岡山県|岡山県地域水産業再生委員会浅口市地区部会

寄島町漁業協同組合

取組概要 資源管理によるガザミ資源の維持・増加、水産物直売所での販売を通じた魚食普及
キーワード 漁場整備
魚食普及
カキ養殖環境の整備
販路 その他
取組タイプ 新商品開発
魚種 エビ
カキ
イカ
ヒラメ
ゲタ

浜プランの取組内容

1.漁獲物の付加価値向上等
(1)鮮度維持・管理のための製氷機、浄化冷却水槽の活用
組合と漁業者は、浄化冷却水槽の最適な活用方法検討し、漁獲物の鮮度維持に努める。また、製氷機の活用方法についても検討する。
(2)漁業及び鮮魚取扱い技術の向上
漁業者は、水揚げまでの時間を短縮する方法を検討する。
漁船の生簀に簡易な冷却装置を付けた漁業者に効果について報告等をしてもらう。
(3)市場価格情報に基づく分散出荷
組合は、出荷する漁獲物の値崩れ防止策を検討する。
(4)水産物直売所の活用
漁協女性部及び組合は、水揚げされた漁獲物を水産物直売所で販売することで漁業者の収入の向上を図る。
2.資源維持と漁場環境の整備
(1)資源管理によるガザミ資源の維持・増加
漁船漁業者は、「寄島産」と高評価を得ているガザミについて、種苗放流を継続するとともに、全甲幅15 センチ未満の漁獲禁止や軟甲ガザミ、抱卵ガザミの再放流数増加に務め、資源の維持・増加を図る。
(2)資源管理と増殖研究によるシャコ資源の維持・増加
漁船漁業者は、「寄島産」と高評価を得ているシャコについて資源の維持・増加を図るため、体長規制を遵守する。
(3)モガイ、アサリ、ハマグリ養殖における成育不良対策の事業実証
組合は、モガイ、アサリ養殖で認められた食害に対策について、県水産研究所等の協力を得て検討する。ハマグリについても、県水産研究所の協力で効果のあった方策について検討する。
(4)種苗放流による水産資源全体の維持・増加
漁船漁業者及び組合は、ガザミ、クルマエビ、ヨシエビ、オニオコゼ等の放流事業を継続実施し、水産資源全体の維持・増加を図る。
(5)海ゴミ回収や藻場造成による漁場環境保全
漁船漁業者は、操業中に海底ゴミの回収に務める。また、アマモ場の造成について、漁協青壮年部と組合は、種子の採取場所や造成海域についての県水産研究所の助言を受けながら検討する。
3.魚食普及と消費拡大
(1)水産物直売所での販売を通じた魚食普及
組合及び漁協女性部は、それぞれが運営している水産物直売所を通じて漁獲物を量販店より安価に提供することで、魚食の普及に努める。
(2)鱗除去等の中間処理済み商品の販売
漁協女性部と組合は、魚離れの大きな要因について検討するとともに、直売所で活用可能な機械の導入を検討する。
(3)イベント等における普及活動
漁協女性部は、地元で開催される「よりしま海と魚の祭典」や「よりしまかき祭り」に参加し、エビカツバーガー、たこめし、カキフライ、カキの味噌汁などを調理販売する。
4.カキの養殖環境の整備
(1)消波堤、共同施設の整備
カキ養殖業者は、疲弊死を軽減するための摂餌量抑制を目 的とした囲い網の敷設を励行する。また、組 合とカキ養殖業者は、カキ養殖の抑制漁場における種苗の歩留まり向上のための消波施設の再整備に向け、検討を開始する。加えて、組合とカキ養殖業者は、水揚げ出荷作業に要する時間の短縮や省力化を目指した機器導入の整備計画と、老朽化した共同作業場の施設整備計画を一体とした計画立案のため関連施設の視察等行う。
(2)サイズ統一基準の設定と選別機械の導入
カキ養殖業者と組合は、浜の加工所で直売している殻付きカキについて、統一された基準づくりを検討し “寄島産ブランド”の維持・向上を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.漁獲物の付加価値向上等
(1)鮮度維持・管理のための製氷機導入
漁協は、平成26年度に導入した製氷機を活用して漁獲物の鮮度維持・管理を図る。そして、漁協は、25年度に導入した冷凍運搬車を用いて鮮度を維持した状態で配送出荷することにより、単価を上げて収入の向上を図る。
(2)漁業及び鮮魚取扱い技術の向上
漁船漁業者は、水揚げ額上位の漁業者が講師となり、より良い漁獲物の取扱方法や効率的な操業方法に関する研修会を開催し、それらの方法を漁業者全体で共有・実施する。
(3)市場価格情報に基づく分散出荷
