島根県|穴道湖流域地域水産業再生委員会

宍道湖漁業協同組合

取組概要 シジミの資源管理、規格統一、域内外での消費拡大
キーワード 資源管理
イベント
販路 域外流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 スズキ
モロゲエビ
ウナギ
ワカサギ
シラウオ

浜プランの取組内容

シジミ漁業者は、シジミ操業に関する規制を遵守し、島根県水産技
術センターによる資源量結果を基に資源の状況を確認して、資源維持
と安定供給の両立を図る。また、湖内に約4k㎡の禁漁区設定や採苗
による約500万個の稚貝を採取・放流及び種苗生産した幼生稚貝・
約1億個を放流し、資源量増大の取組を積極的に実施する。
② シジミ漁業者が目とばしジョレンや小型マンガを使用し、人力によ
る藻類の除去や沈水植物の間引きを行い、年間約50トンの湖底ゴミ
を除去する。また、シジミ漁業者は、大型マンガや噴流式ポンプによ
る湖底耕うん作業を継続的に実施し、生息環境の維持・改善に努める。
また、漁協は、松江市が所有する水草回収船を借用して効果を検証し、
藻類、沈水植物の除去や湖底耕うん等が可能な多用途作業船の開発を
検討する。
③ 漁協とシジミ漁業者は、シジミの安定漁獲の課題である冬季の漁獲
量減少について、特に手掻き操業における漁獲減少割合が大きいこと
から、経費削減と安定漁獲を図るため、噴流ポンプ式操業のデモ機作
製や実証によって機械導入を推進する。
また、シジミ漁業者は、シジミ掻網目及び選別機目合の統一・拡大
による規格を徹底することで、単価向上を図る。
④ 漁協は共同出荷体制の確立に向け、現状・課題の整理や具体案を取
りまとめ、組合員及び仲買業者への周知を図ることで、推進体制を構
築する。
⑤ 漁協は、シジミPR推進チームを中心として積極的にイベントに参
加し、地域における消費拡大と都会消費地への消費拡大に努める。ま
た、漁協青年部が中心となって、小学生を対象としたシジミ漁体験を
実施し、環境教育を推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

シジミ漁業者は、シジミ操業に関する規制を遵守し、島根県水産技
術センターによる資源量結果を基に資源の状況を確認して、資源維持
と安定供給の両立を図る。また、湖内に約4k㎡の禁漁区設定や採苗
による約500万個の稚貝を採取・放流及び種苗生産した幼生稚貝・
約1億個を放流し、資源量増大の取組を積極的に実施する。
② シジミ漁業者が目とばしジョレンや小型マンガを使用し、人力によ
る藻類の除去や沈水植物の間引きを行い、年間約50トンの湖底ゴミ
を除去する。また、シジミ漁業者は、大型マンガや噴流式ポンプによ
る湖底耕うん作業を継続的に実施し、生息環境の維持・改善に努める。
また、漁協は、松江市が所有する水草回収船を借用して効果を検証し、
藻類、沈水植物の除去や湖底耕うん等が可能な多用途作業船の開発を
検討する。
③ 漁協とシジミ漁業者は、シジミの安定漁獲の課題である冬季の漁獲
量減少について、特に手掻き操業における漁獲減少割合が大きいこと
から、経費削減と安定漁獲を図るため、噴流ポンプ式操業のデモ機作
製や実証によって機械導入を推進する。
また、シジミ漁業者は、シジミ掻網目及び選別機目合の統一・拡大
による規格を徹底することで、単価向上を図る。
④ 漁協は共同出荷体制の確立に向け、現状・課題の整理や具体案を取
りまとめ、組合員及び仲買業者への周知を図ることで、推進体制を構
築する。
⑤ 漁協は、シジミPR推進チームを中心として積極的にイベントに参
加し、地域における消費拡大と都会消費地への消費拡大に努める。ま
た、漁協青年部が中心となって、小学生を対象としたシジミ漁体験を
実施し、環境教育を推進する。

団体情報


JF・団体名 宍道湖漁業協同組合
住所 〒690-0049
島根県松江市袖師町6-9
電話番号 0852-21-3391