その流通網を活用した流通展開を検討。流通の推進に全漁業者で取組む。
4、全漁業経営体が施氷の徹底による鮮度保持向上への取組み強化を図るため、漁業者や仲買人に聞き取り調査を実施する。現状角氷のみの使用であるが、よりよい鮮度保持方法を検討する。
5、全漁業経営体が活〆の実施による鮮度保持の向上に取組むため、漁協は活け〆の技術を持っている講師を招聘し、講習会の開催を検討する。
6、串本町水産振興会(漁協、観光協会、商工会、町で構成)は、県内外のイベント等において串本産養殖マグロやカツオ(しょらさんカツオ)をはじめとした
水産物を広くPRし、串本産水産物の広報活動を実施する。
 また、現在年1回開催している朝市に地元のみならず観光客の呼び込みを行うべく、朝市の規模拡大等を検討する。
7、和歌山東漁業協同組合が担い手の確保につとめ、漁業収支の向上を図るため、補助事業を継続活用すると共に、フェイスブック等のSNSを活用し、漁業研修や空き屋などの情報発信を検討する。
8、現状2機ある表層型浮き魚礁を更に1機増設する。浮き魚礁管理組合において、利用時間帯や遊漁者への対応等、浮き魚礁にかかるルールづくりを確立させる。 漁業者は、積極活用による水揚高の向上を目指す。(表層型浮き魚礁は県が設置。平成24年度から29年度にかけて6基設置)


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1、イセエビ刺網漁業者、採藻漁業者、採貝漁業者及びひき縄漁業者は、資源管理計画等に基づく休漁日の遵守による資源保護に取組む。
 また、資源管理計画以外にも各浜の現状に沿った資源保護を目的として、漁協は各支所で、漁業種類ごとに会議を開き漁期の短縮等を検討していく。
2、全漁業経営体が各支所で開催する雑海藻駆除活動や漁場および海岸の清掃活動に参加し漁場保全と管理体制の強化をはかる。
 また、町及び漁協によるイセエビ等の種苗放流、ヒロメやテングサの母藻設置事業を推進することで資源の維持・増大に取組む。漁協は商品価値の低い小型イセエビをストックし、漁業者が地域内のイセエビ漁場に再放流を行う。
藻を挟み込んだものを海底に設置するなどの藻場造成を実施する。
 さらに、漁協は、民間業者に移植した藻類の生育調査等を実施し、専門的な知見を得ながら管理体制や資源保護を検討していく。
3、串本地区に漁協も出資し設立した新会社について、その会社の運営についての基本方針を下記のように定め推進していく。
・シイラや小型のカツオ等の未利用魚を加工した新商品の検討。
・養殖クロマグロの加工品開発、内臓等の未利用部位を使用した商品開発の検討。
・現在、釜揚げヒジキを関東地区に卸しているが、その流通網を活用した流通展開を検討。流通の推進に全漁業者で取組む。
4、全漁業経営体が施氷の徹底による鮮度保持向上への取組み強化を図るため、漁業者や仲買人に聞き取り調査を実施する。現状角氷のみの使用であるが、よりよい鮮度保持方法を検討する。
5、全漁業経営体が活〆の実施による鮮度保持の向上に取組むため、漁協は活け〆の技術を持っている講師を招聘し、講習会の開催を検討する。
6、串本町水産振興会(漁協、観光協会、商工会、町で構成)は、県内外のイベント等において串本産養殖マグロやカツオ(しょらさんカツオ)をはじめとした
水産物を広くPRし、串本産水産物の広報活動を実施する。
 また、現在年1回開催している朝市に地元のみならず観光客の呼び込みを行うべく、朝市の規模拡大等を検討する。
7、和歌山東漁業協同組合が担い手の確保につとめ、漁業収支の向上を図るため、補助事業を継続活用すると共に、フェイスブック等のSNSを活用し、漁業研修や空き屋などの情報発信を検討する。
8、現状2機ある表層型浮き魚礁を更に1機増設する。浮き魚礁管理組合において、利用時間帯や遊漁者への対応等、浮き魚礁にかかるルールづくりを確立させる。 漁業者は、積極活用による水揚高の向上を目指す。(表層型浮き魚礁は県が設置。平成24年度から29年度にかけて6基設置)

団体情報


JF・団体名 和歌山東漁業協同組合(串本地区)
住所 〒649-3503
和歌山県東牟婁郡串本町串本1884
電話番号 0735-62-0080