島根県|隠岐海士地区地域水産業再生委員会

海士町漁業協同組合

取組概要 CAS凍結による郷土料理の商品化、国内外への販売促進
キーワード 加工品開発
活〆クエ
養殖筏の増設
販路 域外流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 シロイカ
イワガキ
スルメイカ
ワカメ
クエ

浜プランの取組内容

【貝類(イワガキ)養殖の生産基盤の強化と桁引き支援】
① 種苗生産
・町営種苗生産施設(H30 整備)において安定的な種苗生産に取り組む。
・現在、餌料の多くを外部購入に依存しているため自前で餌料生産(濃縮餌料含む)してコスト削減に取り組むための餌料培養室を整備する。
・新規採用及び、経験者の中途採用を行い種苗生産の担い手を育てる。
② 養殖管理
・出荷数量を増やすため新たな作業保管施設等を整備(設計)する。
・自動磨き機等の作業効率化及び人手不足解消のための機器を開発する。
・漁業就業者フェア等による新規生産者等の確保と育成に努める。
③ 営業販売
・既存の取引先への営業と増産に伴う新規取引先の開拓に努める。
・計画的増産の数量に応じて商社や、仲買等と連携した海外輸出を促進する。
【定置網漁業の再構築】
・他産地の定置網漁業の優良事例を学習し、良いところは積極的に取り入れていくことを検討していく。
・定置網の運動場の交換用網がないため引き上げて網洗浄と修理をするとしばらく漁ができなくなることから、交換用の網を導入する方法を検討する。
・近隣地区で大漁に獲れた魚の魚価が低くなるのは当然であるが、さらに隠岐海士地区の漁獲物は離島のため1 日遅れて本土の市場にあがるため魚価が低くなり、出荷経費(箱代、氷代、手数料、陸海輸送費等)を差し引くと利益がほとんどでなくなくなることから、干物等に加工して出荷することで出荷経費を減少させることができないか検討する。
【採介藻への支援】
・中堅年代の漁業者グループが復活させた天然及び養殖ワカメの塩蔵・板加工作業を効率化し一人当たりの取扱量を増やすための機器などの導入を検討する。
・現在は本土の加工会社への出荷が主であるが、大型スーパー等への直接出荷等の新たな販路を開拓する。
・アワビ稚貝放流について、ダイバーによる丁寧な放流を実施するとともに、放流したアワビがどの程度確認できるか追跡調査を実施する。
・ヒオウギガイの種苗は県外から購入しているが、コスト削減のため自前による天然採苗ができないか検証する。
【延 縄】
・クエ縄漁は数年前より対馬を手本としてはじめた。1 尾数十キロのクエを漁獲し活〆で出荷してきた。その活〆の出荷調整用の生け簀を整備・充実していく。
・活〆クエの多くは関西の市場へ出荷しているが、出荷先の市場との連携を強化し、より鮮度の良い活〆や梱包時の見せ方について話し合い魚価の向上を図る。
【一本釣とイカ釣り】
・魚価の良いシロイカ漁やヨコワ釣りを主とした漁業者を新規漁業就業者支援事業等により研修生として育成しても、独立時に多額の設備投資が必要であるためスムーズに独立しがたい。そこで行政が中古の漁業研修船を貸し出しスムーズな独立支援を実施する。
【CAS凍結加工品】
・海士町の食材と海士町の食文化をヒントにした商品開発及び国内外への販路拡大を進める。
具体的には、海士町「島風便」のブランド名で販売しているCAS凍結商品について、食材(魚介類)だけでなく、それらを用いた海士町に伝わる郷土料理(総菜)をCAS凍結したものも商品化して販売するとともに、海士町の名前を全国にPRしていく。
販路拡大については、国内は主力3品(シロイカ、イワガキ、シマメ)等の外食向け販売を一層強化する。国外は商社を介して中国を主体とする東アジア、中東、米国向けシロイカ、イワガキの販売促進に取り組む。
【全ての漁業】
・漁業者の高齢化、及び担い手不足対策として新規漁業就業者支援事業等を活用する。
・海士町で獲れた魚介類を活用し付加価値をつけた缶詰・干物等の土産物の開発・販売に取り組む。
・海士町給食センターと連携して給食用の魚介類加工を実施する。
・漁師及び地区住民を交えた海岸清掃(漂着ごみ含)を実施する。
・漁民が安全安心な漁業経営を営むため町による漁港・港湾施設整備を実施し、施設の老朽化対策を行いつつ適正に維持管理をする。
・離島のハンディ軽減のための海上輸送費支援を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【離島のハンディの克服】
①鮮度維持等手法の確立と輸送コスト削減
具体施策:鮮魚の活締め手法確立、活魚手法の確立、築地出荷実証実験
【基幹漁業の成長戦略】
①地産地消の推進
具体施策:水産加工品販促活動、海士の魚図鑑作成調査、魚食推進活動
②いわがき養殖業の推進
具体施策:販促活動、先進事例調査、いわがき食害対策調査、いわがき養殖生産性向上機器開発検討
③水産加工品の販売促進
具体施策:CAS凍結商品販売促進活動、CAS凍結センター改修工事
④定置網漁業の再構築
【新漁業の研究開発】
①有用海藻の養殖実証実験
具体施策:海藻ミル養殖実証実験、ウッブルイノリ養殖実証実験
②未利用海藻の有用化
【水産資源の増養殖と管理・保全】
①地域資源の効果的な増殖方法の実現
具体施策:サザエ・ナマコ・アワビ用の築いそ等魚礁整備、モニタリング調査、先進事例調査、種苗放流
②環境保全体制の強化
具体施策:海中環境調査、海岸清掃
③新素材を活かした魚礁の検討
【担い手育成と魅力ある漁村づくり】
①新規就業者への支援
具体施策:」長期漁業研修、漁業研修船の整備・貸し出し
②環境保全体系の強化(再掲)
具体施策:海中環境調査、海岸清掃
③漁港施設及び漁業集落の基盤整備・防災減災対策
具体施策:港湾物揚場、岸壁整備、臨港交通施設整備、漁港機能保全計画に基づく老朽化対策の実施

団体情報


JF・団体名 海士町漁業協同組合
住所 〒684-0404
島根県隠岐郡海士町大字福井776-17
電話番号 08514-2-1333