徳島県|海陽町地域水産業再生委員会(海陽町・鞆浦地区)

宍喰漁業協同組合(海陽町・鞆浦地区)

取組概要 未利用魚・低利用魚の活用・商品化
キーワード 未利用魚活用
体験漁業
直売所
販路 その他
取組タイプ 観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 アワビ
トコブシ
テングサ

浜プランの取組内容

①未利用魚・低利用魚の活用・商品化
・平成25年度に産地水産業強化支援事業を活用し新設した冷蔵冷凍庫及び抗酸化特殊冷凍機を備えた加工場を活用し、未利用魚や値崩れした魚の中でも消費者が求める漁種をしぼり、その特定漁種を使用した練り物等の加工品を漁業者及び漁協が共同で開発・販売することで2年目以上の付加価値向上を目指す。
・抗酸化特殊冷凍機の能力を活用した「無塩干物」商品の新たなマーケットの開拓を目指す。(新規販路:福祉施設2件)
②大敷網漁の改良、省エネ化への推進
・2年後導入に向け網業者や専門家などを招いて年間5回、漁業者による検討会を開催する。
③体験漁業の充実化
・町内の宿泊施設(ホテルリビエラししく、遊遊NASA、オートキャンプ場)と連携し、宿泊者が体験できるシステムを構築する。
・体験プログラムの再構築(漁業体験および魚食の組み合わせ等)を図り、収益性の高い事業展開を図る。
・インストラクターの育成、安全管理の徹底を図るとともに利用しやすい時間帯の検討を図る。
④鮮度維持による付加価値の向上
・漁業者は少量の魚でも鮮度や水揚げの状態等で魚価向上につながることを理解し、
また、漁協は、漁業者が水揚げしてきた魚を新鮮なまま市場に出荷する意識を持ち、取る側売る側の魚への愛情意識を統一し、組合全体で鮮度維持による付加価値向上に取り組むため、専門講師を招き研修会(年1回衛生管理に関する研修会)を実施する。
⑤直売所兼食堂の新設
・2年後の新設に向け、その施設でどのようなコンセプトで売り(買い)、食べるのかを決定するための検討会を実施する。(年5回)
⑥その他
・漁業者は水揚げ量の向上を目的にブリやハマチ等の回遊魚(主に大敷網漁に漁獲される)を定着させるために定期的に餌をまく「飼付漁業」を引き続き実施し、餌をまく回数を月10回から月15回に回数を増やし水揚げ量を増やす。
・漁協は、ヒラメの種苗放流(年1回)や小さな伊勢エビ等の再放流(エビ網期間中)、アオリイカの産卵床の造成(年1回)等、資源回復にかかる取組を継続する。
・3漁協(鞆浦、浅川、宍喰)が共同して鮮魚等販売する直売市「とれとれ市」を年1回年末の価格が上昇する時期に開催する取組を継続する。
・四国大学と連携し、大学授業の一環で取り組んでもらうことで、さらなる商品価値の向上と人口交流(年間延べ30名)の増加を図る。
・浮魚礁設置に向けた検討会を立ち上げる。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①未利用魚・低利用魚の活用・商品化
・平成25年度に産地水産業強化支援事業を活用し新設した冷蔵冷凍庫及び抗酸化特殊冷凍機を備えた加工場を活用し、未利用魚や値崩れした魚の中でも消費者が求める漁種をしぼり、その特定漁種を使用した練り物等の加工品を漁業者及び漁協が共同で開発・販売することで2年目以上の付加価値向上を目指す。
・抗酸化特殊冷凍機の能力を活用した「無塩干物」商品の新たなマーケットの開拓を目指す。(新規販路:福祉施設2件)
②大敷網漁の改良、省エネ化への推進
・2年後導入に向け網業者や専門家などを招いて年間5回、漁業者による検討会を開催する。
③体験漁業の充実化
・町内の宿泊施設(ホテルリビエラししく、遊遊NASA、オートキャンプ場)と連携し、宿泊者が体験できるシステムを構築する。
・体験プログラムの再構築(漁業体験および魚食の組み合わせ等)を図り、収益性の高い事業展開を図る。
・インストラクターの育成、安全管理の徹底を図るとともに利用しやすい時間帯の検討を図る。
④鮮度維持による付加価値の向上
・漁業者は少量の魚でも鮮度や水揚げの状態等で魚価向上につながることを理解し、
また、漁協は、漁業者が水揚げしてきた魚を新鮮なまま市場に出荷する意識を持ち、取る側売る側の魚への愛情意識を統一し、組合全体で鮮度維持による付加価値向上に取り組むため、専門講師を招き研修会(年1回衛生管理に関する研修会)を実施する。
⑤直売所兼食堂の新設
・2年後の新設に向け、その施設でどのようなコンセプトで売り(買い)、食べるのかを決定するための検討会を実施する。(年5回)
⑥その他
・漁業者は水揚げ量の向上を目的にブリやハマチ等の回遊魚(主に大敷網漁に漁獲される)を定着させるために定期的に餌をまく「飼付漁業」を引き続き実施し、餌をまく回数を月10回から月15回に回数を増やし水揚げ量を増やす。
・漁協は、ヒラメの種苗放流(年1回)や小さな伊勢エビ等の再放流(エビ網期間中)、アオリイカの産卵床の造成(年1回)等、資源回復にかかる取組を継続する。
・3漁協(鞆浦、浅川、宍喰)が共同して鮮魚等販売する直売市「とれとれ市」を年1回年末の価格が上昇する時期に開催する取組を継続する。
・四国大学と連携し、大学授業の一環で取り組んでもらうことで、さらなる商品価値の向上と人口交流(年間延べ30名)の増加を図る。
・浮魚礁設置に向けた検討会を立ち上げる。

団体情報


JF・団体名 宍喰漁業協同組合(海陽町・鞆浦地区)
住所 〒775-0501
徳島県海部郡海陽町宍喰浦字正梶1-2
電話番号 0884-76-3101