和歌山県|和歌浦地区地域水産業再生委員会

和歌浦漁業協同組合

取組概要 「しらすまつり」の開催、地産地消活動
キーワード PR活動
資源増大
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 シラス
アサリ
アワビ

浜プランの取組内容

○販路拡大・付加価値の向上および消費拡大
・漁業者は、「おっとっと広場」においてしらす等を直売することで所得向上、高付加価値化に努める。また、組合及び船曳網漁業者は旅行会社等と連携して漁港に集客し、直売をより効果的に行う。
・漁業者は、和歌浦港で年2回大規模に開催される「しらすまつり」において、生しらすの天ぷら、しらす丼等を販売することで「わかしらす」をPRし、イメージの定着、向上を図る。
・船曳網漁業者は、適切な施氷による鮮度の保持を行い、安全・安心・新鮮な水産物の消費者への提供に努める。
・組合は、女性部や青壮年部が中心となって県内外の学生に対し水産教室や魚食普及活動を実施する。また、和歌浦干潟において地元小学生に対しアサリ復活の取組および干潟環境の学習を実施する。
・漁業者は、「おっとっと広場」において「漁師めし」のふるまいなどを通して、地産地消を推進するとともに低価格魚の付加価値向上を図る。
○水産資源の維持・増大
・船曳網漁業者は、定期休漁日など定めた資源管理計画の実践を行う。また、船曳網漁業団体の自主的ルールとして決められる曳網終了時間、春漁の解禁日設定を遵守することで資源に配慮した操業を行う。
・採貝藻漁業者は、県栽培漁業センターよりアワビ種苗を購入し、適地に放流することで資源の増大を図る。
・漁業者は市により整備される和歌浦港地先の藻類・磯根魚類等の増殖場を自主的に保護することにより水産資源の増大に取り組む。
○アサリの復活
・漁業者は若手の漁業者を中心として、和歌浦干潟におけるアサリの観光潮干狩りの復活を目標に、干潟各所に稚貝採苗ネットを設置し、稚貝採集適地探索を行う。またツメタガイ、エイ類等の食害生物の駆除を実施し、資源増大に努める。
○就業者対策
・主として船曳網漁業者は、和歌浦地区外から受け入れた新規就業者に対し、シラス加工業や他の漁業との兼業に対して指導を行うとともに、和歌浦干潟のアサリ再生に係る取組に従事させ、若年層の漁業者育成と収入増加を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○販路拡大・付加価値の向上および消費拡大
・漁業者は、「おっとっと広場」においてしらす等を直売することで所得向上、高付加価値化に努める。また、組合及び船曳網漁業者は旅行会社等と連携して漁港に集客し、直売をより効果的に行う。
・漁業者は、和歌浦港で年2回大規模に開催される「しらすまつり」において、生しらすの天ぷら、しらす丼等を販売することで「わかしらす」をPRし、イメージの定着、向上を図る。
・船曳網漁業者は、適切な施氷による鮮度の保持を行い、安全・安心・新鮮な水産物の消費者への提供に努める。
・組合は、女性部や青壮年部が中心となって県内外の学生に対し水産教室や魚食普及活動を実施する。また、和歌浦干潟において地元小学生に対しアサリ復活の取組および干潟環境の学習を実施する。
・漁業者は、「おっとっと広場」において「漁師めし」のふるまいなどを通して、地産地消を推進するとともに低価格魚の付加価値向上を図る。
○水産資源の維持・増大
・船曳網漁業者は、定期休漁日など定めた資源管理計画の実践を行う。また、船曳網漁業団体の自主的ルールとして決められる曳網終了時間、春漁の解禁日設定を遵守することで資源に配慮した操業を行う。
・採貝藻漁業者は、県栽培漁業センターよりアワビ種苗を購入し、適地に放流することで資源の増大を図る。
・漁業者は市により整備される和歌浦港地先の藻類・磯根魚類等の増殖場を自主的に保護することにより水産資源の増大に取り組む。
○アサリの復活
・漁業者は若手の漁業者を中心として、和歌浦干潟におけるアサリの観光潮干狩りの復活を目標に、干潟各所に稚貝採苗ネットを設置し、稚貝採集適地探索を行う。またツメタガイ、エイ類等の食害生物の駆除を実施し、資源増大に努める。
○就業者対策
・主として船曳網漁業者は、和歌浦地区外から受け入れた新規就業者に対し、シラス加工業や他の漁業との兼業に対して指導を行うとともに、和歌浦干潟のアサリ再生に係る取組に従事させ、若年層の漁業者育成と収入増加を図る。

団体情報


JF・団体名 和歌浦漁業協同組合
住所 〒641-0023
和歌山県和歌山市新和歌浦4-12
電話番号 073-445-1621