浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

岡山県|岡山県地域水産業再生委員会玉野市地区部会

たまの漁業協同組合

取組概要 SNSを活用した情報発信、「市の魚」に制定されているメバルの資源維持
キーワード情報発信
カサゴの資源維持
漁業体験プログラムの開発
販路その他
取組タイプ観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 ノリ
サワラ
マナガツオ
タイ
スズキ

浜プランの取組内容

○安心・安全で高品質な水産物の供給
・漁船漁業者は岡山県漁業士会主催の「魚の神経締め講習会」等に参加し、技術の習得に努める。
・漁協は新たな鮮度保持技術の情報収集に努める。
・漁協は品質低下しやすい小型エビ類やイカ類、近年水揚げが増加し価格が下落したマダイやチヌの供給安定化による利用促進及び高付加価値化に向け、小型急速冷凍設備導入の費用対効果等を検討する。
・ノリ養殖漁業者は高感度な異物検出機及び選別機への更新を推進する。
・漁協はノリを取り扱う商社を直接訪問し、市場のニーズを聴取する。
・漁協は県、市と連携し、石島のノリ養殖漁業者の約半数を対象に、ノリ加工場を集約及び協業化し、乾ノリの品質を統一する。また、他の石島のノリ養殖漁業者についても集約化を検討する。
○地元水産物の販売促進及びPR
・女性部は県漁連や学校給食センターと連携し、胸上海苔を使った花寿司の料理教室や親子料理教室で魚のさばき方を指導するなど、水産物の利用促進に努める。
・漁協は胸上海苔を市内小中学校の給食に提供するとともに、胸上地区がノリの一大産地であることを紹介することで、胸上海苔の認知度向上を図る。
・漁協は道の駅みやま公園や地元飲食店と連携し、ノリや旬の地元水産物を使用したメニューを検討する。
・漁業者は漁協や市と連携し、SNSを活用してノリや鮮魚のPR、漁の様子等を随時発信する。また、胸上海苔がパワーの源である地元商工会の人気キャラクター「東児ライダー8」を活用した地元水産物のPRに努める。
・女性部は道の駅みやま公園と連携し、地元水産物の販売イベントの開催を検討する。
○美しく豊かな海づくり
・漁協は県、市と連携し種苗放流を行う。また、岡山県資源管理指針に基づき資源管理に取り組み、水産資源の維持・増加に努める。
・漁協は県、市と連携し海底ゴミの回収促進及び海底耕運を実施し、海底の浄化に取り組む。
・漁業者は、藻場の再生・造成のため、アマモの種採取及び播種に取り組む。
・漁協は県、市と連携しガラモ場の再生・造成に向け、小型貝殻ブロックを地先海域に増設する。また、設置後のガラモの定着効果を検証し、取組を効率的に進めるための基礎資料とする。
○賑わいの創出
・女性部は地元開催のイベントに参加し、道の駅みやま公園や地元飲食店等との連携を深めるきっかけとする。
・漁協は地元小学校の児童を対象にノリすき体験を実施する。
・漁協は市と連携し、メバルの種苗放流を市内小学生の環境学習の場として提供する。また、アマモ場の再生・造成活動への市内小中学生の参加について検討・調整する。
・本委員会が参画する地域協議会(たまの農山漁村魅力向上推進協議会)において、漁業体験プログラムの開発や地元水産物を使用した新メニュー、特産品開発など、漁業収入向上の取組の一層の充実と具現化を加速させるため、農泊推進事業に取り組む。
○意欲のある漁業者の育成
・漁協は先進地視察に漁業者を参加させるなど、計画的な漁業経営を行う人材の育成に努める。
・漁協は、県、市と連携して漁業就業相談の場を設けるなど、新規漁業就業者、漁業後継者に対する受入体制の整備を検討する。
・漁協はノリ加工場の集約化や漁港施設の合理化を進め、作業負担軽減を図る等、新規漁業就業者、漁業後継者が就業しやすい環境づくりに努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 たまの漁業協同組合
住所 〒706-0001
岡山県玉野市田井5-47-2
電話番号 0863-21-3737