徳島県|牟岐地区地域水産業再生委員会(牟岐地区牟岐町)

牟岐東漁業協同組合(牟岐地区牟岐町)

取組概要 アオリイカについてのマーケティング活動の展開によるブランド化・販路拡大
キーワード 地産地消
資源管理
販路 域外流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 タイ
イワシシラス
イセエビ
アオリイカ
アワビ

浜プランの取組内容

1.資源管理の強化による水産物の水揚増加 アワビ及びトコブシの資源増大を図るため,採貝漁業者及び漁協を中心に,稚貝放流や密漁監視を継続するとともに,藻場造成と食害対策(ウニ類駆除)をあわせて実施する。また,アワビ礁の設置や投石,禁漁区域の設定,密漁監視の強化等,更なる生産量の増大に資する取組の実施を検討する。さらに,アワビについては,共同漁業権を共有する牟岐町漁協と共同あるいは調整を図りつつ,新たな安定的な増産手法として,増殖漁場(輪番制漁場)の導入を検討・着手する。
2.中層型浮魚礁の設置 近海カツオ・マグロ等の漁獲量増大および一本釣り漁業や遊漁利用拡大の手段として,太平洋沖に周辺漁協と共同で整備・利用できるような中層型浮魚礁の設置について,県や関係機関と協議を行い,事業化に向けた検討を進める。本取組は,実現に向け時間を要するが,近隣12漁協で構成する「海部水産振興会」などで,実施に向けた関係者調整を進める。
3.新たな経営形態の導入による資源利用効率の向上 自然生産力を最大限に有効利用するために,漁協および漁業者は新たな経営形態の導入を目指し,漁業所得の向上を図る方策について検討する。具体的には,ヒジキや天草などの利用効率の向上を目指す。丁寧な扱いによる高品質な加工方式を維持しながら,労働力の確保,作業の効率化によるコスト削減,品質の向上などが図られるように,集団で作業できる委託加工利用体制等について検討する。
4.新たな海藻養殖業の導入 当地域には天然ワカメ,モズク,ヒロメ(アンロク)が自生しており,これらの海藻の生育に適した自然条件がある。これらの養殖技術に関し人材及び知識・技術を有する徳島県研究機関の協力を得ながら,当地域の採貝藻経営体が取り組む新たな漁業として海藻養殖業の導入を目指す。
5.地域ブランドの確立による付加価値向上と販路拡大 当地域で漁獲されるアワビについて,漁協および採貝漁業者は,漁獲区域・漁獲時期・漁獲サイズ・肉厚の程度などを取り決め,関西方面を中心に商談会や市場まつり等を通じて市場・販売関係者や一般消費者にPR強化・販路拡大に取り組む。地域ブランド化を目指すアオリイカについても,県内外のプロモーション活動や流通時の鮮度保持技術の改良等を実施し,近隣12漁協及び町で構成する「海部水産物品質確立協議会」において知名度向上のための商品名,シール・タグ等を導入に取り組む。さらに,ハモやイセエビなど,その他主要水産物についても,販路拡大による単価向上を目指す。
6.出荷・販売体制の強化 一元集荷制の共同出荷を基本とする漁協共販事業の要諦として,多様な出荷先候補を保有すること,そのなかから状況に応じ有利に出荷できる先を漁協の意志で選択できることが挙げられる。さらにそれが成立する要件として,充実した物流体制が構築されていることが必要不可欠である。しかし,当地域を含む徳島県南部地域では,近年物流体制が弱体化し,柔軟な出荷先選択が行えない状況にある。このため,海部郡の近隣漁協と連携・協力し,自家出荷あるいは共同出荷による集荷・販売体制の強化・改善に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.資源管理の強化による水産物の水揚増加 アワビ及びトコブシの資源増大を図るため,採貝漁業者及び漁協を中心に,稚貝放流や密漁監視を継続するとともに,藻場造成と食害対策(ウニ類駆除)をあわせて実施する。また,アワビ礁の設置や投石,禁漁区域の設定,密漁監視の強化等,更なる生産量の増大に資する取組の実施を検討する。さらに,アワビについては,共同漁業権を共有する牟岐町漁協と共同あるいは調整を図りつつ,新たな安定的な増産手法として,増殖漁場(輪番制漁場)の導入を検討・着手する。
2.中層型浮魚礁の設置 近海カツオ・マグロ等の漁獲量増大および一本釣り漁業や遊漁利用拡大の手段として,太平洋沖に周辺漁協と共同で整備・利用できるような中層型浮魚礁の設置について,県や関係機関と協議を行い,事業化に向けた検討を進める。本取組は,実現に向け時間を要するが,近隣12漁協で構成する「海部水産振興会」などで,実施に向けた関係者調整を進める。
3.新たな経営形態の導入による資源利用効率の向上 自然生産力を最大限に有効利用するために,漁協および漁業者は新たな経営形態の導入を目指し,漁業所得の向上を図る方策について検討する。具体的には,ヒジキや天草などの利用効率の向上を目指す。丁寧な扱いによる高品質な加工方式を維持しながら,労働力の確保,作業の効率化によるコスト削減,品質の向上などが図られるように,集団で作業できる委託加工利用体制等について検討する。
4.新たな海藻養殖業の導入 当地域には天然ワカメ,モズク,ヒロメ(アンロク)が自生しており,これらの海藻の生育に適した自然条件がある。これらの養殖技術に関し人材及び知識・技術を有する徳島県研究機関の協力を得ながら,当地域の採貝藻経営体が取り組む新たな漁業として海藻養殖業の導入を目指す。
5.地域ブランドの確立による付加価値向上と販路拡大 当地域で漁獲されるアワビについて,漁協および採貝漁業者は,漁獲区域・漁獲時期・漁獲サイズ・肉厚の程度などを取り決め,関西方面を中心に商談会や市場まつり等を通じて市場・販売関係者や一般消費者にPR強化・販路拡大に取り組む。地域ブランド化を目指すアオリイカについても,県内外のプロモーション活動や流通時の鮮度保持技術の改良等を実施し,近隣12漁協及び町で構成する「海部水産物品質確立協議会」において知名度向上のための商品名,シール・タグ等を導入に取り組む。さらに,ハモやイセエビなど,その他主要水産物についても,販路拡大による単価向上を目指す。
6.出荷・販売体制の強化 一元集荷制の共同出荷を基本とする漁協共販事業の要諦として,多様な出荷先候補を保有すること,そのなかから状況に応じ有利に出荷できる先を漁協の意志で選択できることが挙げられる。さらにそれが成立する要件として,充実した物流体制が構築されていることが必要不可欠である。しかし,当地域を含む徳島県南部地域では,近年物流体制が弱体化し,柔軟な出荷先選択が行えない状況にある。このため,海部郡の近隣漁協と連携・協力し,自家出荷あるいは共同出荷による集荷・販売体制の強化・改善に取り組む。

団体情報


JF・団体名 牟岐東漁業協同組合(牟岐地区牟岐町)
住所 〒775-0012
徳島県海部郡牟岐町大字牟岐浦字宮の本268-4
電話番号 0884-72-1141