徳島県|牟岐地区地域水産業再生委員会(牟岐地区牟岐東)

牟岐東漁業協同組合(牟岐地区牟岐東)

取組概要 アワビの地域ブランド確立
キーワード PR活動
販路拡大
資源管理
販路 域外流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 アワビ
トコブシ
ハモ
アオリイカ
イセエビ

浜プランの取組内容

1.資源管理の強化による水産物の水揚増加 引き続き採貝漁業者によるアワビ及びトコブシの稚貝放流や密漁監視を積極的に実施するとともに,水産多面的機能発揮対策事業を利用した藻場におけるウニ類駆除を行う漁場に種苗を重点放流するなど,資源への加入量増加につながる効果の高い取り組みを実施することにより,アワビ及びトコブシの資源増大を図る。加えて,藻場造成,投石,アワビ礁の設置,禁漁区域の設定,密漁監視の強化等により,更なる生産量の増大に資する取り組みの実施を引き続き検討する。 また,牟岐町漁協と共同あるいは調整を図りながら,アワビの増殖漁場(輪番制漁場)の導入を目指し,これまでの適地調査の検討等を踏まえ,試験礁を設置し,輪番制漁場への種苗放流を開始する。
2.中層型浮魚礁の設置 魚類の生産量増大および一本釣り漁業や遊漁利用拡大の手段として,漁協および漁業者は県や町の協力を得ながら太平洋沖に周辺漁協と共同で整備・利用できるような中層型浮魚礁の設置を「海部水産振興会」(近隣12漁協で構成)で検討する。設置場所の検討や蝟集効果の把握,操業調整方法にかかる検討を進め,県や関係機関と協議を行う。
3.新たな経営形態の導入による資源利用効率の向上 漁協および漁業者は,ヒジキや天草など,より有効利用を図る余地のある資源の利用効率の向上を目指す。丁寧な扱いによる高品質な加工方式を維持しながら,労働力の確保,作業の効率化によるコスト削減,品質の向上などを図るため,集団的に作業できる委託加工利用体制の構築に向けた検討を引き続き行う。
4.新たな海藻養殖業の導入 当地域の採藻経営体を中心に,地域での新たな漁業としての海藻養殖業の導入をめざし,所得向上をはかるための検討および適地調査を引き続き実施するとともに,試験養殖の実施について検討を行う。
5.地域ブランドの確立による付加価値向上と販路拡大 当地域で漁獲されるアワビについて,漁協および採貝漁業者は,漁獲区域・漁獲時期・漁獲サイズ・肉厚の程度などを取り決めて,その内容を商談会や市場祭り等を通じて市場関係者や一般消費者に周知・PRすることにより,アワビの地域ブランドを確立し,付加価値向上と販路拡大をめざす体制を構築する。 また,漁協および漁業者は,アオリイカについて,これまでの取り組みを踏まえて,高鮮度出荷による販売効果,問題点の検証を行う。また,引き続き,近隣12漁協及び町で構成する「海部水産物品質確立協議会」などで協力して,シール・タグ等の普及,京阪神方面への販売強化に取り組む。当地域で水揚げされるハモやイセエビをはじめとするその他の主要水産物も同様に県内外でPR,販売促進に取り組み,単価向上を図る。
6.出荷・販売体制の強化 漁協は,近隣漁協と連携・協力し,自家出荷あるいは共同出荷による集荷・販売体制の強化・改善を図るため,具体的な集出荷方法や実施体制,各漁協の役割分担,費用負担,共同出荷のリスクなどについて,関係漁業者で検討・協議を行いつつ,自家トラックまたは共同配送による試験出荷を開始する。
7.地域活性化の推進 引き続き地元漁協が中心となり,朝市や観光漁業など地元の漁業者が気軽に参加できるイベントを定期的に開催しする等により,地域内消費の拡大を図ることで,地域の活性化を図るとともに,漁業者の更なる所得向上を目指す。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.資源管理の強化による水産物の水揚増加 引き続き採貝漁業者によるアワビ及びトコブシの稚貝放流や密漁監視を積極的に実施するとともに,水産多面的機能発揮対策事業を利用した藻場におけるウニ類駆除を行う漁場に種苗を重点放流するなど,資源への加入量増加につながる効果の高い取り組みを実施することにより,アワビ及びトコブシの資源増大を図る。加えて,藻場造成,投石,アワビ礁の設置,禁漁区域の設定,密漁監視の強化等により,更なる生産量の増大に資する取り組みの実施を引き続き検討する。 また,牟岐町漁協と共同あるいは調整を図りながら,アワビの増殖漁場(輪番制漁場)の導入を目指し,これまでの適地調査の検討等を踏まえ,試験礁を設置し,輪番制漁場への種苗放流を開始する。
2.中層型浮魚礁の設置 魚類の生産量増大および一本釣り漁業や遊漁利用拡大の手段として,漁協および漁業者は県や町の協力を得ながら太平洋沖に周辺漁協と共同で整備・利用できるような中層型浮魚礁の設置を「海部水産振興会」(近隣12漁協で構成)で検討する。設置場所の検討や蝟集効果の把握,操業調整方法にかかる検討を進め,県や関係機関と協議を行う。
3.新たな経営形態の導入による資源利用効率の向上 漁協および漁業者は,ヒジキや天草など,より有効利用を図る余地のある資源の利用効率の向上を目指す。丁寧な扱いによる高品質な加工方式を維持しながら,労働力の確保,作業の効率化によるコスト削減,品質の向上などを図るため,集団的に作業できる委託加工利用体制の構築に向けた検討を引き続き行う。
4.新たな海藻養殖業の導入 当地域の採藻経営体を中心に,地域での新たな漁業としての海藻養殖業の導入をめざし,所得向上をはかるための検討および適地調査を引き続き実施するとともに,試験養殖の実施について検討を行う。
5.地域ブランドの確立による付加価値向上と販路拡大 当地域で漁獲されるアワビについて,漁協および採貝漁業者は,漁獲区域・漁獲時期・漁獲サイズ・肉厚の程度などを取り決めて,その内容を商談会や市場祭り等を通じて市場関係者や一般消費者に周知・PRすることにより,アワビの地域ブランドを確立し,付加価値向上と販路拡大をめざす体制を構築する。 また,漁協および漁業者は,アオリイカについて,これまでの取り組みを踏まえて,高鮮度出荷による販売効果,問題点の検証を行う。また,引き続き,近隣12漁協及び町で構成する「海部水産物品質確立協議会」などで協力して,シール・タグ等の普及,京阪神方面への販売強化に取り組む。当地域で水揚げされるハモやイセエビをはじめとするその他の主要水産物も同様に県内外でPR,販売促進に取り組み,単価向上を図る。
6.出荷・販売体制の強化 漁協は,近隣漁協と連携・協力し,自家出荷あるいは共同出荷による集荷・販売体制の強化・改善を図るため,具体的な集出荷方法や実施体制,各漁協の役割分担,費用負担,共同出荷のリスクなどについて,関係漁業者で検討・協議を行いつつ,自家トラックまたは共同配送による試験出荷を開始する。
7.地域活性化の推進 引き続き地元漁協が中心となり,朝市や観光漁業など地元の漁業者が気軽に参加できるイベントを定期的に開催しする等により,地域内消費の拡大を図ることで,地域の活性化を図るとともに,漁業者の更なる所得向上を目指す。

団体情報


JF・団体名 牟岐東漁業協同組合(牟岐地区牟岐東)
住所 〒775-0012
徳島県海部郡牟岐町大字牟岐浦字宮の本268-4
電話番号 0884-72-1141