漁業者は、多獲性魚種を集め、漁協が実施する複数の他市場における価格動向調査を基に出荷先を選定し、漁協が配送出荷するなど、出荷先を分散させることにより取引価格の向上を図る。
(4)水産物直売所の活用
漁協女性部及び漁協は、水揚げされた漁獲物を水産物直売所で鮮魚販売・加工販売することにより生産者価格を向上させ、収入の向上を図る。
2.資源維持と漁場環境の整備
(1)資源管理によるガザミ資源の維持・増加
漁船漁業者は、「寄島産」と高評価を得ているガザミについて、種苗放流を継続するとともに、全甲幅15センチ未満の漁獲禁止や軟甲ガザミの再放流数増加に取り組む。同時に、漁協は、抱卵ガザミの買い取り・再放流数の増加に努めることにより、資源の維持・増加を図る。
(2)体長規制や漁具改良によるシャコ資源の維持・増加
漁船漁業者は、「寄島産」と高評価を得ているシャコについて資源の維持・増加を図るため、体長規制の強化や、県水産研究所の協力を得て「小型個体を漁獲しない改良漁具」を完成させ、実用化する。
(3)モガイ、アサリ、ハマグリ養殖における成育不良等の原因究明と対策
漁協は、平成24年、25年と2年連続で全滅しているモガイ養殖について、県水産研究所の協力を得て原因を明らかにし、対策を講じる。また、アサリやハマグリ養殖について、大幅な減耗や成育不良が発生しており、県水産研究所の協力を得て原因を明らかにし、対策を講じる。なお、それぞれの対策については、平成29年度の実施結果を基に、必要に応じて修正を施す。
(4)種苗放流による水産資源全体の維持・増加
漁船漁業者及び漁協は、クルマエビ、ヨシエビ、オニオコゼ、マコガレイ等の放流事業を継続実施し、水産資源全体の維持・増加を図る。
(5)海ゴミ回収や藻場造成による漁場環境保全
漁船漁業者は、操業中に海底ゴミを回収する。また、漁協青壮年部と漁協は、県水産研究所の協力を得て、播種法によるアマモ場造成について規模を拡大して実施する。その他、漁船漁業者及び漁協は、魚礁の設置に着手する。
3.魚食普及と消費拡大
(1)水産物直売所での販売を通じた魚食普及
・漁協及び漁協女性部は、それぞれが運営している水産物直売所を通じて漁獲物を量販店より安価に提供することにより、魚食の普及に努める。
・漁協女性部は、近隣市民との交流を通じて消費者が何を求めているか情報収集するとともに、県や市が開催する料理教室に参加し、魚種ごとに最も美味しい食べ方を研究する。その結果を基に、平成24年に開発して好評を得ている「エビカツバーガー」に続く新たな加工品を商品化する。
(2)鱗除去等の中間処理済み商品の販売
漁協女性部は、魚離れの大きな要因の一つとして「魚を捌くことができない」ことに着目し、水産物直売所において「鱗を取り除く」、「3枚に下ろす」、「内蔵を取り除く」などの中間処理を施すことにより、「家庭での調理を楽にする商品」を増やす。また、平成29年度に導入予定であるハモの骨切り機などの機械を活用する。
(3)イベント等における普及活動
漁協女性部は、地元で開催される「よりしま海と魚の祭典」や「よりしまかき祭り」に参加し、エビカツバーガー、たこめし、カキフライ、カキの味噌汁などを調理販売し食べてもらうことにより「寄島産魚介類」の美味しさを知ってもらい、販売増加・収入向上につなげる。
4.カキの養殖環境の整備
(1)消波堤、共同施設の整備
カキ養殖業者は、疲弊死を軽減するための摂餌量抑制を目的とした囲い網の敷設を励行する。また、カキ養殖業者は、カキ養殖の抑制漁場における種苗の歩留まり向上のため、前年度に整備した浮消波堤を活用する。加えて、漁協とカキ養殖業者は、水揚げ出荷作業に要する時間の短縮や省力化を目指したカキ殻洗浄機等の機器整備計画と、老朽化した共同作業場の施設整備計画を一体とした実施計画に基づき整備する。この計画は、増床により16経営体すべてが同一敷地内で作業できる計画とする。
(2)サイズ統一基準の設定と選別機械の導入
カキ養殖業者は、浜で直接販売している殻付きカキについて、更なる寄島産のブランド力の維持・向上を図るため、前年度に設けた大・小サイズの統一基準を遵守する。また、前年度に導入した選別機器を活用することにより、選別労力とばらつきを少なくする。

団体情報


JF・団体名 寄島町漁業協同組合
住所 〒714-0101
岡山県浅口市寄島町13003-38
電話番号 0865-54-2030