徳島県|阿南市地域水産業再生委員会

中林漁業協同組合

取組概要 イベントを通じた地元水産物のPR、増殖対象種のデータ化による資源管理
キーワード イベント
未利用資源
資源管理のデータ化
販路 域外流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 ワカメ
ノリ
ハマチ

浜プランの取組内容

【PR 活動の取組】
・採貝藻や藻類養殖業者が漁獲・収穫し加工した塩蔵わかめ、乾燥ヒジキ等を、阿南市東京事務所を活用し、関東地方で行われるイベントでPR(直売やイベント参加者にお土産として配布する。)し、販路拡大を図る。
・阿南市観光協会を通じて水産物のPR を行い、消費拡大を図る。
・漁協等が開催するイベントを通じて水産物の直売によるPR を行い、消費拡大を図る。
・網漁業者及び釣漁業者により漁獲された鱧を使った「あなん丼」のPR を推進し、鱧の利用促進により魚価の向上を図る。
【食育の取組】
・阿南市漁協青壮年部等が主体となり、市内外の小・中学生とその家族を対象とした「お魚料理教室」等を行う。
【未利用資源の開発】
・ウツボ等未利用漁獲物を有効活用し、漁業収入の増加を図る。
・未利用資源の活用について、新規魚種の検討を開始し、試験的に出荷する。
【資源増殖の取組】
・採貝藻漁業者が主体となって、漁協と協力しつつ、これまで取り組んできたアワビ稚貝の放流を継続して行う。
・網漁業者及び釣漁業者が主体となって、漁協と協力しつつ、これまで取り組んできたヒラメの種苗放流を継続して行う。
・網漁業者が主体となって、漁協と協力しつつ、これまで取り組んできたクルマエビの種苗放流を継続して行う。
・新規魚種について、関係機関と連携して試験的に放流を行い、放流適地、適期、最適サイズについて検討する。
【資源管理の取組】
・資源増殖の取組対象魚種について、漁獲量・漁獲金額・漁業者数・漁船数をデータ化し、管理する。
・資源管理についての漁業関係法令や漁業調整規則等で規定されている公的管理措置を遵守し、自主管理措置を適切に実施することにより、水産資源の適切な管理を徹底する。
【環境保全の取組】
・密漁監視や海の環境監視活動に取り組むことで、海の環境保全に努め、生産性を向上させる。
【衛生管理型流通の取組】
・品質向上のため、荷さばき区域内における流通活動の見直し(水揚げから出荷までの漁獲物への接触回数を減らす等)を開始する。
・荷さばき区域内において、車の排気ガス、たばこのポイ捨て等による水産物への汚染に留意し、会員会議にて構成員間で確認する。
・荷さばき区域内において、専用の靴を利用するなどして水産物への汚染物質の混入がないよう留意し、会員会議にて構成員間で確認する。
・付加価値向上のため、漁業者が漁獲物の取扱いを丁寧にすることで魚価の向上につながることを意識し、会員会議にて構成員間で確認する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

 PR活動の取組(0.5%)
・採貝藻や藻類養殖業者が漁獲・収穫し加工した塩蔵わかめ、乾燥ヒジキ等を、阿南市東京事務所等を活用し、東京ドームや東京タワーなどで行われるイベントでPRする(直売やイベント参加者にお土産として配布)
・阿南市観光協会で行っている阿南市のお土産物コーナーに、阿南市水産物を置くことによって阿南市に観光で訪れた方に水産物をPRする
・網漁業者及び釣漁業者により漁獲された鱧を使った「あなん丼」のPRを推進し、鱧の利用促進により魚価の向上を図る
 食育の取組(0.5%)
・阿南市漁協青壮年部協議会が主体となり、市内の小学生とその家族を対象とした「お魚料理教室」を行う
 未利用資源の開発(0.5%)
・延縄、雑漁業で漁獲されるウツボ等未利用漁獲物を有効活用(加工し、珍味の形で販売)し、漁業収入の増加を図る
 資源増殖の取組(0.5%)
・採貝藻漁業者が主体となって、漁協と協力しつつ、アワビ稚貝の放流に取り組む
・網漁業者及び釣漁業者が主体となって、漁協と協力しつつ、ヒラメの種苗放流に取り組む
・網漁業者が主体となって、漁協と協力しつつ、クルマエビの種苗の放流に取り組む

団体情報


JF・団体名 中林漁業協同組合
住所 〒774-0016
徳島県阿南市中林町蛭子浜1
電話番号 0884-22-0509