広島県|福山市地区水産業再生委員会

鞆の浦漁業協同組合

取組概要 「備後フィッシュ」のブランド化と直販機能強化、6次産業化の推進
キーワード ブランド化
直販
魚食普及
販路 その他
取組タイプ ブランド化
魚種 シラス
カタクチイワシ
タコ
イカ
カレイ

浜プランの取組内容

1.地産地消の推進・6次産業化・魚価の向上
○直販機能の強化
域内に開設される直販施設において,各漁協は,漁業者と連携し,販売体制を確立するとともに,市等の関係者の協力を得ながら,水揚げ直後の新鮮な漁獲物等の直売を実施する。
○ブランド化の推進
備後圏域の沿岸4市(福山市,三原市,尾道市,笠岡市)で水揚げされた新鮮な水産物で漁業者が推奨する25種の魚を備後フィッシュと名付け,ブランド化を推進することにより,地産地消の推進や漁業者の所得向上を図る。
○6次産業化の推進
漁業者の高齢化や新規漁業就業者の確保にとって重要な加工処理作業の軽労化を図るため,走島のノリ・チリメンの加工場の生産性向上と効率化に必要な施設を同島内の水産加工場用地に整備するための検討を行う。
2.水産資源の増大
○適材適所放流・放流手法の高度化
各漁協は漁業者とともに,市等の関係者の協力も得ながら,生産力向上のため,沖合の泥質や砂泥質の海底,海岸線の岩礁地域の特性にそれぞれ合ったメバル,カサゴ,ヒラメ,キジハタ,オニオコゼ,ヨシエビ,ガザミなどの種苗を適所に放流することにより,資源の増加を図る。
○広域的な資源管理の推進
乱獲防止を進めて効果的な漁獲を実現するため,各漁業及び魚種を踏まえた広域的な漁獲サイズ・時間制限等,漁業者による資源管理を推進する。
3.漁場環境の維持・回復
○藻場・干潟の機能回復
藻場・干潟の機能維持・回復に向けて,「碧く豊かな海,美しい浜辺」をテーマに各漁協,女性部,青年部及び地域住民で「海の日」一斉海浜清掃を実施する。
○栄養塩の適切な管理への取組
各漁協は漁業者とともに,行政機関等に対し,豊かな海づくりに向けた汚水処理場等の管理運転を実施するよう働きかけを行う。
4.漁業経営の安定化
○漁船保険・漁業共済の加入促進
漁業経営におけるリスクの軽減のため,関係機関と連携して,漁船保険・漁業共済の対象となる漁船漁業及び養殖業のオール加入を促進する。
○後継者・新規漁業就業者の支援
各漁協は,県,市及び広島県漁業協同組合連合会と連携し,漁業技術の習得のための研修や就業に必要な漁船漁具等の購入費の支援を行うことにより,新規漁業就業者の育成・就業を支援する。
5.豊かな里海・浜の魅力発信
○地場水産物のPR
備後圏域の沿岸4市の行政(福山市,三原市,尾道市,笠岡市),関係漁業団体,道の駅等で構成する団体(備後の地魚応援団)で認定している市内飲食店(「備後フィッシュ」の食べられる店)等において,備後フィッシュを恒常的に提供することで,備後の地魚の魅力を発信する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 地産地消の推進・6次産業化・魚価の向上
○直販機能の強化による多様な販路の確保
 漁協は、漁業者とともに、市等の関係者の協力も得ながら、漁港で水揚げ直後の新鮮な漁獲物の新たな販売方法と流通方法の調査・開発のため、視察等による先進地の情報収集を行う。
○未利用・低利用水産物の利活用
 女性部が中心となり、冬場の魚種の少ない時期でも安定的な商品提供を行うべく、低価格魚、未利用魚を用いた練り商品(ボラコロ)に次ぐ、新たな商品開発を行う。
・ボラコロ:ボラをメインに、エビ、イカ、グチ等を調合したすり身で、かまぼこ等の練り製品やハンバーガー等に広く使用可能。平成23年に商標登録をしている。
○カキ養殖の導入による漁家経営の多角化
 カキは、広島県が養殖生産量日本一のシェアを誇り、県を代表する水産物だが、本市では現在、養殖をまったく行っていない。漁家経営の多角化を図り、新たな地域の特産品とするため、本漁協の実施意欲のある漁業者は、カキ養殖に向けた具体的な取り組み方法等を検討する。

2 漁業経営の安定化
○後継者・新規漁業就業者への支援
 市や新規漁業就業者支援協議会等の関係機関と連携し、研修費や就業に必要な漁具購入費等の補助や技術指導等を行うことにより、新規漁業就業者の育成・就業を支援する。

3 水産資源の増大
○漁場環境に適した種苗放流
 本漁協は漁業者とともに、市等の関係者の協力も得ながら、生産力向上のため、本市沖合の泥質または砂泥質の海底、または海岸線の岩礁地域の特性に合ったメバル、カサゴ、キジハタ、オニオコゼ、ヨシエビ、ガザミなどの種苗放流を実施することにより、資源増加を行う。

4 漁場環境の維持・回復
○海底耕うん・海底清掃の実施による海底環境の保全
 本漁協の漁業者は、底泥への酸素の供給及び海底ゴミの回収を目的とした海底耕うんを実施し、海底環境の保全に取り組む。
○豊かな海作りに向けた汚水処理場等の管理運転及び漁場の基盤整備の実施
 本漁協は漁業者とともに、行政機関等に対し、豊かな海作りに向けた汚水処理場等の管理運転を実施するよう働きかけを行う。

団体情報


JF・団体名 鞆の浦漁業協同組合
住所 〒720-0201
広島県福山市靹町鞆1003-3
電話番号 084-982-2220