和歌山県|加太地区地域水産業再生委員会

加太漁業協同組合

取組概要 首都圏や「海のない地域」への販路拡大、鮮魚の活け締め販売
キーワード 販路拡大
加工品開発
SNS利用
販路 域外流通
取組タイプ 新商品開発
魚種 マダイ
マダコ

浜プランの取組内容

○販路拡大・付加価値の向上および消費拡大
①近畿圏以外への販路拡大と新規の販路開拓
 現在、水揚された魚介類は漁港内の市場で競りが行われ、主に京阪神地域に流通している。そこで、漁協は加太鮮魚あるいは仲買人を通じて、有利な販売が期待できる首都圏や「海のない地域」への販路拡大を検討するとともに、冷凍加工機器等の導入を検討し、より遠方への出荷を目指す。また漁協及び加太鮮魚は地域振興施設(道の駅など)への販路開拓を検討し、積極的に営業活動を行う。
②新しい加工品の開発
 現在、漁協及び加太鮮魚は、天然ワカメと少量の安価な魚(開き)の加工品を作成、販売する。また漁協及び加太鮮魚は、加工品の品目を拡充し販路拡大を目指し検討する。特に海藻類の品目増や生魚の真空パック・急速冷凍を検討し、高鮮度、高付加価値化を図る。
③定期的な直販(昼市)の開催
 漁協は、毎月第一土曜日(毎年1月は除く)に「昼市」を開催するほか、観光協会等とタイアップし、春に「桜鯛祭り」、秋に「紅葉鯛祭り」を開催し、マダイをはじめとする鮮魚をその場で活け締め販売し、高鮮度かつ割安で購入できるとあって好評である。そこで漁協は、市や県と連携のうえ、ポスターやホームページ等を活用し、さらなる集客に努めるほか、県内旅行会社等に情報提供を行い、観光ツアーの一部に組み込んでもらうよう検討する。
④ブランド価値の向上
 漁協及び漁業者は、ブランド価値向上のため、「プレミア和歌山」の認定を更新するとともに、地元内外の飲食店等に積極的にPRし、消費拡大を図る。また、マスコミやSNS等を用いたPRを行うとともに地元鉄道会社と連携したPRも行う。
⑤魚食普及、地産地消の推進及び後継者、中核的漁業者の育成
 漁協は、女性部や青壮年部が中心となって地元学生や一般消費者に対し水産教室や魚食普及活動を実施し、地産地消の推進や将来の後継者の育成、中核的漁業者の育成を図る。
○水産資源の維持・増大
①魚礁の設置、投石等による藻場造成
 和歌山市は、漁協、国及び県の協力の下、築いそ漁業権内に魚礁を設置し、漁業資源の造成及び持続的利用を推進している。そこで既存魚礁での資源定着状況などを検証し、藻場造成や幼魚育成も含めた魚礁や投石の投入を検討する。
②魚類、貝類など漁獲対象魚種の種苗放流
 漁協及び漁業者は、和歌山市及び県栽培漁業センター等の協力の下、マダイやアワビ類の種苗を放流する。またマダコやキジハタといった高単価魚種の種苗放流を検討し、種苗が入手できれば試験放流して効果を検証し、効果的な栽培漁業を推進する。
③密漁防止、資源の持続的利用等のための指導事業の推進
 漁業者は種苗放流や休漁日設定等により資源の持続的利用を図っているが、悪質な遊漁や密漁などが散見されるため、漁協は監視船の運用や県、海上保安庁など関係機関と連携し、密漁防止、遊漁マナー及び資源の持続的利用の啓発を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○販路拡大・付加価値の向上および消費拡大
①近畿圏以外への販路拡大と新規の販路開拓
 現在、水揚された魚介類は漁港内の市場で競りが行われ、主に京阪神地域に流通している。そこで、漁協は加太鮮魚あるいは仲買人を通じて、有利な販売が期待できる首都圏や「海のない地域」への販路拡大を検討するとともに、冷凍加工機器等の導入を検討し、より遠方への出荷を目指す。また漁協及び加太鮮魚は地域振興施設(道の駅など)への販路開拓を検討し、積極的に営業活動を行う。
②新しい加工品の開発
 現在、漁協及び加太鮮魚は、天然ワカメと少量の安価な魚(開き)の加工品を作成、販売する。また漁協及び加太鮮魚は、加工品の品目を拡充し販路拡大を目指し検討する。特に海藻類の品目増や生魚の真空パック・急速冷凍を検討し、高鮮度、高付加価値化を図る。
③定期的な直販(昼市)の開催
 漁協は、毎月第一土曜日(毎年1月は除く)に「昼市」を開催するほか、観光協会等とタイアップし、春に「桜鯛祭り」、秋に「紅葉鯛祭り」を開催し、マダイをはじめとする鮮魚をその場で活け締め販売し、高鮮度かつ割安で購入できるとあって好評である。そこで漁協は、市や県と連携のうえ、ポスターやホームページ等を活用し、さらなる集客に努めるほか、県内旅行会社等に情報提供を行い、観光ツアーの一部に組み込んでもらうよう検討する。
④ブランド価値の向上
 漁協及び漁業者は、ブランド価値向上のため、「プレミア和歌山」の認定を更新するとともに、地元内外の飲食店等に積極的にPRし、消費拡大を図る。また、マスコミやSNS等を用いたPRを行うとともに地元鉄道会社と連携したPRも行う。
⑤魚食普及、地産地消の推進及び後継者、中核的漁業者の育成
 漁協は、女性部や青壮年部が中心となって地元学生や一般消費者に対し水産教室や魚食普及活動を実施し、地産地消の推進や将来の後継者の育成、中核的漁業者の育成を図る。
○水産資源の維持・増大
①魚礁の設置、投石等による藻場造成
 和歌山市は、漁協、国及び県の協力の下、築いそ漁業権内に魚礁を設置し、漁業資源の造成及び持続的利用を推進している。そこで既存魚礁での資源定着状況などを検証し、藻場造成や幼魚育成も含めた魚礁や投石の投入を検討する。
②魚類、貝類など漁獲対象魚種の種苗放流
 漁協及び漁業者は、和歌山市及び県栽培漁業センター等の協力の下、マダイやアワビ類の種苗を放流する。またマダコやキジハタといった高単価魚種の種苗放流を検討し、種苗が入手できれば試験放流して効果を検証し、効果的な栽培漁業を推進する。
③密漁防止、資源の持続的利用等のための指導事業の推進
 漁業者は種苗放流や休漁日設定等により資源の持続的利用を図っているが、悪質な遊漁や密漁などが散見されるため、漁協は監視船の運用や県、海上保安庁など関係機関と連携し、密漁防止、遊漁マナー及び資源の持続的利用の啓発を図る。

団体情報


JF・団体名 加太漁業協同組合
住所 〒640-0103
和歌山県和歌山市加太1271-2先無番地
電話番号 073-459-0062