徳島県|海陽町地域水産業再生委員会(海陽町・穴喰地区)

浅川漁業協同組合(海陽町・穴喰地区)

取組概要 アオリイカやノドグロなどのブランド化を図る研修会の開催など
キーワード 鮮度維持
資源維持
体験漁業
販路 その他
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 マグロ
アワビ
トコブシ
テングサ

浜プランの取組内容

①水産資源の維持
 近年、漁獲量の減少に伴う水揚げ金額の減少傾向が見られるため、重要な漁獲対象種であるトコブシ(年1回、約2万5千個)、カサゴ種苗(年1回、約3千匹)、伊勢エビの規格外の放流(エビ網期間中)やアオリイカの産卵場(年1回、約50基)の造成をすること、伊勢エビ漁の出漁日数の削減について検討を進めることで、漁業資源の維持及び資源回復を図るとともに水揚げ量の増も図る。
②体験漁業の充実化
・現在漁協と漁業者が実施している打ち網漁業体験は作業中はほぼほったらかし状態で体験者への気遣いが少ないため、インストラクターの育成し、サービスの充実化と安全面の向上を図るとともに利用しやすい時間帯等の検討を図る。
・体験プログラムの再構築(漁業体験および魚食の組み合わせ等)を図り、収益性の高い事業展開を図る。
③鮮度維持による付加価値の向上(衛生管理の強化、ブランド化、意識改革)
・鮮度維持による高付加価値化を目指し、漁業者は少量の魚でも鮮度や水揚げの状態等で魚価の向上つながることを理解し、漁協は漁業者が水揚げしてきた魚を新鮮なまま市場に出す意識を持ち、取る側売る側の魚への愛情意識を統一し組合全体で意識改革に取り組むため専門家などを年2回(東京海洋大学教授や徳島大学教授等)招聘する。
・鮮度維持や衛生管理の取組について、仲買人にも同席してもらい漁協全体で取り組んでいる状況や思い等を伝えるとともに仲買人からの要望を聴き、中央市場の状況や消費者が求めていることを積極的に学ぶ場をつくる。
④その他
・一本釣り漁業者は、黒潮海流を周遊するハマチやメジロ等に定期的に餌をやり、その場所に定着させて釣る「魚飼付け事業」を強化し、メジロやハマチ等の循環魚を定着させるため2~3週間を1ヶ月に延長し餌をまくことで水揚げ量の増大を図る。
・年末に3漁協(鞆浦、浅川、宍喰)が共同して鮮魚等を販売する直売市「とれとれ市」の開催を継続する。
・町内の宿泊施設(ホテルリビエラししくい、遊遊NASA、オートキャンプ場)と連携し、宿泊施設で提供される料理に宍喰漁協で水揚げされた魚介類(ハマチやノドグロ等)を使用した地産地消の取組を継続する。
・アオリイカやノドグロなどの高級魚を漁業者が船上で活き締めし、漁協が冷凍保存することで出荷調整を行う(値崩れ等を防止する)取組を継続する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①水産資源の維持
 近年、漁獲量の減少に伴う水揚げ金額の減少傾向が見られるため、重要な漁獲対象種であるトコブシ(年1回、約2万5千個)、カサゴ種苗(年1回、約3千匹)、伊勢エビの規格外の放流(エビ網期間中)やアオリイカの産卵場(年1回、約50基)の造成をすること、伊勢エビ漁の出漁日数の削減について検討を進めることで、漁業資源の維持及び資源回復を図るとともに水揚げ量の増も図る。
②体験漁業の充実化
・現在漁協と漁業者が実施している打ち網漁業体験は作業中はほぼほったらかし状態で体験者への気遣いが少ないため、インストラクターの育成し、サービスの充実化と安全面の向上を図るとともに利用しやすい時間帯等の検討を図る。
・体験プログラムの再構築(漁業体験および魚食の組み合わせ等)を図り、収益性の高い事業展開を図る。
③鮮度維持による付加価値の向上(衛生管理の強化、ブランド化、意識改革)
・鮮度維持による高付加価値化を目指し、漁業者は少量の魚でも鮮度や水揚げの状態等で魚価の向上つながることを理解し、漁協は漁業者が水揚げしてきた魚を新鮮なまま市場に出す意識を持ち、取る側売る側の魚への愛情意識を統一し組合全体で意識改革に取り組むため専門家などを年2回(東京海洋大学教授や徳島大学教授等)招聘する。
・鮮度維持や衛生管理の取組について、仲買人にも同席してもらい漁協全体で取り組んでいる状況や思い等を伝えるとともに仲買人からの要望を聴き、中央市場の状況や消費者が求めていることを積極的に学ぶ場をつくる。
④その他
・一本釣り漁業者は、黒潮海流を周遊するハマチやメジロ等に定期的に餌をやり、その場所に定着させて釣る「魚飼付け事業」を強化し、メジロやハマチ等の循環魚を定着させるため2~3週間を1ヶ月に延長し餌をまくことで水揚げ量の増大を図る。
・年末に3漁協(鞆浦、浅川、宍喰)が共同して鮮魚等を販売する直売市「とれとれ市」の開催を継続する。
・町内の宿泊施設(ホテルリビエラししくい、遊遊NASA、オートキャンプ場)と連携し、宿泊施設で提供される料理に宍喰漁協で水揚げされた魚介類(ハマチやノドグロ等)を使用した地産地消の取組を継続する。
・アオリイカやノドグロなどの高級魚を漁業者が船上で活き締めし、漁協が冷凍保存することで出荷調整を行う(値崩れ等を防止する)取組を継続する。

団体情報


JF・団体名 浅川漁業協同組合(海陽町・穴喰地区)
住所 〒775-0101
徳島県海部郡海陽町浅川字入口1-8
電話番号 0884-73-1305